鹿児島県立志布志高等学校

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

第32回 英明高等学校(香川)2011年05月04日

英明式練習法の究極は「自転車置き場」

コンクリートが先に詰まった金属バット

このように狭いグラウンドを活用している他に、グラウンド周りでの練習が多いのも英明の特徴だ。

スタミナ強化は地形を利用した坂道ダッシュやクロスカントリー。遠投と外野ノックは陸上競技場。ブルペンはテニスコートの一角を改造。雨が降れば補強運動は体育館内といった具合。

今春、飛躍的成長を遂げている193センチエース左腕の松本竜也(3年)も「坂道を走り続けて、2.5キロの鉄球を握ったことがスタミナと指先の強化につながりました」と、その効果があったことを強調している。また、練習用具にも指揮官の一味違ったアイディアが添えられている。

一例をあげれば往復1時間のバス移動時は金属バットをカットし、先にコンクリートを詰めた「コン棒」なる器具で、インパクトの際に大事なリストとひじ周囲の筋力を強化。
高校通算48本塁打を誇る4番・中内 大登(3年)は軽々とコン棒を上下に動かして見せたが、実際に持ってみるとすぐにひじが張ってしまうほどのハードなもの。場所と時間を効率的に使って最大の効果をあげる。これも「英明式練習」の一端なのだ。

自転車の間をぬってダッシュ

さらにその究極は、実はグラウンドではなく学校にあった。
16時の練習開始と同時に降り始めた雨が激しくなったため、1時間ほど後に学校に戻ることになったこの日の練習。
「どうぞ見て行ってください」と学校に到着してすぐ香川監督に案内されたのは・・・なんと自転車置き場であった。

ところが手際よく選手たちが自転車をどけ、ネットを張り、マットを敷くと、そこは立派なトスバッティング場に。
早速、様々な形でトスバッティングを続ける選手の横では、ダッシュを繰り返す選手、そして投球フォームを確認しながらストレッチを繰り返す投手陣。

この瞬間、狭い自転車置き場は間違いなく「室内練習場」と化していたのである。

このページのトップへ

【次のページ】 英明高等学校(香川)(3)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
帝京第五vs英明【2016年秋の大会 第69回秋季四国地区高等学校野球大会】
第432回 今日から秋の高校野球のピーク迎える!早稲田実vs関東一など各地の好カードを一挙紹介!【大会展望・総括コラム】
第36回 努力を讃えたい四国地区7人衆は?寺下友徳氏が選抜!チーム特別賞には聖カタリナも!【夏の大会特集2016】
観音寺中央vs英明【香川県 2016年夏の大会 第98回選手権香川大会】
第366回 手負いの高松商、春夏連続甲子園へ黄色信号 県内高校野球ブームの中、大混戦の夏来る!【香川抽選会後 展望・後編】【大会展望・総括コラム】
高松商vs英明【2016年 練習試合(交流試合)・春】
第1回 尽誠学園を追って英明、寒川という構図に古豪高松商の復活で、新たな動き(香川県)【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
英明vs坂出商【香川県 2015年秋の大会 香川県秋季大会】
第196回 【第97回香川大会展望】強豪ブロックに立ち向かう秋春四国王者・英明 ノーシード勢にもチャンスあり【大会展望・総括コラム】
折尾愛真vs英明【2015年 練習試合(交流試合)・春】
第279回 英明高等学校 田中 寛大投手【後編】 テーマは「力みのなさ」と「調子が悪いなかでも勝つ」こと 【2015年インタビュー】
第278回 英明高等学校 田中 寛大投手【前編】 「足りない」からこそ努力し続ける僕の「ライアン流」 【2015年インタビュー】
英明 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

寺下友徳
寺下 友徳
  • 生年月日:1971年12月17日
  • 出身地:福井県生まれの東京都東村山市育ち
  • ■ 経歴
    國學院大學久我山高→亜細亜大。
    幼稚園、小学校では身長順で並ぶと常に一番後ろ。ただし、自他共に認める運動音痴から小学校入学時、早々に競技生活を断念。その後は大好きなスポーツに側面から関わることを志し、大学では応援指導部で4年間研鑽を積む。亜細亜大卒業後はファーストフード販売業に始まり、ビルメンテナンス営業からフリーターへと波乱万丈の人生を送っていたが、04年10月にサッカーを通じて知り合った編集者からのアドバイスをきっかけに晴れてフリーライター業に転進。07年2月からは埼玉県所沢市から愛媛県松山市へと居を移し、現在は四国地域を中心としたスポーツを追いかける日々を過ごす。
  • ■ 小学校2年時に福岡からやってきた西武ライオンズが野球と出会うきっかけ。小・中学校時代では暇さえあれば足を運んでいた西武球場で、高校では夏の西東京予選の応援で、そして大学では部活のフィールドだった神宮球場で様々な野球を体感。その経験が取材や原稿作成の際に「原体験」となって活きていることを今になってつくづく感じている。
  • ■ 執筆実績
    web上では『ベースボールドットコム』(高校野球ドットコム、社会人野球ドットコム、独立リーグドットコム)、書籍では『ホームラン』、『野球太郎』(いずれも廣済堂出版)、『週刊ベースボール』(ベースボール・マガジン社)など。『甲子園だけが高校野球ではない2』(監修・岩崎夏海、廣済堂出版)でも6話分の取材・文を担当した。

    さらに野球以外でもサッカーでは、デイリースポーツ四国3県(香川・高知・愛媛)版・毎週木曜不定期連載中の『スポーツライター寺下友徳・愛媛一丸奮闘記』をはじめ、「週刊サッカーダイジェスト」(日本スポーツ企画社)、『サッカー批評』、web『スポーツナビ』など多数媒体での執筆実績あり。また、愛媛県を熱くするスポーツ雑誌『EPS(ehime photo sports)』でも取材協力を行っている。
  • ■ ブログ:『寺下友徳の「四国の国からこんにちは」』■twitterアカウント@t_terashita
    ■facebook: http://www.facebook.com/tomonori.terashita
野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム