野球部訪問 第61回 県立鳴門渦潮高校(徳島))

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

第61回 県立鳴門渦潮高校(徳島)2012年04月10日

【目次】
[1]「1+1」は「2」ではない・・・「統合形態」ゆえの悩み
[2]「第一」スタイルと「工業」スタイルの長所取り入れ、「鳴門渦潮」スタイルへ
[3]選手たちの顔は「前向きに明るく」
[4]エピローグ~始まった「1+1=無限大」への挑戦

「1+1」は「2」ではない・・・「統合形態」ゆえの悩み

鳴門渦潮

"鳴門渦潮・髙橋広監督(前鳴門工業)"

 「よく世間では『鳴門工鳴門第一が統合すれば強くなる』と言われるんですけど・・・なかなかそうもいかないんですよ」。
声の主は西条(愛媛)から早大野球部新人監督を経て、1977年(昭和52年)に鳴門市立鳴門工業高校に赴任以来、これまで35年間にわたり鳴門工一筋に歩んできた髙橋広監督である。

 1980年(昭和55年)度に監督就任以来、これまで甲子園出場は春夏4度ずつ。1999年(平成11年)に渡辺亮(現:阪神)をエースに、同校を1973年の春夏連続出場(春ベスト4)以来となるセンバツ出場に導くと、平成14年(2002年)には春準優勝・夏ベスト8の偉業も達成。

 これまでにプロへは渡辺亮の他、里崎智也(千葉ロッテ)、谷哲也(中日)、中田 祥多(埼玉西武)を送り出し、豊富な練習量と強気の采配で知られる名将らしくない、やや後ろ向きな発言である。

 鳴門渦潮でも初代監督を務める髙橋監督はその理由についてさらに言葉を紡ぐ。
鳴門第一は名前は変わりますが、(撫養キャンパス・総合学科として)学校の内容はさほど変わらない。でも、鳴門工は名前が変わる上に、(大津キャンパス・スポーツ科学科として)学校の内容も変わる。工業科も今の2年生でなくなりますし、スポーツ科学科は1クラスだけなので大津キャンパスの生徒数も激減する。ですから僕自身は学校が変わる意識はすごく持っているんですよ」

 そう、鳴門渦潮はあくまで「徳島県立」。鳴門渦潮の練習は両翼100mの広さを誇る旧・鳴門工グラウンドで行われることもあって、野球部的には鳴門第一鳴門工に吸収される認識を抱く方が多いかもしれない。が、実際の運営上は鳴門工鳴門第一に吸収される形なのだ。

 よって、もちろん旧チーム主将の山下 遼(現:JR四国)のような鹿児島県・奄美大島(朝日中)出身者や、50メートル走5秒9の俊足を誇る鳴門渦潮初代主将・中山 拓哉(左翼手3年・神戸ドラゴンズ出身)のように、これまで「市立」だからこそ受け入れられた県外出身者も、今後は難しい状態に。さらに、大津キャンパスの耐震工事が終了する平成26年度までの2年間は、この2キャンパス状態が続くことになる。事実、取材日の練習でも旧・鳴門第一の選手たちは鳴門工の選手たちの筋力トレーニングが終わろうとしている時に、次々と自転車で駆けつけるような状況であった。

 もちろん選手たちに全く責はない。また、練習メニューも旧・鳴門工の選手たちの軽食時間に、旧・鳴門第一の選手たちが筋力トレーニングをこなすことで同じ練習量をカバーできてはいる。が、このような「加えて、スポーツ科学科の新入生は週2回・午後から専攻実技として野球の練習ができるので、新年度からの練習は3段階になる」(髙橋監督・談)時間差練習スタイルは苦しく、かつ長時間の練習を通じ、同じ時間を過ごすことで生まれる「一体感」をチーム力の楚とし、「授業態度とか生活も見て選手を指導する」という鳴門工のスタイルとは明らかに異なるものである。

 両キャンパスの距離は1.5km自転車でわずか10分であるが、この「1.5km・10分」の距離や、「市立」と「県立」の統合形態、開始時間が3段階となる時間差練習は「1+1=2」の計算式がすんなり受け入れられるほど、簡単な話ではない。わかりやすく例えるならば、かつて大阪近鉄バファローズとオリックスブレーブスが球界再編で2005年に「オリックス・バファローズ」が誕生した際と同じ戸惑いが、この「徳島県立鳴門渦潮高校野球部」には起こっているのである。

【次のページ】 「第一」スタイルと「工業」スタイルの長所取り入れ、「鳴門渦潮」スタイルへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
日本文理vs鳴門渦潮【第99回全国高等学校野球選手権大会】
第563回 仙台育英、北海、日本文理と北の強豪が数多く登場!5日目4試合の見所を徹底解説!【大会展望・総括コラム】
第34回 鳴門渦潮高等学校(徳島)【9年ぶり7回出場】【第99回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
鳴門渦潮vs板野【徳島県 2017年夏の大会 第99回選手権徳島大会】
第513回 高校野球ドットコム座談会 「2017年夏の展望を語り尽くす!!」徳島編【大会展望・総括コラム】
第476回 5月3日は横浜vs東海大相模など好試合が満載!【大会展望・総括コラム】
第527回 東北楽天ゴールデンイーグルス 藤田一也選手「高校野球を見て守備について勉強している」【後編】 【2017年インタビュー】
第526回 東北楽天ゴールデンイーグルス 藤田一也選手「天然芝だからこそ自分の守備技術を見直すことができた」【前編】 【2017年インタビュー】
徳島商vs鳴門渦潮【徳島県 2017年春の大会 第70回徳島県高等学校野球春季大会】
鳴門渦潮vs富岡西【徳島県 2017年春の大会 第70回徳島県高等学校野球春季大会】
生光学園vs鳴門渦潮【徳島県 2016年秋の大会 徳島県大会】
第36回 努力を讃えたい四国地区7人衆は?寺下友徳氏が選抜!チーム特別賞には聖カタリナも!【夏の大会特集2016】
第370回 東北楽天ゴールデンイーグルス 藤田 一也選手「名手を支えるグラブのこだわり」 【2016年インタビュー】
第257回 東北楽天ゴールデンイーグルス 藤田 一也選手「常識を疑いながら鉄壁の守備を築き上げた独自の守備論」 【2015年インタビュー】
鳴門工 【高校別データ】
鳴門第一 【高校別データ】
鳴門渦潮 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

寺下友徳
寺下 友徳
  • 生年月日:1971年12月17日
  • 出身地:福井県生まれの東京都東村山市育ち
  • ■ 経歴
    國學院大學久我山高→亜細亜大。
    幼稚園、小学校では身長順で並ぶと常に一番後ろ。ただし、自他共に認める運動音痴から小学校入学時、早々に競技生活を断念。その後は大好きなスポーツに側面から関わることを志し、大学では応援指導部で4年間研鑽を積む。亜細亜大卒業後はファーストフード販売業に始まり、ビルメンテナンス営業からフリーターへと波乱万丈の人生を送っていたが、04年10月にサッカーを通じて知り合った編集者からのアドバイスをきっかけに晴れてフリーライター業に転進。07年2月からは埼玉県所沢市から愛媛県松山市へと居を移し、現在は四国地域を中心としたスポーツを追いかける日々を過ごす。
  • ■ 小学校2年時に福岡からやってきた西武ライオンズが野球と出会うきっかけ。小・中学校時代では暇さえあれば足を運んでいた西武球場で、高校では夏の西東京予選の応援で、そして大学では部活のフィールドだった神宮球場で様々な野球を体感。その経験が取材や原稿作成の際に「原体験」となって活きていることを今になってつくづく感じている。
  • ■ 執筆実績
    web上では『ベースボールドットコム』(高校野球ドットコム、社会人野球ドットコム、独立リーグドットコム)、書籍では『ホームラン』、『野球太郎』(いずれも廣済堂出版)、『週刊ベースボール』(ベースボール・マガジン社)など。『甲子園だけが高校野球ではない2』(監修・岩崎夏海、廣済堂出版)でも6話分の取材・文を担当した。

    さらに野球以外でもサッカーでは、デイリースポーツ四国3県(香川・高知・愛媛)版・毎週木曜不定期連載中の『スポーツライター寺下友徳・愛媛一丸奮闘記』をはじめ、「週刊サッカーダイジェスト」(日本スポーツ企画社)、『サッカー批評』、web『スポーツナビ』など多数媒体での執筆実績あり。また、愛媛県を熱くするスポーツ雑誌『EPS(ehime photo sports)』でも取材協力を行っている。
  • ■ ブログ:『寺下友徳の「四国の国からこんにちは」』■twitterアカウント@t_terashita
    ■facebook: http://www.facebook.com/tomonori.terashita
野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム