第451回 県立豊田工業高等学校(愛知)「いける」感触掴んだ全三河大会での準優勝2017年09月30日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】(ページ下部のフォトギャラリーもチェック!)
[1]チーム内の競争意識を高める「赤ビブス制度」
[2]甲子園も狙える公立校という意識を持つ
[3]来年の夏を目指して、秋と春の全三河大会に挑む

 全国で二番目の激戦地区となった188チームが参加した愛知大会で、県立校で唯一ベスト8に進出した豊田工。普通の公立校であり、実業校という中で、どのようにしてチームを作り、強化に余念がない強豪私学や甲子園でも実績のある強豪校などと対等に渡り合える戦いが出来たのか。そしてまた、記念大会となる来年の第100回大会へ向けて、どのようにしてチームを作り上げていく方針なのか探ってみた。

チーム内の競争意識を高める「赤ビブス制度」

平松忠親監督(豊田工)

 記念大会となる来年の夏は、愛知大会は東西に分けられて、2校が代表となることがすでに決まっている。名古屋市内勢と尾張地区の西愛知大会と東西の三河地区に知多地区が加わる東愛知大会からそれぞれ優勝校が代表となる。

 ことに、いわゆる私学4強などと呼ばれている名古屋市内の有力私学がいない東愛知大会の各校は、千載一遇のチャンスとばかりに各校とも、チーム力整備に余念がない。この夏のベスト8進出で確かな自信を掴んだ豊田工もそんな一つである。

 その原動力となるであろうと思われるのがエースの横田 龍也君ということになるが、この秋は期待されながらも、県大会初戦で名古屋国際に0対1と最少失点で敗れた。
「完封されて負けといて『何言っとるんだ』と、言われるかもしれませんけれども、今度のチームは打てるチームだと思っているんですよ。県大会では打てませんでしたけれどもね(苦笑)。それで、横田が相手の8番打者に打たれた一本の安打で負けてしまいましたからね……」

 と、豊田工を率いて11年目となる平松忠親監督は、万全で臨んだはずの秋季大会を振り返る。もちろん、完封負けをしたということで、これから先の冬のトレーニングとしては、最大の強化点はパワーアップということになる。毎年行われている、知多半島の美浜町での強化合宿は、より激化していくことは間違いない。

 豊田工の恒例システムとしては「赤ビブス制度」というのがある。これは、日々の練習を見ているマネージャーが、毎週月曜日に「頑張っている選手20人をわかりやすくするために番号付きの赤いビブスを着用してトレーニングする」という基準で選定して、平松監督に報告するという制度である。こうして選定されて、1番のビブスをつけてトレーニングしている選手は一番頑張っているという証なのである。そして、当然それが来るべきシーズンのベンチ入りメンバー選びのための重要な参考要素にもなっていくことになる。

 また、そのことでマネージャーも、よりしっかりと選手たちの練習を見つめていくことにもなるのだ。1番ビブス争いが激化していけばいくほど、チーム内の競争も激しくなっていくし、選手の意識も向上していく。もちろん、そのことでパワーアップもしていき、ひいてはチームの底上げにもつながっていくということになる。

【次のページ】 甲子園も狙える公立校という意識を持つ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第115回 3年生座談会 豊田工業高等学校(愛知)「豊田工の歴史を変えた史上初のベスト8」【後編】【僕らの熱い夏2017】
第114回 3年生座談会 豊田工業高等学校(愛知)「85人の部員全員で戦えたチーム」【前編】【僕らの熱い夏2017】
愛知産大三河vs中京大中京【愛知県 2017年秋の大会 第70回愛知県高校野球選手権大会】
東邦vs桜丘【愛知県 2017年秋の大会 第70回愛知県高校野球選手権大会】
中京大中京vs愛工大名電【愛知県 2017年秋の大会 第70回愛知県高校野球選手権大会】
中京大中京vs刈谷工【愛知県 2017年秋の大会 第70回愛知県高校野球選手権大会】
第580回 磯村峻平(中京大中京)「世界大会の好投でつかんだ自信」 【2017年インタビュー】
第582回 2016年U-18代表の現在地 高いレベルでも実力を発揮する投手陣 レベルアップを期待する野手陣【大会展望・総括コラム】
第572回 U-18代表20名を徹底考察!起用法・オーダーも考案!【大会展望・総括コラム】
広陵vs中京大中京【第99回全国高等学校野球選手権大会】
第561回 今大会で最も熱く、ハイレベルな4日目!4試合の見所を徹底解説!【大会展望・総括コラム】
第479回 中京大学附属中京高等学校 佐藤 勇基選手「U-18代表入りして得た知識や経験を最大限活かしたい」【後編】 【2016年インタビュー】
第478回 中京大学附属中京高等学校 佐藤 勇基選手「侍ジャパンU-18でもベストナイン!今夏屈指の遊撃手!」【前編】 【2016年インタビュー】
第419回 上野 翔太郎投手(中京大中京―駒澤大学) 「満身創痍の中でも快投ができたコンディショニング術」 【2016年インタビュー】
第358回 東邦高等学校 藤嶋 健人投手「最高の仲間とともに全国制覇へ」 【2016年インタビュー】
横田 龍也(豊田工) 【選手名鑑】
愛工大名電 【高校別データ】
享栄 【高校別データ】
至学館 【高校別データ】
中京大中京 【高校別データ】
東邦 【高校別データ】
東邦音大二 【高校別データ】
東邦大東邦 【高校別データ】
豊田工 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

手束仁
手束 仁

ベースボールファン
野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム