野球部訪問

2016.04.29
愛知工業大学名電高等学校(愛知)
球界に数々の好選手を送り出し続けている愛工大名電。全国きっての強豪に成長した原動力には効果的な「小技」の活用がある。今回は名将・倉野 光生監督と3年生の「達人」から話を伺った。
2016.03.10
東邦高等学校(愛知)
2005年以来、11年ぶりの選抜甲子園出場を決めた東邦。春将軍とも呼ばれているように選抜では素晴らしい実績を残している。5度目の春の全国制覇を目指し、どんなチーム作りをしているのかに迫った。
  • 県立豊橋工業高等学校(愛知)
    2015.03.18
    第180回 県立豊橋工業高等学校(愛知)
    今年の選抜に21世紀枠代表として初出場を果たした豊橋工。グラウンド条件も、他部との併用を余儀なくされており、必ずしも恵まれている環境ではない。そんな豊橋工は初甲子園の舞台へ向けての意気込みも盛んだ。
    詳細はこちら
  • 東邦高等学校(愛知)
    2014.09.30
    第152回 東邦高等学校(愛知)
    スピードと打撃力を備えた選手が毎年いるのが特徴の東邦。どんな取り組みで、選手を育ててあげているのか。今回は、走塁面、打撃面の2つにしぼり、東邦の取り組みに迫った。
    詳細はこちら
  • 岩津高等学校(愛知県)
    2014.05.29
    第140回 岩津高等学校(愛知県)
    センバツでベスト4に進出した豊川を下すなどの殊勲で、準決勝進出を果たした岩津。指導困難校という位置づけでもあった岩津が、強豪ひしめく愛知県大会で4強入りという結果を出した。その秘密を探る。
    詳細はこちら
  • 豊川高等学校(愛知)
    2014.04.29
    第137回 豊川高等学校(愛知)
    悲願の初出場でいきなりベスト4進出、大会を通じて流れを掴んだ豊川。バッテリーを中心とした確実な野球を推進していく一方で、選手個々が伸び伸びとプレーしている印象が強かった。そんな豊川の魅力を探ってみた。
    詳細はこちら
  • 県立西尾東高等学校(愛知)
    2013.03.19
    第96回 県立西尾東高等学校(愛知)
    昨年の夏の愛知大会で、ベスト4まで勝ち進んだのが西尾東だ。全国で2番目に多い189校が出場し、幾多の強豪私立高校がひしめく中での快進撃だった。突出した選手もいないとされる一見ごく普通の公立校が、着実に力をつけていたのはなぜか。
    詳細はこちら
  • 愛知工業大学名電高校(愛知)
    2012.05.18
    第68回 愛知工業大学名電高校(愛知)
    これほど、甲子園に来るたび、戦い方を変えてくるチームはそう多くないのではないか。甲子園春夏合わせて18回の出場を誇る愛工大名電は、戦いの中でチーム力を上げ、成長を遂げてきたチームだ。個々の課題と向き合い、克服しようと工夫し続ける愛工大名電ナインに話しを伺いました。
    詳細はこちら
  • 県立豊田西高等学校(愛知)
    2011.03.29
    第30回 県立豊田西高等学校(愛知)
    進学校でもある豊田西は練習時間も限られている中、工夫を凝らした練習の積み重ねで過去6度、夏の愛知大会決勝に進出するも、あと一歩で敗れてきた。今年もまたチームを変化させて熱い夏に挑む。
    詳細はこちら