第413回 彦根翔陽・彦根翔西館(滋賀)「投打に個性派揃いの連合チーム」2017年02月11日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】(ページ下部のフォトギャラリーもチェック!)
[1]打線の力を象徴するスイングスピード148km/h、スクワット170kgの恐怖の8番
[2]エース・北川を中心に投手陣は駒が揃う
[3]冬に耐えて楽しみな春を待つ

 彦根翔陽・彦根翔西館は昨秋、県大会でベスト4に入り滋賀県高野連から21世紀枠に推薦された。昨年4月の学校統合により誕生した連合チームではあるが、彦根翔西館野球部の部員数は0人だったためサインや戦術を組み直す必要はなく、現在も部員構成は2年生の16人は彦根翔陽、1年生の15人は彦根翔西館ときれいに学年で分かれている。

 連合チームとして臨んだ昨年の夏は、まとまりのある3年生に井上 充也監督は手応えを感じていたが2回戦敗退。対照的に新チームは個性の強い選手が多く、スタート当初はチームとしてのまとまりに欠けていた。今の2年生が1年生だった時の1年生大会では1回戦で敗れており、エースの北川 広真(2年)以外はレギュラー総入れ替えとなった新チームは井上監督から厳しい言葉を浴びせられた。しかしそんなチームが8月後半から急速に調子を上げ秋季大会で打ちまくる。

「ある程度の力があるとは思っていましたけど、あそこまで打ってくれるとは思わなかった」
経験のある北川が崩れないという計算に、2戦連続で5回コールド勝ちを収めるなど敗れた準決勝の近江戦以外は全て2桁安打を放つという嬉しい誤算が加わり、4強の一角に食い込んだ。

打線の力を象徴するスイングスピード148km/h、スクワット170kgの恐怖の8番

ティーバッティングの様子(彦根翔陽・彦根翔西館)

 グラウンドが工事のため広く使えないこともあるが、冬場は特に振り込みとトレーニング中心の練習を行う。
「以前はロードワークやダッシュ系統の練習が多かったんですけどここ2、3年は出来るだけバットを振らせるようにしてます」
通常のティーバッテイングに短い間隔で打つ連ティー、遠くへ飛ばす感覚を養うロングティーに、天気が良ければマシン打撃の4つをガンガン打つ。オフシーズンでもそんな練習をこなし、キャプテンの細川 開平(2年)は「今年はクリーンナップが2つある感じで、どこからでも点を取れるようになったのがベスト4に行けた要因だなと思います」と話す。

 1番を打つ平川 大輝(2年)はチームトップの俊足だけでなく長打力もあって出塁率が高い。還す役割を期待されるのが3番の小野 晃斗(2年)。旧チームでレギュラー奪取にはわずかに至らなかったものの、夏もスタメンで起用されるなど最も経験のある選手で、ミートが上手く、内角は引っ張り外角は流すコースに逆らわないバッテイングが持ち味。「バッテイングでも守備でも特別上手いわけじゃないんですけど、何でも得意不得意なく出来ます」と穴が無く3回戦までは.800の高打率を残した。

【次のページ】 エース・北川を中心に投手陣は駒が揃う

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第30回 「2つのチームを支える仲良し5人組」彦根翔陽・彦根翔西館高等学校【頑張る!マネージャー】
彦根翔陽vs八幡工【滋賀県 2014年春の大会 春季滋賀県大会】
綾羽vs彦根翔陽【滋賀県 2012年春の大会 平成24年度春季近畿地区高校野球滋賀県大会】
彦根翔陽vs草津【滋賀県 2012年春の大会 平成24年度春季近畿地区高校野球滋賀県大会】
北川 広真(彦根翔陽) 【選手名鑑】
彦根翔西館 【高校別データ】
彦根翔陽 【高校別データ】
彦根翔陽・彦根翔西館 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

小中 翔太
小中 翔太
  • 1988年大阪府生まれ、京都府宮津市育ち。大学野球連盟の学生委員や独立リーグのインターン、女子プロ野球の記録員を経験。主なWebの寄稿は高校野球ドットコム。また、野球専門誌「Baseball Times」にて阪神タイガースを担当し、スポーツナビやYahoo!ニュースにも寄稿する。大阪、京都を中心に関西の球場に出没中。
野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム