大森学園高等学校

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

第35回 大阪桐蔭高等学校(大阪)2011年05月27日

【目次】
1.様子の違うシートノック
2.夏に勝つための重要な期間
3.一球同心
4.自分が甲子園に行きたいって思っている選手はいない

様子の違うシートノック

【ランナーをつけて行うシートノック】

 シートノックだというのに、守備陣の危機感といったらいつも通りではない。

 様子の違うシートノック――。

 その理由ははじめから走者が付いているからだ。ゲーム形式のノックなら何度も見たことはあるが、アップ・キャッチボールを終えて始まった最初の練習が実戦さながらなのだから、目指しているものが高いというものである。

大阪桐蔭高。言わずと知れた全国屈指の強豪校である。西岡剛、中村剛也、中田 翔ら、幾多の逸材を輩出。プロだけではなく、アマチュアを見渡しても、全国の大学の主力選手に、同校出身の選手は多い。

 今春季大阪府大会を3年ぶりに制覇し、08年の全国制覇以来の夏出場を、虎視眈々と狙っているチームである。

 本番まであと1カ月あまり。奈良県と大阪府の県境の山間にある大阪桐蔭グラウンドを訪れると、そこには、この夏に向けて、一層の激しさを増す熱気に充ちていたのである。

「シートノックでランナーをつけるのは1年生が入ってきてからじゃないとできない練習なんですけど、シートノックでもランナーをつけることで、守っている方も落ち着いていられないので、守備の精度が一気に上がるんです。それに、1年生をランナーにすることで、走塁センスを見ることもできます。両方にとって良い練習になるんです」。

 西谷浩一監督である。

 高いレベルでの環境を求め入部してきた選手たちを、高校野球の世界だけで終わらぬよう、選手の意識、技術のレベルを鍛え上げている。

 もっとも、これから夏までの時期というのは、大阪桐蔭にとっても、非常に重要な時期に突入する、と西谷監督は力説する。

「来週から6月の3週目までが強化練習に入ります。生徒らにとっては『追い込み練習』と捉えるものです。技術練習も大事ですが、トレーニングをたくさん入れていきますので、最後の下仕込みの時間ということになります。ここを乗り越えて夏に挑む。実戦もありますので、メンバー選考もある。選手たちにとって苦しい時期。近畿大会を一生懸命に戦いながら、仕上げていきたいと思っています」。

このページのトップへ

【次のページ】 大阪桐蔭高等学校(大阪)(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
大阪桐蔭vs四條畷【大阪府 2018年夏の大会 第100回選手権北大阪大会】
第12回 大阪桐蔭、春夏連覇へ始動。夏を戦う20人の戦士たち【100回記念大会特集】
第503回 智辯和歌山 打倒・大阪桐蔭を合言葉にした1年間 直接対決を制し夏の頂点へ【野球部訪問】
第729回 紀州のスラッガー・林 晃汰(智辯和歌山)「夏こそ大阪桐蔭を打ち崩す」 【2018年インタビュー】
第733回 【三重展望】後編 強打の津田学園、全国トップクラスの投手陣を誇る菰野が頂点を狙う【大会展望・総括コラム】
第731回 【三重展望】前編 春の王者・いなべ総合は今年も盤石か。三重は初戦から強敵と激突!!【大会展望・総括コラム】
第711回 北大阪展望 大阪桐蔭、履正社のブロックには実力校が集結!【大会展望・総括コラム】
第714回 岐阜の二刀流・中神拓都(市立岐阜商)「同じ岐阜県出身のライバルに負けたくない!」【後編】 【2018年インタビュー】
第713回 羽田野 温生(汎愛)打倒・大阪桐蔭に燃える公立の本格派右腕 【2018年インタビュー】
英明vs大阪桐蔭【2018年 練習試合(交流試合)・春】
大阪桐蔭vs高松商【2018年 練習試合(交流試合)・春】
大阪桐蔭vs藤井学園寒川【2018年 練習試合(交流試合)・春】
大阪桐蔭vs大手前高松【2018年 練習試合(交流試合)・春】
第711回 岐阜の二刀流・中神拓都(市立岐阜商)高校通算46発の多くは逆方向「逆方向本塁打の極意」【前編】 【2018年インタビュー】
第709回 知念 大成(沖縄尚学)「秋の状態を取り戻し、夏は100%の状態で頂点に立つ!」 【2018年インタビュー】
中田 翔(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
大阪桐蔭 【高校別データ】

コメントを投稿する


心で書く!氏原英明メールマガジン

プロフィール

氏原英明
氏原 英明
  • 生年月日:1977年
  • 出身地:ブラジルサンパウロで生まれる
  • ■ 高校時代から記者志望で、新聞記者になるのが将来の夢だった。
  • ■ アトランタ五輪後に、スポーツライターに方向転換。
  • ■ 大学を卒業後、地元新聞社に所属。
  • ■ その後スポーツ記者として、インターハイなど全国大会の取材も経験させてもらい、数々の署名記事を書く。
  • ■ 03年に退社。フリー活動を開始。

    『週刊ベースボール』、『ベースボールクリニック』(ベースボールマガジン社)、『アマチュア野球』(日刊スポーツ出版社)『ホームラン』(廣済堂出版)、『Number』(文藝春秋)、『Sportiva』(集英社)、『高校野球ドットコム』『ベースボールファン』などに寄稿。フリーライターとしての地位を固める。

  • 「人間力×高校野球」(2009/04~2011/01まで連載)
  • ■ 講演依頼
    講演・セミナー依頼受付中

コラム人間力×高校野球
野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム