野球部訪問 第60回 県立須賀川高等学校(福島)

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

第60回 県立須賀川高等学校(福島)2012年03月11日

【目次】
[1]須賀川を変えた木村監督就任
[2]変化のきっかけ
[3]2011年夏 そして 来たる2012年シーズンに向けて


特集 シーズンインまで突っ走れ

須賀川を変えた木村監督就任

大垣南

"生き生きと練習する須賀川ナイン"

 東日本大震災から4ヶ月後、〝特別な夏〟となった昨夏の福島県大会でファイナルステージに駒を進めたのは、常勝・聖光学院。そして、もう一校は、県立の須賀川高校だった。

須賀川は1970年(昭和45年)に南東北大会の決勝に進んだことがある。その当時は、宮城と福島の2県で甲子園への切符が一枚。須賀川は、県大会を勝ち抜き磐城とともに南東北大会へ進むと、いずれも宮城県代表チームを破り福島同士の決勝戦。磐城に敗れ甲子園には行けなかった。それ以来、須賀川高校はなかなか勝ち上がれなくなった。

そんな須賀川高校へ2006年に赴任したのが数学教諭の木村保だった。南東北大会の決勝の相手・磐城の出身であり、しかも、その1970年に生まれた人物。
大学卒業後、2年目に採用試験に合格。最初はいわき光洋定時制に赴任し、定時制の甲子園を目指した。次に安達東を経て、地元・いわき市の内郷(現・いわき総合)に赴任。

そこで、昭和45年当時、須賀川高校を率いていた助川隆一郎監督(故人)と6年に渡って、〝監督・助川、部長・木村〟のコンビを組んだ。そして県内屈指の名指導者である助川監督から「高校野球の神髄」を学んだ。

そんな助川監督から「須賀川は間もなく100周年を迎える。でも、野球も生徒指導もうまくいかない。何とか力をかしてやってくれ」という言葉を送られ、「私にできることであれば一生懸命やります」とやってきた木村は、須賀川にきた当初のことをこう振り返る。

「なんていうんでしょうかね、目が餓えているというか、泳いでいるというか…。私の出身のいわき市など浜の子たちは結構さばさばしているんですが、中通りの子たちはまた違う気質でしてね。いいものを持ってはいるんでしょうけれども、それをうまく出せないというか、すれているというか…。この純粋な思いを磨いて輝かせるにはどうしたらいいのかと、いきなり壁にぶち当たりました」

試合をやっても、相手チームのシートノックをみて「すげー」とか「お~!」と驚くだけ。そこに勝とうという意識どころか、追いつこうという意識も見えない。当然、就任1年目の秋は、あっという間に負けた。それも、コールド負けだった。

【次のページ】 須賀川を変えた木村監督就任02

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第339回 【福島 抽選後 展望】10連覇を狙う聖光学院に対抗できるチームが続出!歴史的な1年になるか?【大会展望・総括コラム】
第21回 聖光学院の一人勝ち状態が、いつまで継続されるのか(福島県)【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第155回 【第97回福島大会展望】V9を目指す聖光学院の牙城を崩すことができるか?【大会展望・総括コラム】
須賀川桐陽vs白河旭【福島県 2012年夏の大会 第94回選手権福島大会】
原町vs須賀川【福島県 2010年秋の大会 福島県大会】
須賀川桐陽vs福島明成【福島県 2010年夏の大会 第92回福島大会】
須賀川vs福島高専【福島県 2010年夏の大会 第92回福島大会】
須賀川 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

瀬川 ふみ子
瀬川 ふみ子
  • ■ 中学硬式野球を中心に、高校野球、大学野球、社会人野球などアマチュア野球を観戦、取材、執筆しているライター。中学野球小僧、高校野球小僧、野球小僧、ホームラン、ベースボールクリニック、高校野球ドットコムなどに寄稿。東京中日スポーツでは〝みんなのスポーツ〟リトルシニアコーナー担当。
  • ■ 全国どこにでもひょいっと出かけてひょいっと帰ってくるフットワークが売り。年間130試合は観戦している。野球は見るのも好きだが自分がプレーするのはもっと好き。野球小僧(息子)と一緒になってノックを受けたりバッティングをして楽しむアラフォーママ。
  • ■ 公式ブログ 「ママ記者ブログ
野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム