第446回 秀岳館高等学校(熊本)「目標」を「ストレッチ」し続ける 〜数値化して明確に〜【前編】2017年07月14日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】(ページ下部のフォトギャラリーもチェック!)
[1]日本が世界で通用するために
[2]「数字」を意識する


 秀岳館の試合を直接見たのは2015年秋、鹿児島であった九州大会準決勝の日南学園(宮崎)戦だった。甲子園の解説でお馴染みだった鍛治舎巧監督の大きな身体が、どっかりとベンチの真ん中で采配している姿が目に留まった。たいていの監督はバットケースの横あたりで指揮するが、ど真ん中にいる監督は初めて見たような気がする。

「選手が試合中困ったとき、まずは監督の顔を見ます。一番顔が見えるのは真ん中でしょう」
理由は明快だ。社会人や枚方ボーイズで少年野球を指導していた時も同じだったという。

 その試合は2ストライク追い込まれてからのヒットが多かった。11安打中5本が追い込まれてから打ったものであり、タイムリーや追加点の口火になる長打など、大事な局面で打っている。
「追い込まれたら、打席の後ろに立ってノーステップで打つ。これがチームの決まり事なんですよ」。当時の九鬼 隆平主将(現・ソフトバンク)がその秘訣を教えてくれた。

 秀岳館の各打者は2ストライクまでは自由だが、追い込まれるとボックスの後ろに立ち、スタンスを広げてノーステップで打つ。
「追い込まれたらチーム打撃に徹する。これは4番の九鬼でも同じです」と鍛治舎監督。16年の春夏、17年の春、3季連続甲子園4強という全国屈指のハイレベルな安定感を誇る秀岳館野球の強さを象徴するプレーに思えた。

 そういったプレーがどんな発想、練習に基づいて生まれてくるのか。今回の野球部訪問はそれをテーマに掲げて八代市の秀岳館グラウンドに足を運んだ。

日本が世界で通用するために

鍛治舎巧監督(秀岳館)

「ノーステップ打法を考えついたのは日本代表を率いて海外と対戦した時ですね」。
 鍛治舎監督が解説する。1980年代後半、まだ五輪野球の代表がアマチュアで組まれていた頃、キューバやアメリカなどの豪速球をどう打ち崩すかを考えた中で生み出した打法だった。

「体格で劣る日本人選手が世界で通用するためにはどうすればいいか」を考えて、導き出した答えが広めのスタンスを取り、あらかじめトップを作ったコンパクトなスイングで右打者はセカンドの、左打者はショートの頭を狙う打法だった。

 理屈は分かりやすいが「1つの打席で2つの打ち方を使い分けるわけですから、きちんとした訓練が必要なんです」
フリー打撃の前のティーバッティングはそのための訓練の場だ。スクワットしながら30本を7セット、インハイを20本7セット、ボール球のようなアウトロー20本7セット、計490本を打ち込む。

 ただ漠然と打つのではなく「インハイは内野の頭をワンバウンドで越す、アウトローはセンター方向に糸引く打球を打つ」イメージを持つことがポイントだ。スクワットティーで強靭な下半身を作り、インハイ、アウトローの難しいコースを打ち込むことでどんな球速、球種にも対応できるバットコントロール、スイングスピードを磨く。

 このように秀岳館の練習には常に「何のためにやるか」の目的があり、本数、距離、タイム、速度などの「数字」を意識しながら進められている。

【次のページ】 「数字」を意識する

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第135回 2017年のドラフトの指名選手の出身校で最も多いのはあの3チーム!【ドラフト特集】
第130回 昨年プロ入りを果たした高卒選手たちのプロ1年目。存在感を見せつけたのは藤平尚真と細川成也【ドラフト特集】
第78回 秀岳館(熊本)編「4季連続甲子園出場達成!急成長を遂げた秀岳館のつながり」【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
第103回 田浦文丸(秀岳館)のピッチングは高いステージで活躍する左投手のお手本だ【ドラフト特集】
第10回 U-18ワールドカップ!人気記事ベスト5!【レポート編】【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第571回 田浦文丸(秀岳館)「必然の活躍を生むチェンジアップと冷静なマウンド捌き」 【2017年インタビュー】
第567回 川端健斗(秀岳館) 「15奪三振の快投を生んだ緻密なコンビネーションと強靭なメンタル」 【2017年インタビュー】
広陵vs秀岳館【第99回全国高等学校野球選手権大会】
秀岳館vs横浜【第99回全国高等学校野球選手権大会】
第557回 田浦 文丸(秀岳館)「投手があるから打撃も生きる!」 【2017年インタビュー】
秀岳館vs早稲田実業【2017年 練習試合(交流試合)・春】
慶應義塾vs秀岳館【2017年 練習試合(交流試合)・春】
鹿児島実vs秀岳館【2017年春の大会 第140回九州地区高等学校野球大会】
第511回 熊本工業高等学校 山口 翔選手「フォームと速球のこだわりは誰にも負けない」 【2017年インタビュー】
第427回 秀岳館高等学校  松尾大河選手 「この大会は人生をかけた大会」 【2016年インタビュー】
九鬼 隆平(秀岳館) 【選手名鑑】
田浦 文丸(秀岳館) 【選手名鑑】
廣部 就平(秀岳館) 【選手名鑑】
秀岳館 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

政純一郎
政 純一郎(つかさ・じゅんいちろう)
  • 生年月日 1974年12月18日
  • 出身地 鹿児島市
  • ■ 経歴
    鶴丸高校―同志社大
  • ■ 鹿児島新報で6年間スポーツ担当記者。2004年5月の同社廃刊後、独立
  • ■ 「スポーツかごんまNEWS」を立ち上げ、野球、バスケットボール、陸上、サッカーなど主に鹿児島のスポーツを取材執筆する。2010年4月より奄美新聞鹿児島支局長を兼務
  • ■ 著書に「地域スポーツに夢をのせて」(南方新社)「鹿実野球と久保克之」(同、久保氏と共著)
  • ■ Webでは「高校野球ドットコム」、書籍では「野球小僧」(白夜書房)「ホームラン」(廣済堂出版)「陸上競技マガジン」(ベースボールマガジン)「月刊トレーニングジャーナル」(ブックハウスHD)などに記事を寄稿している。
  • ■ 野球歴は中学から。高校時代は背番号11はもらうも、練習試合に代打で1打席、守備で1イニングの試合経験しかない。現在はマスターズ高校野球のチームに所属し、おじさんたちと甲子園の夢を追いかけている
  • ■ フルマラソンの自己ベスト記録は3時間18分49秒(2010年のいぶすき菜の花マラソンにて)。野球とマラソンと鹿児島をこよなく愛する「走るスポーツ記者」

スポーツかごんまNEWS
野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム