強打者を育てた打撃練習法 /東海大甲府(山梨)

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

第7回 強打者を育てた打撃練習法 /東海大甲府(山梨)2012年10月24日

【目次】
[1] 逆方向への強打線の秘訣は「押し手」の意識
[2] 球を握らせない2ヶ月
[3] 理想のスイング「ダウンレベル」
[4] 頭の中のイメージと実際の動きを一致させるために

理想のスイング「ダウンレベル」

――スイング軌道はレベルスイングですか。

村中 僕の理想は『ダウンレベル』です。トップから途中まではダウンで、その後はレベルでスイングします。ダウンスイングだと球を切ってフライになってしまいますし、レベルからレベルだと軟式球ではいいんですが、硬式球では負けてしまうんです。

――ダウンからレベルの変換点も含めて、連続写真でそれぞれポイントの説明をお願いします。


▲【写真1】トップ

村中 トップの位置は選手に任せていますが、僕の理想は例えて言うと雨が降って傘をさしているときに自分より身長が5、6cm高い人が隣に来て傘に入れようとすると傘を少し上げますよね。その高さですね。あとはトップが決まったときにヘッドが寝すぎないこと。


▲【写真2】レベルスイング

村中 トップの位置からここまでがバットの軌道はダウンスイングで、この先がレベルスイングです。それと下半身の回転が1番速いところですから、その勢いをインパクトに繋げます。


▲【写真3】インパクト

村中 インパクトです。脇はこのときに締まっていればいいので、これ以前に脇を締めろという意識は持たせたりはしません。自然体で良いと思います。子供たちにはヘッドを利かせて、スイングの音がここで1番鳴るようにしろと言っています。ブーンではなく、ブッンという音ですね。


▲【写真4】インパクト後

村中 インパクト後は力を抜くような感じで自然と回転していく。バットは地面とレベルのままです。


▲【写真5】

村中 手首が返ってもバットはレベルを保っています。


▲【写真6】フォロースルー

村中 振り切った後も体の軸と頭がしっかりと残っていること意識してください。周平も森野将彦も綺麗なダウンレベルで打っていますよ。周平は独特のところがあるので、高校生がわりやすいのは森野の方だと思います。


▲横から見た「ダウンレベル」


▲正面から見た「ダウンレベル」

このページのトップへ

【次のページ】 頭の中のイメージと実際の動きを一致させるために

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第473回 まだまだいる!スーパーミレニアム世代の逸材たち!【大会展望・総括コラム】
第43回 全国レベルの東海大甲府に食い下がる山梨学院、日本航空などに甲府工も健闘(山梨)【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第62回 【どこよりも早い!ドラフト2017】 2017年はスラッガーの年だ!清宮 幸太郎、安田 尚憲など大暴れを期待したい逸材たち【ドラフト特集】
第35回 野球ノートに書いた甲子園4 高校野球ドットコム編集部 KKベストセラーズ【読書のススメ】
第13回 10連覇狙う聖光学院!初出場目指す出雲と大村工!24日は9地区で甲子園出場校決定!【夏の大会特集2016】
花咲徳栄vs東海大甲府【2016年春の大会 第68回春季関東地区高等学校野球大会】
創志学園vs東海大甲府【第88回選抜高等学校野球大会】
第379回 東海大学付属甲府高等学校 菊地 大輝投手「努力した姿を結果で証明したい」 【2016年インタビュー】
木更津総合vs東海大甲府【2015年秋の大会 第68回(平成27年度)秋季関東地区高等学校野球大会】
東海大甲府vs霞ヶ浦【2015年秋の大会 第68回(平成27年度)秋季関東地区高等学校野球大会】
東海大甲府vs春日部共栄【2015年秋の大会 第68回(平成27年度)秋季関東地区高等学校野球大会】
第12回 第96回全国高校野球選手権大会 1~3回戦を振り返る 【2014年選手権大会】
第9回 第96回全国高校野球選手権大会 1・2回戦展望 【2014年選手権大会】
第92回 東海大学甲府高等学校 高橋周平選手 【2012年インタビュー】
神原 友(東海大甲府) 【選手名鑑】
高橋 周平(東海大甲府) 【選手名鑑】
東海大甲府 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

鷲崎文彦
鷲崎 文彦
  • 生年月日:1975年
  • 出身地:東京都
  • ■ 小学3年から野球を始め、高校では硬式、大学では準硬式で野球を続ける。大学卒業翌年にはOBが務めるのが慣習だったこともあり、準硬式野球部の監督を経験。以後、フリーライターとして週刊誌、月刊誌、ムック本などでスポーツを中心とした取材、執筆活動を展開。
  • ■ 理系出身であることを生かして「図解雑学 野球の科学」(ナツメ社)の製作に携わるなど、あらゆる角度からスポーツにアプローチし続けている。昨年、小関順二氏、氏原英明氏とともに「検証 甲子園2009」(講談社)を刊行。「高校野球ドットコム」では安福一貴の「塁間マネジメント」の構成を担当。書籍からネットと幅広く活躍。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム