第99回 高崎健康福祉大学高崎高等学校(群馬)2013年04月12日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]12年の礎/きっかけとなったある“敗戦”
[2]機動力強化への取り組み/甲子園を席巻した機動力野球
[3]群馬野球の新化版/アウトカウントごとに決められた「目標」
[4]走塁の肝は「心理」である/入学後1カ月でのすりこみ/ピッチャー対ランナー


12年の礎

▲グラウンドに飾られた「機動破壊」のフラッグ

「機動破壊」
 群馬県高崎市にある高崎健康福祉大学高崎高等学校。その校舎を奥へ奥へと歩いていくと、「健大STADIUM」と書かれた野球部練習グラウンドが現れる。そのグラウンドに堂々と貼り出された漢字4文字のフラッグ。今や同校の野球を象徴するフレーズとして、全国に知られている。
 健大高崎野球部の歴史は12年とまだ浅い。しかし、この短期間に起こった紆余曲折を経て、機動力をウリにしたチームカラーに行きついたと、青栁博文硬式野球部監督は振り返った。

「(グラウンドがなかった)最初の6年間はジプシーのように(転々と移動しながら)練習していました。それから専用グラウンドができて、年々ひとつずつ環境が整ってきたんです」

 1年、1年と環境が整い、選手が入部し、スタッフがそろい、指導歴が重なるにつれチームも強くなっていった。2006年秋に関東大会初出場、2008、2010年と夏の甲子園県予選ベスト4、そして創部10年目の2011年夏に甲子園初出場。2012年春にも甲子園に出場し、ベスト4まで勝ち上がった。その際の機動力を生かした野球が全国にインパクトを与え、健大高崎野球=「機動破壊」のイメージは固まった。

きっかけとなったある“敗戦”

▲健大高崎 青栁博文監督

「自分は打つ方を主眼とした選手だったので走塁とは無縁の選手でした。そして健大高崎の野球も、それまではバントで送って一本打つという、手堅い“群馬の野球”をやっていました」

 青栁監督は「機動破壊」前のチームカラーをそう語る。では、いつからチームカラーに変化が生まれたのか。それは、ひとつの手痛い敗戦にあった。

「2010年夏の甲子園県予選準決勝で、前橋工に0対1で敗れたんです。当時は140キロを投げるピッチャーが3人ぐらいいて通算50HR打っていた主砲もいた。甲子園に行ける手ごたえがありました。しかも負けたのは(キャッチャーの)オブストラクションという判定で入った1点でした。それがショックで、最初は自分も周りも敗因を審判のせいにしていた時期もありました。でも、そもそも自分たちが0点で終わったということに、監督としての責任を感じるようになったんです。このままいっても甲子園で1番になるのは無理だ、そう考えた時に、もっとも早く強化できるのは走塁だと思ったんです」

このページのトップへ

【次のページ】 機動力強化への取り組み

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第602回 【関東大会展望】東海大相模、健大高崎、花咲徳栄など精鋭15チームが集結!初戦の見どころ、注目選手を徹底ガイド!【大会展望・総括コラム】
第443回 高崎健康福祉大学高崎高等学校(群馬)「機動破壊の到達点はまだ見えない」【Vol.4】【野球部訪問】
第436回 高崎健康福祉大学高崎高等学校(群馬)「選手、スタッフのコンビネーションで生まれたホームスチール」【Vol.3】【野球部訪問】
第433回 高崎健康福祉大学高崎高等学校(群馬)「機動破壊は打つチームほど完成に近づく」【Vol.2】【野球部訪問】
東海大相模vs健大高崎【2017年春の大会 第69回春季関東大会】
第7回 健大高崎(群馬)葛原美峰コーチ流ゲームプラン立案メソッド 「隙間の無いチームは確率と密度で勝負する」【Vol.3】【名将たちの言葉】
健大高崎vs山梨学院【2017年春の大会 第69回春季関東大会】
第539回 小野大夏(健大高崎)「先発でも力で押せる投手になりたい」 【2017年インタビュー】
健大高崎vs石岡一【2017年春の大会 第69回春季関東大会】
秀岳館vs健大高崎【第89回選抜高等学校野球大会】
健大高崎vs福井工大福井【第89回選抜高等学校野球大会】
第208回 【侍ジャパン18U代表】高崎健康福祉大学高崎高等学校 脇本 直人選手 【2014年インタビュー】
第15回 甲子園総括コラム~意図がある前進守備~ 【2014年選手権大会】
第12回 第96回全国高校野球選手権大会 1~3回戦を振り返る 【2014年選手権大会】
第9回 第96回全国高校野球選手権大会 1・2回戦展望 【2014年選手権大会】
健大高崎 【高校別データ】
コメント (2)
機動破壊2013.07.21 (き・ω・の)
新しい時代をつくる野球スタイルだと思います!
やはり強豪、古豪に勝つためには「打って守る」だけでは無理なんだと感じました!
健大高崎さんにはがんばってこの新時代の野球を広めていただきたいと思います。
健康福祉大高崎2013.04.16 當山
今年入学する子供たちの中に、
沖縄の子供たちが入ったと聞きました。

一人は柴引君。
今春の選抜に出場した沖縄尚学の柴引佑真選手の弟です。


機動破壊の野球、凄くためになりますよね。
沖縄県も足の速い子供たちが多いので、
健康福祉大高崎の野球を取り入れる指導者が、
この後増えてくるかも知れませんね。

コメントを投稿する

プロフィール

伊藤亮
伊藤 亮
  • 生年月日:1977年
  • ■ 東京都出身。都立三鷹高校野球部
  • ■ 2004年よりフリー編集兼ライターに。
    『ジーコ備忘録』『ピンポンさん』『セルジオ越後のフットサル入門』『直伝 澤穂希』『俊輔の言葉』など幅広くスポーツ関連書籍の取材・編集を行う傍ら、『新興衰退国ニッポン』(講談社)など、時事問題やカルチャーに関する書籍編集にも数多く携わっている。
野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム