印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

第82回 間もなく対外試合解禁!確認しておきたい試合前の必要な栄養素2015年03月01日

 まもなく3月8日、対外試合の解禁ですね。準備はもうできていますか?
冬トレで体は鍛えられましたか?しっかりした体は出来上がりましたか??食事もきっと努力したことと思います。
これからは、試合に向けての食事、大会に向けての食事をしていきましょう。試合前の食事を再確認してみましょう。

試合に向けて必要な栄養素を確認しよう

▲肉は低脂肪な部位がGood!

 試合に向けての食事については、当コラムでも何度も触れてきました。覚えていますか?
ポイントをおさらいしましょう。

1.エネルギーを蓄える食事に切り替える
試合中にエネルギー切れが起きてしまっては、もちろん体は動かなくなってしまいます。
エネルギー源である炭水化物を多く含むご飯(米)は普段からたくさん食べるように心がけていると思いますが、ご飯(米)はもちろんその他の炭水化物源(芋や果物、麺類など)も積極的に摂取しましょう。

2.消化のいいものを心がける
試合前の食事の消化がよくないことによって、試合中にお腹が痛くなったらいけませんよね。ですから、試合前は脂の多い食材や油をたくさんつかった調理法は避けましょう。ドレッシングやマヨネーズを使いすぎるのもNG。肉であれば低脂肪な部位を使うのもいいでしょう。食物繊維が多い食品も消化に時間がかかりますから、試合前は減らすようにしましょうね。

 よく噛むことで消化は促進されます。ただし「よく噛む=食事に時間をかける」ではありません。時間をかけると満腹中枢が働きますから(食事をはじめて20分程度で働き始めます)食事に時間をかけ過ぎず、よく噛んで食事をするよう注意しましょう。

その他に気をつけること

 食事において最も気をつけたいのが衛生面です。選手自身が食事前にしっかり手洗いをすることはもちろんですが、提供する方は調理器具の洗浄や加熱時間などにも気を配りましょう。試合前のピリピリしている時は特に気をつける必要があります。また、栄養補給と同様に水分補給も忘れないようにしましょうね。

 試合前のBESTな食事は、個人個人で違ってきます。練習試合の時に色々試して、自身のBESTを探してください。大会まであと1カ月弱、もちろんまだ間に合いますよ。BESTを実践して、大会をベストコンディションで迎えられることを祈っています。

 当コラムで書いてほしい内容、聞いてみたい栄養の話を募集中です。ぜひ編集部にメッセージをお寄せください。

■ 4月の栄養学一口コラムもお楽しみに!

このページのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第5回 意外に知られていない!強くなるための「朝食の摂り方」術を学べ!【球児のための栄養学】
第3回 適切な水分補給と試合後の栄養補給!管理栄養士が語る高校野球のあるある!【球児のための栄養学】
第2回 管理栄養士が語る高校野球のあるあるネタ!意外と知られていない!試合前日と試合中の栄養補給【球児のための栄養学】
第80回 出動!球児に聞き隊!【夏バテ防止で気を付けていること】【野球総合研究所】
第79回 出動!球児に聞き隊!【体作りのために頑張って食べるものは?】【野球総合研究所】

コメントを投稿する

プロフィール

鎌倉彩
鎌倉 彩さん
A Style(エースタイル)代表
  • 1985年長崎県出身。
  • ■ 福岡県立城南高等学校、中村学園大学短期大学部食物栄養科を経て、2005年4月和光堂株式会社に入社。外務栄養士・営業職を経験し2010年12月退職、独立。 短期大学部時代より高校野球部やボーイズリーグの選手・保護者・指導者を対象とした栄養講座を開講。2007年より食育セミナーも始める。
  • ■ 2008年より『高校野球ドットコム』にて『栄養学一口コラム』を月一回配信。球児の為の栄養について丁寧に解説。高校野球ドットコムでは最も長い長期連載コラムを執筆。
  • ■ 栄養士・フードスペシャリスト・食育指導士
  • ■ 日本スポーツ栄養研究会会員
  • ■ Twitter
    http://www.twitter.com/astyleaya
  • ■ 講演依頼はこちら
    講演・セミナー依頼受付中

栄養学一口コラム
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム