第451回 県立豊田工業高等学校(愛知)「いける」感触掴んだ全三河大会での準優勝2017年09月30日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】(ページ下部のフォトギャラリーもチェック!)
[1]チーム内の競争意識を高める「赤ビブス制度」
[2]甲子園も狙える公立校という意識を持つ
[3]来年の夏を目指して、秋と春の全三河大会に挑む

甲子園も狙える公立校という意識を持つ

横田 龍也(豊田工)

 実は、これは平松監督が、四国愛媛の名門、松山商の練習を見学しに行った際に、背番号をつけて練習をしていて、それが選手への頑張りのモチベーションとしているということからヒントを得て、考え出されたものだったという。また、そのことでマネージャーが練習やトレーニングを補佐するという役割が、より明確にもなったとも言う。

「甲子園も狙える公立校という意識を持って、毎日の練習に励んでいく」というのは、口では言えるものの、その本気度を示していくのは、並大抵ではない。まして、相手県では、私学4強と言われている中京大中京東邦愛工大名電享栄が君臨しており、さらには近年躍進著しい至学館栄徳愛知啓成春日丘などもいる。しかし、それらは来年の記念大会では別地区扱いということになる。

「東愛知大会となるところでは、現実には10~12校くらいが、競い合っていると思います。そこに、何とかうちも加わっていかれればというところですね。それは、選手たちにも、意識として伝えています」と、平松監督は常に甲子園を意識させていると言う。

 事実、来年の東愛知勢をざっと見てみると、この夏のベスト4進出を果たした豊橋中央はじめ、豊川桜丘愛知産大三河といった私学勢に対して、知多地区の大府に西三河では西尾東刈谷などがいて、東三河では時習館渥美農成章あたりが食い下がって来るであろう。そこに、豊田工がこの夏のベスト8という実績と、評判の好投手・横田 龍也君がいるということで、やはり注目を浴びていくことになるであろう。

 チームは現在1年生が28人、2年生が26人となっている。引退した4年生は28人いたが、毎年おおよそ25人強の部員が入部してきている。そして、全員がほぼ最後まで残っているというは「赤ビブス制度」などに代表されるように、不断の努力が認められてしっかりと評価してくれるというシステムが確立していることもある。

「毎年そうなんですけれども、夏の最終メンバーは、ボクが18人まで決めます。そして、残る2人は部員たちの投票で決めることにしているのです。ボクが見切れていない部分で、仲間がどれだけ見ていて、信頼していてくれるかということにもなります。また、そのことで、選手個々が選ばれた責任ということもまた、強く感じられるからです」

【次のページ】 来年の夏を目指して、秋と春の全三河大会に挑む

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第115回 3年生座談会 豊田工業高等学校(愛知)「豊田工の歴史を変えた史上初のベスト8」【後編】【僕らの熱い夏2017】
第114回 3年生座談会 豊田工業高等学校(愛知)「85人の部員全員で戦えたチーム」【前編】【僕らの熱い夏2017】
愛知産大三河vs中京大中京【愛知県 2017年秋の大会 第70回愛知県高校野球選手権大会】
東邦vs桜丘【愛知県 2017年秋の大会 第70回愛知県高校野球選手権大会】
中京大中京vs愛工大名電【愛知県 2017年秋の大会 第70回愛知県高校野球選手権大会】
中京大中京vs刈谷工【愛知県 2017年秋の大会 第70回愛知県高校野球選手権大会】
第580回 磯村峻平(中京大中京)「世界大会の好投でつかんだ自信」 【2017年インタビュー】
第582回 2016年U-18代表の現在地 高いレベルでも実力を発揮する投手陣 レベルアップを期待する野手陣【大会展望・総括コラム】
第572回 U-18代表20名を徹底考察!起用法・オーダーも考案!【大会展望・総括コラム】
広陵vs中京大中京【第99回全国高等学校野球選手権大会】
第561回 今大会で最も熱く、ハイレベルな4日目!4試合の見所を徹底解説!【大会展望・総括コラム】
第479回 中京大学附属中京高等学校 佐藤 勇基選手「U-18代表入りして得た知識や経験を最大限活かしたい」【後編】 【2016年インタビュー】
第478回 中京大学附属中京高等学校 佐藤 勇基選手「侍ジャパンU-18でもベストナイン!今夏屈指の遊撃手!」【前編】 【2016年インタビュー】
第419回 上野 翔太郎投手(中京大中京―駒澤大学) 「満身創痍の中でも快投ができたコンディショニング術」 【2016年インタビュー】
第358回 東邦高等学校 藤嶋 健人投手「最高の仲間とともに全国制覇へ」 【2016年インタビュー】
横田 龍也(豊田工) 【選手名鑑】
愛工大名電 【高校別データ】
享栄 【高校別データ】
至学館 【高校別データ】
中京大中京 【高校別データ】
東邦 【高校別データ】
東邦音大二 【高校別データ】
東邦大東邦 【高校別データ】
豊田工 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

手束仁
手束 仁

ベースボールファン
野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム