第415回 大阪桐蔭高等学校(大阪)「『2016~2017年型』大阪桐蔭、全国制覇への風土づくり」【後編】2017年02月14日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】(ページ下部のフォトギャラリーもチェック!)
[1]「チームを引っ張る」人材を求めて
[2]「努力する葦たち」が束となり、頂を狙う

 ■大阪桐蔭の野球部訪問「『2016~2017年型』大阪桐蔭、その序章」【前編】から読む

 後編では冬練習での底上げと、来るセンバツへの意気込みについて伺った。

「チームを引っ張る」人材を求めて

バッティング練習の様子(大阪桐蔭)

 例年通り「チームのことは一切気にせず、個人のレベルアップに努める」大阪桐蔭の12月・1月の練習。ただ、西谷 浩一監督はその様子をジッと観察している。そして心中で願っている。「主軸となる選手」の出現を。

「今年のチームはチームワークは良いですし、一生懸命やりますし、主将の福井(章吾)が選手たちを集めて、ミーティングすることができる。意識の高い選手が多い。ですが、まだ軸となる選手がいないのが課題です。秋は1年生が活躍しましたけど、やはり軸となる選手は2年生になってほしいです」

 チームをまとめ上げるのはもちろん福井。ただ、頂点を奪うにはもう1つの柱が必要だ。プレー面で引っ張れる絶対的な選手。その1人として期待されているのが副主将の岩本 久重。守っては投手陣をリードする司令塔である。西谷監督は岩本についてこのように評する。
「現在は8番を打っていますが、ホームランは打てますし、体は大きいですし、捕手として肩は強いですし、主軸を打てる選手。ですから、昨年秋の段階でプレーでチームを引っ張る存在になってほしかったのですが……。ですから、岩本の成長はチームの成長と相関していると思います」

 もちろん、岩本自身も周囲の期待は承知している。大津北シニア時代は侍ジャパンU-15代表として西浦 颯大明徳義塾<高知>2年)・増田 珠横浜<神奈川>2年)らと共に「第2回IBAF U-15ワールドカップ」に出場。182センチ80キロと恵まれた体格にチームNO.1の高校通算16本塁打。「自分が8番なのは悔しく思いますし、やはりもっと打てて、上位打線を打てるようになりたい」。意気込みは十分だ。

【次のページ】 「努力する葦たち」が束となり、頂を狙う

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第140回 藤原恭大、小園海斗を中心に見逃せない枚方ボーイズ出身の逸材たち【ドラフト特集】
第139回 野村大樹、中川卓也、増田陸の大阪福島シニアトリオに注目!高校野球をリードする存在となるか??【ドラフト特集】
第617回 2017年の高校野球の1年は?全主要大会の結果を振り返る!【大会展望・総括コラム】
第610回 神宮大会を沸かせた逸材たち 期待のドラフト候補を徹底総括【大会展望・総括コラム】
第608回 明治神宮野球大会総括・連日1万人越えの神宮大会!10チームの収穫と課題【大会展望・総括コラム】
創成館vs大阪桐蔭【2017年 第48回明治神宮野球大会】
大阪桐蔭vs駒大苫小牧【2017年 第48回明治神宮野球大会】
第613回 宮﨑仁斗(大阪桐蔭)「大阪桐蔭の2番打者は小さくまとまらず全力で振り、全力で走る!」 【2017年インタビュー】
第607回 根尾昂(大阪桐蔭)「近畿では二刀流として大暴れ!初舞台の神宮でも強烈な印象を残す」 【2017年インタビュー】
大阪桐蔭vs智辯和歌山【2017年秋の大会 平成29年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs近江【2017年秋の大会 平成29年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs近大附【2017年秋の大会 平成29年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
第601回 笠松 悠哉(立教大)「三振か、ホームランかの割り切りで勝負したい」 【2017年インタビュー】
第566回 藤原恭大(大阪桐蔭) 「新境地を拓いた左方向のバッティング」 【2017年インタビュー】
第565回 徳山壮磨(大阪桐蔭) 「選抜優勝投手を支える微調整術」 【2017年インタビュー】
岩本 久重(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
徳山 壮磨(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
福井 章吾(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
大阪桐蔭 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム