第407回 県立武岡台高等学校(鹿児島)「『普通の高校生』が変わるとき」【前編】2017年01月07日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】(ページ下部のフォトギャラリーもチェック!)
[1]20数年前から侮れない力を持った武岡台
[2]「結果」が「自信」に
[3]「半端な努力じゃ何も変わらない!」

 武岡台は1987年4月に開校、普通科と情報科学科がある県立校であり、今年で創立30周年を迎え、県内では比較的新しい学校である。その武岡台が昨秋の鹿児島県大会で4強入りした。春秋にある九州大会予選での4強入りは89年春の第84回大会以来55季ぶり、実に27年半ぶりの快挙だった。

20数年前から侮れない力を持った武岡台

90年夏と95年NHK旗準優勝。武岡台の栄光を物語る記念碑(県立武岡台高等学校)

 武岡台の4強入りがどのぐらいぶりかを調べたとき、27年というのが意外だった。毎回県大会の展望を書く際、優勝候補ではないが、決して侮れない実力校として名前を挙げることは多かった。長く鹿児島の高校野球を見ているファンにとっては、学校創立4年目の90年夏に、ノーシードながら決勝に勝ち上がり、鹿児島実と甲子園をかけて接戦を演じたインパクトが、未だ忘れられないのではないないだろうか。

 宮下 正一・現監督が主将で内之倉 隆志(元ダイエー)ら豪華メンバーをそろえた鹿児島実を相手に0対4で敗れたものの、終盤まで互角に競り合った。筆者は当時、同じ鹿児島市内の普通科の公立校を通っていたので、「自分たちも、頑張ればあの舞台に行けるのではないか」と勇気づけられたことを鮮明に覚えている。

 今、武岡台の野球部員の中で入部の動機が「武岡台で甲子園に行きたいから」と明確に言える部員は少ないという。そもそもの入学の動機が「大学に進学したいから」「自分の学力で行ける学校だったから」など様々だ。それは鹿児島実神村学園樟南などの甲子園常連校の強豪私学以外の学校で野球をする高校生なら共感できる本音だろう。

 そんな「普通の高校生」が集まる武岡台だが、7月に新チームができたときチームの目標を「甲子園」と定めた。それから約2カ月後の県大会で27年ぶりに4強入りし、あと一歩で九州大会出場は逃したが、21世紀枠の鹿児島県推薦校になった。はるか彼方の「夢」だった世界が、少しだけ「現実」のものに感じられる手応えはつかんだ。

【次のページ】 「結果」が「自信」に

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
樟南vs武岡台【鹿児島県 第140回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
武岡台vs鹿児島中央【鹿児島県 第140回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
武岡台vs種子島中央【鹿児島県 第140回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
第459回 20日開幕の鹿児島大会展望!上位進出のカギは「投手力」!!【大会展望・総括コラム】
第408回 県立武岡台高等学校(鹿児島)「誰でも出来ることを徹底して積み重ねることが進化につながる」【後編】【野球部訪問】
国分中央vs武岡台【鹿児島県 第22回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
武岡台vsれいめい【鹿児島県 第22回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
第158回 【第97回鹿児島大会展望】3年振りの甲子園を目指す神村学園を軸に鹿児島実、樟南、れいめいを中心に展開!【大会展望・総括コラム】
第113回 第136回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選展望 「各ブロックに強豪校が点在!」【大会展望・総括コラム】
第4回 第96回全国高等学校野球選手権鹿児島大会 展望【鹿児島県の大会展望・総括コラム】
中村 駿介(滋賀学園) 【選手名鑑】
武岡台 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

政純一郎
政 純一郎(つかさ・じゅんいちろう)
  • 生年月日 1974年12月18日
  • 出身地 鹿児島市
  • ■ 経歴
    鶴丸高校―同志社大
  • ■ 鹿児島新報で6年間スポーツ担当記者。2004年5月の同社廃刊後、独立
  • ■ 「スポーツかごんまNEWS」を立ち上げ、野球、バスケットボール、陸上、サッカーなど主に鹿児島のスポーツを取材執筆する。2010年4月より奄美新聞鹿児島支局長を兼務
  • ■ 著書に「地域スポーツに夢をのせて」(南方新社)「鹿実野球と久保克之」(同、久保氏と共著)
  • ■ Webでは「高校野球ドットコム」、書籍では「野球小僧」(白夜書房)「ホームラン」(廣済堂出版)「陸上競技マガジン」(ベースボールマガジン)「月刊トレーニングジャーナル」(ブックハウスHD)などに記事を寄稿している。
  • ■ 野球歴は中学から。高校時代は背番号11はもらうも、練習試合に代打で1打席、守備で1イニングの試合経験しかない。現在はマスターズ高校野球のチームに所属し、おじさんたちと甲子園の夢を追いかけている
  • ■ フルマラソンの自己ベスト記録は3時間18分49秒(2010年のいぶすき菜の花マラソンにて)。野球とマラソンと鹿児島をこよなく愛する「走るスポーツ記者」

スポーツかごんまNEWS
野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム