第488回 八千代松陰 「松蔭ブルー」に染めるべく、課題を克服して夏に向かう!【後編】2018年05月17日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]点差以上に感じた打力の差
[2]チャレンジャー精神で20年ぶりの聖地へ


 前編では新チームスタート時から、昨秋までの軌跡を追っていった。今回の後編では、秋季大会が終了してからどんな課題を持って冬場を過ごしてきたのか。その試行錯誤の過程と今春までの期間について迫った。

点差以上に感じた打力の差



八千代松陰 エース 清宮虎多朗

 準々決勝で習志野に敗戦したものの、昨秋ベスト8入りを果たした八千代松陰。夏に鍛え上げた守備で、戦国千葉を勝ち上がることができ、確かな手ごたえを感じていた。

 一方で秋に見えた課題は打撃力だった。特に習志野戦でそれを強く感じた。兼屋監督は2対0という点差以上に差を感じたようだ。

 「体つき、打球の速さ、飛距離。すべてにおいて大きく劣っていると感じましたし、チームとしても、選手としても、体力強化と筋力強化、打撃力強化というのが定まってきました」

 同じく笹川も「パワーは凄かったですし、清宮のボールをフェンス際まで飛ばす選手もいて凄いなと感じましたし、そこがうちとの大きな差だと感じました。」

 そこから練習試合や練習では打撃力重視の野球でチーム作りを行った。兼屋監督は「秋のメンバー、打順では浮上することはできない」と様々なメンバーを起用しながら、実力を高めてきた。その中で期待している守備がウリの長岡は体の線は細く、パワーはあまりないように見えるが、スイングスピードは速く、バットコントロールも良い。秋までは2番だったが、1番を打つようになった。

 そして練習試合も終わり、オフシーズンに入った。

 とはいえ、八千代松陰のオフシーズンは特段変わっていることをやっているわけではない。週に1回は体重測定をするなど、体づくりの成果がどれだけ上がっているか確かめる場もあるが、体重が足りていないからといってペナルティがあるわけでもなく、食べる量、何を食べるかも各自の自由だ。トレーニングもこれといった特別練習もあるわけではない。

 

 しかしこのやり方もしっかりとした意図がある。

【次のページ】 チャレンジャー精神で20年ぶりの聖地へ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第669回 2019年のドラフト候補が多数浮上!きらりと光る活躍を見せた2年生の逸材をピックアップ!【大会展望・総括コラム】
第666回 野村、山下...スター野手が期待通りの活躍を見せた今年の関東大会!【大会展望・総括コラム】
第666回 今年は好投手続出の関東大会!中村、細川、古谷、渡邉…多くの投手が持ち味を発揮!【大会展望・総括コラム】
第665回 強打の健大高崎が関東制覇。ベスト8以上のチームを総括!【大会展望・総括コラム】
日大三vs習志野【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
浦和学院vs千葉黎明【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
習志野vs作新学院【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
千葉黎明vs青藍泰斗【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
第660回 3会場とも見所満載!逸材続々登場、ビッグカード揃いの関東大会2日目!(最新版)【大会展望・総括コラム】
専大松戸vs千葉黎明【千葉県 2018年春の大会 千葉県大会】
第672回 清宮 虎多朗(八千代松陰)飛躍を止めず、2018年は清宮(せいみや)の年に 【2018年インタビュー】
第149回 千葉ロッテマリーンズ 福浦 和也 選手 【2013年インタビュー】
第86回 市立習志野高等学校 宮内和也選手 【2011年インタビュー】
佐藤 圭悟(三本松) 【選手名鑑】
清宮 虎多朗(八千代松陰) 【選手名鑑】
泉 【高校別データ】
市川 【高校別データ】
一宮商 【高校別データ】
国分 【高校別データ】
清水 【高校別データ】
沼南 【高校別データ】
千葉経大附 【高校別データ】
千葉商大付 【高校別データ】
千葉一 【高校別データ】
習志野 【高校別データ】
柏陵 【高校別データ】
岬・勝浦若潮 【高校別データ】
岬 【高校別データ】
八千代 【高校別データ】
八千代松陰 【高校別データ】
若松 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム