第487回 狭山ヶ丘(埼玉) 選手同士のミーティングが引き出した高いモチベーション【前編】2018年05月14日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]躍進のキーワードはモチベーションとコミュニケーション
[2]選手間ミーティングに隠された本当の意図
[3]一体感を出すための役職性


 春季埼玉県大会は、花咲徳栄浦和学院の決勝戦となり、6対5で浦和学院が優勝した。花咲徳栄浦和学院の両校は、19日から始まる関東大会への出場が決まったが、今大会ベスト16入りのチームの夏のシード権獲得も同時に決まった。

 ここで、春季大会ベスト16の顔ぶれを見ると、16校のうち予選から勝ち上がってきたのは7校である。さらにそこからベスト8に進出したのは、7校中わずか3校である。
 厳しい予選を勝ち上がり、県大会でも結果を残した3校は、今後要注目であることに間違いない。西部地区に属する狭山ヶ丘がそのうちの一校である。

 エース・村田龍星をはじめ、狭山ヶ丘は今大会を通じて一際輝きを放ったが、その活躍の裏側には何があったのか。監督・選手に話を聞いた。

躍進のキーワードはモチベーションとコミュニケーション



狭山ヶ丘野球部

 「選手には根拠のない自信をもって欲しいです」
 そう語ったのは、狭山ヶ丘の山田将之監督である。選手には楽しく練習をやってもらいたい、と考えるのは理由があった。

 一つは自身の大学院時代にある。当時メンタルトレーニングやスポーツ心理学を専攻していた山田監督は、講義を通じてモチベーションを高めることで、選手達は思い切ったプレーができるのではないかと感じていた。
 そしてもう一つは現役時代の経験にあった。「相手の雰囲気が明るいと、どれだけリードをしていても何かやばいな」と感じることが多かった。その感覚があったからこそ、狭山ヶ丘は練習でも試合でも雰囲気が常に明るいチームを目指した。

 自身の経験と学問から雰囲気づくりの大切さを学んだ山田監督。だからこそ、楽しく練習をさせようとしている。では雰囲気を明るくするために、山田監督はどんなことを重視して指導しているのか。それはコミュニケーションだった。

 「互いに指摘をして刺激を与えあえば、チーム全体のモチベーションは自然と上がります」というように、ノック終了後はすぐに選手だけでミーティングを開く。
 もちろん監督からの指示もある。しかし、選手同士でミーティングをして指摘しあった方が、やってやろうという気持ちになる。
 また、そういったミーティングならばお互いを称賛することもできる。その方が選手のモチベーションは当然上がる。そういった狙いが山田監督にはあるのだ。
 だが、山田監督が選手間のミーティングを大事にしている理由は、これだけではない。

【次のページ】 選手間ミーティングに隠された本当の意図

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第489回 狭山ヶ丘(埼玉) イメージが支える甲子園への青写真【後編】【野球部訪問】
第661回 3年連続で決勝戦は県内2強の対戦に!春季埼玉県大会を振り返る【大会展望・総括コラム】
ふじみ野vs狭山ヶ丘【埼玉県 2018年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会】
狭山ヶ丘vs上尾【埼玉県 2018年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会】
所沢商vs朝霞西【埼玉県 2018年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会】
ふじみ野vs春日部東【埼玉県 2018年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会】
上尾vs早大本庄【埼玉県 2018年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会】
第648回 明日埼玉県大会が開幕!花咲徳栄vs川越東など1回戦から好カードが続出!【大会展望・総括コラム】
第57回 花咲徳栄の全国制覇で浦和学院が追う立場になり、それに数校の強豪校が続く【埼玉・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第33回 越ヶ谷高等学校(埼玉)【冬が僕らを強くする2018】
第4回 第96回選手権埼玉大会 ここまでの戦いを振り返る!! 【2014年選手権大会】
狭山ヶ丘 【高校別データ】

コメントを投稿する

野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム