野球部訪問

2018.04.16
日本文理【後編】悩み、学び、考える新潟の長い冬
前回、「日本文理野球」の考え方について、監督の話を中心にまとめてきたが、今回は昨秋の北信越大会、そしてそのあとに待っている“新潟の長い冬”をどう過ごしたのか。そしてその先の目標について話を聞いた。
2018.04.11
日本文理【前編】大井イズムの継承、日本文理新チーム始動
日本文理・大井道夫監督が勇退。一つの歴史の幕切れは、同時に新たな歴史の始まりも意味する。日本文理は鈴木崇新監督のもと、新チームが本格始動。鈴木監督の口から語られた“日本文理野球”とは?
  • 上越高等学校(新潟)
    2015.07.12
    第263回 上越高等学校(新潟)
    昨秋も敗れたものの絶対王者日本文理を後一歩まで追い詰め、今春にはその日本文理にリベンジを見事に果たし、創部以来の最高成績のベスト4という好成績を収めた上越に訪問。
    詳細はこちら
  • 加茂暁星高等学校(新潟)
    2015.07.11
    第259回 加茂暁星高等学校(新潟)
    昨年秋、今春と2大会連続ベスト8という好成績を収めた加茂暁星。ここ10年、目立った成績を残せなかった同校がなぜ躍進しているのか?その秘密を、同校関係者のインタビューから解き明かしていこう。
    詳細はこちら
  • 日本文理高等学校(新潟)【後編】
    2015.03.29
    第186回 日本文理高等学校(新潟)【後編】
    2009年夏の準優勝、2014年ベスト4と、甲子園で安定した強さを誇り、全国屈指の強豪として注目を集めている日本文理高校の強さの理由や甲子園での勝ち上がり方など、前編に引き続きエピソードを聞いた。
    詳細はこちら
  • 日本文理高等学校(新潟)【前編】
    2015.03.28
    第185回 日本文理高等学校(新潟)【前編】
    2009年夏の準優勝、2014年ベスト4と、甲子園で安定した強さを誇り、全国屈指の強豪として注目を集めている日本文理高校の強さの理由、そして甲子園での勝ち上がり方など、さまざまなエピソードを聞いた。
    詳細はこちら
  • 日本文理高等学校(新潟)
    2014.03.22
    第127回 日本文理高等学校(新潟)
    野球後進県と言われてきた新潟県。全国屈指の強豪校に仲間入りした彼らは、どんなモチベーションで一体どんな練習を行っているのか。その練習をのぞいた。
    詳細はこちら
  • 北越高等学校(新潟)
    2012.11.18
    第84回 北越高等学校(新潟)
    新潟県の高校野球勢力図は、私立3校がその中心を担っていた。だが近年、この勢力図に風穴を開ける新鋭校が現れた。それが、北越である。実績の裏には、試行錯誤を繰り返しながら作り上げた「イメージトレーニング」があった。
    詳細はこちら