「野球部訪問」

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

第11回 県立宇土高等学校(熊本)2010年12月10日

90年の伝統と中高一貫教育

【県立宇土中学校、県立宇土高等学校】

熊本県立宇土高等学校は、今年で学校創立90周年を迎えた伝統と歴史のある進学校である。

中高一貫教育―。

最近、よく耳にするようになったこの言葉。同校は、平成21年4月、熊本県で、初めて中高一貫教育校として熊本県立宇土中学校(新制)を新設したことでも知られている。

学校のすぐそばには宇土城跡があり、南側には近世宇土城跡(城山)、西側には国の史跡に指定されている中世宇土城跡(西岡台)など小高い丘が鎮座する。

また、近くには環境庁が選定した日本の名水100選の轟水源があり、豊かな自然環境と歴史が薫る佇まい。さらに来年3月に完成する九州新幹線熊本総合車両基地が近くに建設中など都市的機能を併せ持つ環境にあり、地元でも一際存在感がある学校である。

「○本目~!」その中世宇土城跡(西岡台)の眼下に広がる田園風景から元気な声がこだましてきた。

このページのトップへ


24時間の勝負

【左が横手監督、右が荒巻部長】


文武両道を掲げる宇土高校は県内でも屈指の進学校で、週4日は7時限授業(50分)を行っており、平成16年3月からは2学期制も導入している。

「普段は平日2時間弱なのですが、今日は土曜日なので、いつもとは違う練習ができて、ある意味、贅沢な時間ですね。」そう話すのは、同校野球部の横手文彦監督。

横手監督が掲げるテーマは“24時間の勝負”。

「1分、1分を大事にすることで同じ時間でも違ってくる。勉強、部活、掃除などすべての生活において集中することで、勝負強さを発揮できるようになることが狙いです。」与えられた時間の中で、何をすべきかを頭で考え、集中力を意識する練習が日々粛々と行われている。それは、試合での勝負強さにつながることはもとより、結果的にすべてにおいての人間力の向上になることも意味する。

「しっかりと~、集中して」

練習中、部員の声かけ一つにしても、そんな意志表示が見て取れる。

横手監督とともに野球部の指導にあたる荒巻智弘部長は3年生、横手監督は1年生の担任であり、平日は生徒だけで練習をすることも多い。「平日、(指導者が)いない時に自分たちの意識で自主的にやること。それもある意味、このチームの強みですね」と荒巻部長の言葉からも築かれてきた信頼関係が窺える。

このページのトップへ

【次のページ】 県立宇土高等学校(熊本)(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第9回 熊本県立宇土高等学校(熊本)【僕らの熱い夏2016】
第152回 【第97回熊本大会展望】今年の熊本は全国的にもパワフルなチームが出揃う!【大会展望・総括コラム】
第1回 第97回全国高等学校野球選手権熊本大会 「組み合わせ表」を紹介!【熊本県の大会展望・総括コラム】
秀岳館vs宇土【熊本県 2011年夏の大会 第93回熊本大会】
宇土vs天草高倉岳【熊本県 2011年夏の大会 第93回熊本大会】
東海大二vs宇土【熊本県 2011年春の大会 第128回九州地区高校野球熊本大会】
宇土 【高校別データ】

コメントを投稿する

野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム