• トップ
  • コラム
  • 野球部訪問
  • 県立武岡台高等学校(鹿児島)「誰でも出来ることを徹底して積み重ねることが進化につながる」【後編】

第408回 県立武岡台高等学校(鹿児島)「誰でも出来ることを徹底して積み重ねることが進化につながる」【後編】2017年01月09日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】(ページ下部のフォトギャラリーもチェック!)
[1]一戦ごとに成長
[2]「この差」は縮まったのか?

 普通科公立校として唯一、ベスト4まで勝ち進んだ武岡台前編では選手たちの目の色を変えるきっかけとなった試合などを振り返っていきました。後編では、快進撃を見せる秋の大会の模様を振り返りつつ、普通の高校生が成長を果たすには、何をするべきなのかを考えていきます。

一戦ごとに成長

快進撃の原動力となった1年生右腕・宮田 悠希(県立武岡台高等学校)

 屈辱的な大敗から約1カ月後の秋の大会で、武岡台は快進撃をみせた。「特別な強さがあったわけではない」と濱涯 聡監督。市内大会からの1カ月間で劇的な成長を感じて大会に臨めたわけではなかったが、「勝ち進むごとに自分たちの野球に自信をつけていった」(永井 千尋主将)大会だった。

「宮田の存在は大きかった」と濱涯監督は勝因の一つを分析する。背番号11の1年生右腕が投手起用の柱だった。170センチ、56キロ、野球選手としても決して恵まれている体型とはいえないが、多彩な変化球と安定した制球力が武器で「何よりマウンドさばきのうまさ」(濱涯監督)が際立っていた。

 星峯中出身の宮田 悠希は、強豪校から声はかからず、武岡台もスポーツ推薦ではなく「自分の学力で行ける学校だった」と一般入試で入った。勝気な性格で「ピンチになるとスイッチが入る」という。リードする永井主将は「後輩だけど頼りがいがあった」と振り返る。

 初戦国分中央戦で、相手のバットがミットに当たる打撃妨害で走者を出し、ピンチを招いた場面があった。間をとろうと永井主将がマウンドに駆け寄ると「先輩のせいっすよ!」と笑顔で発破をかけられた。1年生でスタミナがない分、連投が利かない弱点があったが、初戦のシード国分中央戦、4回戦池田戦、準々決勝出水との再試合、準決勝れいめい戦とカギになる試合は宮田が登板し「失点が計算でき、ゲームを作る」(濱涯監督)先発投手の仕事をやり切った。

 準々決勝までのチーム打率が4割を超え、4強に残ったチームの中で一番の高打率を残し「打のチーム」のイメージで見られたが、濱涯監督は「少ないチャンスをものにして、失点を少なくして競り勝つ」のがチームカラーと考えている。高打率は「たまたま」だ。

 秋の5試合の中で最も武岡台らしさが出ていたのは、5年半ぶりの8強入りがかかった4回戦池田戦だった。2点を先取しながらも8回に同点に追いつかれたが、その裏、4番・永井が勝ち越しタイムリーを放ち、その1点を守り切った。それまで「ボールが速くない分、引っ張りにかかっていた」のを反省し、永井はチームのコンセプトである「センターから逆方向に打ち返す」打撃に徹し、詰まりながらもセンター前に落ちる決勝タイムリーになった。

 準々決勝出水戦は、1対3で5回まで2点ビハインド劣勢の展開だったが雨で仕切り直しに。出水の左腕エース・濱島 優真(2年)の前に詰まって打ち上げる打球が多かったのを反省し、翌日の再試合は「スイングをコンパクトにして低い打球を打つ」(濱涯監督)イメージを徹底する。初回に永井が口火を切り、初回に7安打7得点で主導権を握り、先発全員安打を記録する15安打でコールド勝ちした。

【次のページ】 「この差」は縮まったのか?

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第407回 県立武岡台高等学校(鹿児島)「『普通の高校生』が変わるとき」【前編】【野球部訪問】
国分中央vs武岡台【鹿児島県 第22回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
武岡台vsれいめい【鹿児島県 第22回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
れいめいvs武岡台【鹿児島県 2016年秋の大会 第139回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
武岡台vs出水【鹿児島県 2016年秋の大会 第139回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
武岡台vs池田【鹿児島県 2016年秋の大会 第139回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
第158回 【第97回鹿児島大会展望】3年振りの甲子園を目指す神村学園を軸に鹿児島実、樟南、れいめいを中心に展開!【大会展望・総括コラム】
第113回 第136回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選展望 「各ブロックに強豪校が点在!」【大会展望・総括コラム】
第4回 第96回全国高等学校野球選手権鹿児島大会 展望【鹿児島県の大会展望・総括コラム】
中村 駿介(滋賀学園) 【選手名鑑】
武岡台 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

政純一郎
政 純一郎(つかさ・じゅんいちろう)
  • 生年月日 1974年12月18日
  • 出身地 鹿児島市
  • ■ 経歴
    鶴丸高校―同志社大
  • ■ 鹿児島新報で6年間スポーツ担当記者。2004年5月の同社廃刊後、独立
  • ■ 「スポーツかごんまNEWS」を立ち上げ、野球、バスケットボール、陸上、サッカーなど主に鹿児島のスポーツを取材執筆する。2010年4月より奄美新聞鹿児島支局長を兼務
  • ■ 著書に「地域スポーツに夢をのせて」(南方新社)「鹿実野球と久保克之」(同、久保氏と共著)
  • ■ Webでは「高校野球ドットコム」、書籍では「野球小僧」(白夜書房)「ホームラン」(廣済堂出版)「陸上競技マガジン」(ベースボールマガジン)「月刊トレーニングジャーナル」(ブックハウスHD)などに記事を寄稿している。
  • ■ 野球歴は中学から。高校時代は背番号11はもらうも、練習試合に代打で1打席、守備で1イニングの試合経験しかない。現在はマスターズ高校野球のチームに所属し、おじさんたちと甲子園の夢を追いかけている
  • ■ フルマラソンの自己ベスト記録は3時間18分49秒(2010年のいぶすき菜の花マラソンにて)。野球とマラソンと鹿児島をこよなく愛する「走るスポーツ記者」

スポーツかごんまNEWS
野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム