野球部訪問

2017.06.28
県立杵築高等学校(大分)「小さな城下町の誇れる野球部。再び聖地への大海へ」
2012年夏の甲子園大分大会、波乱が相次いだ大会を制した杵築。その後も昨秋の九州大会に進出するなど、安定した成績を残している。その理由はいったいどこにあるのか?現地での空気を体感してみた。
2015.02.12
明豊高等学校(大分)【後編】
後編では、明豊の二遊間の選手に秘めた思いをうかがい、夏、秋ともにあと一歩で甲子園を逃した悔しさをバネに練習に取り組む選手たちを追った。
  • 明豊高等学校(大分)【前編】
    2015.02.11
    第167回 明豊高等学校(大分)【前編】
    2014年夏と秋、甲子園をあと1歩で逃した大分県・明豊高校はこの冬も守備にこだわった練習メニューを組んでいる。前編では、明豊が伝統的に守備が上手い選手を輩出している理由を探った。
    詳細はこちら
  • 県立大分西高等学校(大分)
    2011.09.15
    第43回 県立大分西高等学校(大分)
    どんなに多くの部員がいても、試合に出られるのはたった9人だ。試合をする以上、目的は勝つこと。最低限、負けない準備の整っている選手がレギュラーに選ばれることになる。では、レギュラーには何が求められるのか。
    詳細はこちら