履正社高等学校

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

第46回 履正社高等学校(大阪)2011年10月24日

【選抜2011ベスト4を記念したモニュメント】

 昨季のパ・リーグ本塁打王・T-岡田(オリックス)が高校時代に語った言葉が、今でも忘れられない。「ナニワのゴジラ」と騒がれた履正社高時代、ホームランを打つ秘訣を問うと、彼はこう答えたのだ。

「左手の押し込みを覚えてから打球が飛ぶようになりました。それまでは、意識してなかったんですけど、後ろの手の使い方を教わってから変わりました」

 バッティングを高めるために、「後ろ手」にこだわっているチームがある。当時の彼の言葉は、疎かになりながら、実はバッティングにとって重要な要素の一つを伝えるものだった。

 彼らのバッティングには何かあるのかもしれない――。

 この5年間で4度甲子園に出場し、府大会レベルでも10度のベスト4進出(大阪桐蔭と並んで1位)がある、履正社の打のルーツを探ってみたくなった。

【目次】
1.監督・岡田龍生の思い
2.トップの位置と方向性がポイント
3.後ろ手の使い方を伝授!

【次のページ】 履正社高等学校(大阪)(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第711回 北大阪展望 大阪桐蔭、履正社のブロックには実力校が集結!【大会展望・総括コラム】
第713回 羽田野 温生(汎愛)打倒・大阪桐蔭に燃える公立の本格派右腕 【2018年インタビュー】
関大北陽vs近大泉州【大阪府 2018年春の大会 春季近畿地区高校野球大会大阪府予選】
第73回 圧倒的実力地区は浪商、PL学園時代から、大阪桐蔭と履正社の時代へ移行【大阪・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
興國vs履正社【大阪府 2018年春の大会 春季近畿地区高校野球大会大阪府予選】
第5回 北大阪は激戦必至!昨春センバツの2強が激突!南は混戦模様!【2代表制大会展望】【100回記念大会特集】
第135回 2017年のドラフトの指名選手の出身校で最も多いのはあの3チーム!【ドラフト特集】
第605回 安田尚憲(履正社)のホームラン論「正解論はない。ただ強く振ることは大前提」【後編】 【2017年インタビュー】
智辯和歌山vs履正社【2017年秋の大会 平成29年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
第600回 安田尚憲(履正社)のホームラン論「振ってから回す」【前編】 【2017年インタビュー】
第126回 【小関順二のドラフト指名予想】横浜DeNAベイスターズ編 「チーム内で化学反応を起こすような指名を」【ドラフト特集】
大阪桐蔭vs履正社【大阪府 2017年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
第585回 宮本 丈(履正社ー奈良学園大)「周りに左右されず、自分のやるべきことを積み重ねるだけ」 【2017年インタビュー】
履正社vs大阪商大堺【大阪府 2017年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
第574回 安田 尚憲(履正社)「打撃の求道者、あくなき追求が劇的勝利を呼び込む」 【2017年インタビュー】
履正社 【高校別データ】

コメントを投稿する


心で書く!氏原英明メールマガジン

プロフィール

氏原英明
氏原 英明
  • 生年月日:1977年
  • 出身地:ブラジルサンパウロで生まれる
  • ■ 高校時代から記者志望で、新聞記者になるのが将来の夢だった。
  • ■ アトランタ五輪後に、スポーツライターに方向転換。
  • ■ 大学を卒業後、地元新聞社に所属。
  • ■ その後スポーツ記者として、インターハイなど全国大会の取材も経験させてもらい、数々の署名記事を書く。
  • ■ 03年に退社。フリー活動を開始。

    『週刊ベースボール』、『ベースボールクリニック』(ベースボールマガジン社)、『アマチュア野球』(日刊スポーツ出版社)『ホームラン』(廣済堂出版)、『Number』(文藝春秋)、『Sportiva』(集英社)、『高校野球ドットコム』『ベースボールファン』などに寄稿。フリーライターとしての地位を固める。

  • 「人間力×高校野球」(2009/04~2011/01まで連載)
  • ■ 講演依頼
    講演・セミナー依頼受付中

コラム人間力×高校野球
野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム