第11回 先取り!2013年ドラフト候補特集(高校生編)2012年11月07日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

プロ野球ドラフト会議2013特設サイト

来年2013年は、大谷 翔平花巻東)や藤浪 晋太郎大阪桐蔭)といった「ドラフト1位候補」と呼べる逸材は、この秋の段階では少ないが、現時点でのドラフト候補を紹介していきたい。

来年の中心投手は松井裕樹(桐光学園)!

松井裕樹(桐光学園)

 来年の中心投手は松井 裕樹(桐光学園)だろう。躍動感溢れる投球フォームから145キロ前後の直球、縦に鋭く落ちるスライダー、カーブ、チェンジアップを織り交ぜ、夏の甲子園1回戦の今治西戦では、大会新記録となる22奪三振を奪い、歴史に名を残した逸材だ。間違いなく来年の上位候補に挙がる投手であろう。現時点での課題はストレートのコントロール、クイック、牽制だ。各技術が向上すれば、ドラフト1位候補まで上がってもおかしくない。

 全国から各地域の代表する好投手をピックアップ。
北海道は大型右腕・吉尾 洸佑(駒大苫小牧)の成長に期待がかかる。背番号15ながら全道大会4試合に登板。吉尾は角度ある直球、スプリットを武器に、準々決勝・北見北斗戦で13奪三振を奪う快投を見せた。あと一歩で甲子園を逃した悔しさをバネにどこまで成長出来るか注目したい。

東北では大型右腕・白鳥 翔(一関学院)、砂田 毅樹(明桜)の成長に期待がかかる。

白鳥は、最速139キロの直球、スライダー、チェンジアップを軸にまとめることが出来るのが強み。来年はスケールアップし、高卒プロを狙えるパフォーマンスを披露できるか。砂田は左投手特有のクロスファイヤーが武器の本格派左腕。既に速球の最速は140キロを超える。

関東では、松山 太志(習志野)。1年夏から4番を打ち県内屈指の長打力を持つスラッガーとして注目され、この秋から投手を務め、関東へ導いた。最速140キロを超える直球を武器にする本格派右腕で、夏までレベルアップを遂げていけるか。

最速143キロ右腕・小又 圭甫(千葉英和)、馬力ならば千葉県NO.1の140キロ右腕・林 雅啓千葉商大付)、1年春から関東大会のマウンドに登り、実績抜群の本格派左腕・岩崎 巧(前橋商)もスカウトから大きく注目を浴びる逸材。

最速142キロ右腕・山口 瑠偉(浦和学院)は、角度のある直球を武器にする。

 立川 慎(湘南学院)は140キロ右腕。熊谷 拓也(平塚学園)は横浜桐光学園を破った実力派右腕。神奈川ではこの2人の成長に期待がかかる。

谷岡 竜平(成立学園)

 東京都では伸びのある直球を武器にする中村 祐太(関東一)は投球の総合力を高め、上位候補に名乗りあがりたい。

最速144キロ右腕・谷岡 竜平(成立学園)は投球のスケールアップを。最速139キロながら、スライダー、ツーシーム、チェンジアップを巧みに投げ分ける投球を得意とする内野 聖士郎(創価)はスピードだけではなく、打ち難さを意識した実戦派右腕に成長してほしい。。

 東海地区から鈴木 翔太(聖隷クリストファー)に期待がかかる。 まだ細身ながら、しなやかな腕の振りから振り下ろす角度ある直球、スライダーを武器にする本格派右腕で、来春、以降の成長に注目してみたい。 愛知では東邦の石田 健人 マルク三倉 進の二枚看板にチェック。石田は181センチの長身から最速140キロ前後を投げ込む本格派右腕。三倉は登板機会が少ないが、最速143キロの直球を武器にする左腕。三倉は打力もあり、投打で注目したい逸材。1年秋に150キロを計測した浦嶌 颯太(菰野)は主に控え投手だったが、素質は抜群なだけに春先に復活すれば、再びドラフト候補として注目されるだろう。

 北信越地区では、福井県の岸本 淳希(敦賀気比)、中村 文英(福井商)の2人が筆頭だろう。岸本は右サイドから140キロ台の直球、スライダーを武器にする。中村は140キロ前後の直球に、スライダー、チェンジアップ、ツーシームを淡々と投げ分ける右腕。石川では最速143キロ右腕・北濱 俊介(金沢桜ヶ丘)の成長にも期待してみたい。

藤岡大士(桜宮)

 近畿地区は逸材揃い。大阪では最速143キロ左腕・平田 将(大阪産大附)、最速143キロ右腕・藤岡 大士(桜宮)、140キロ近くまで速くなった技巧派左腕・東野 龍二(履正社)、兵庫では185センチの長身から最速145キロを計測する中辻 神司(三田松聖)、144キロ右腕・乾 陽平(報徳学園)、和歌山から最速140キロながら、縦のカーブを武器として、実戦力が高い投球を披露する吉川 雄大(智辯和歌山)、最速146キロ右腕・三好 太生(高野山)と逸材が多く、来年の近畿はかなり熱い地区になっていくだろう。

 中国地区では児山 祐斗(関西)に注目が集まる。出所が見難い投球フォームから振り下ろす直球は130キロ後半だが、キレのあるスライダー、シュートをコーナーへ投げ分ける左腕。コントロールも良く、ひと冬の成長次第ではドラフト候補に名乗り挙がる可能性を持った逸材。島根から最速145キロの本格派右腕・増本 凌也松江商)の成長に期待がかかる。

 四国地区では最速142キロ右腕・津村 祐一郎(高知商)、大型左腕・小方 聖稀(明徳義塾)の2人がドラフト候補だ。

 九州地区では188センチの大型左腕・甲斐 翼(宮崎日大)が一番の注目株。武田 翔太(現ソフトバンク)に続く高卒プロ入りはなるか。大阪桐蔭戦で好投を見せた大竹 耕太郎(済々黌)は来年までに球速、球威面で成長を見せれば、ドラフト候補に名乗り挙がりそうだ。


このページのトップへ

【次のページ】 先取り!2013年ドラフト候補特集(高校生編)(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第14回 「プロの世界、誰が成功するかはわからない!」芸人・吉村卓也がドラフト会議2017を振り返る【お笑い芸人・吉村卓也連載コラム!スターを見つけ出せ!】
第137回 西武から3位指名!伊藤翔(徳島インディゴソックス・投手)仮契約 「徳島インディゴソックスの1年」を強みに「徳島県民が自慢できる」存在に!【ドラフト特集】
第609回 池田 陽佑(智辯和歌山)「新戦力登場!目指すは2年夏までに145キロ」 【2017年インタビュー】
第607回 根尾昂(大阪桐蔭)「近畿では二刀流として大暴れ!初舞台の神宮でも強烈な印象を残す」 【2017年インタビュー】
第607回 川畑大地(乙訓)「チームの精神的支柱。初の近畿大会4強で得たもの」 【2017年インタビュー】
第605回 安田尚憲(履正社)のホームラン論「正解論はない。ただ強く振ることは大前提」【後編】 【2017年インタビュー】
第133回 園部、宮路、菊地...指名漏れとなった逸材たち【ドラフト特集】
第604回 西巻 賢二(仙台育英)「宮城での6年間は最高だった。憧れるような選手になりたい」 【2017年インタビュー】
第131回 【小関順二のドラフト指名予想】広島東洋カープ編 「黄金時代へ 需要に合ったドラフト戦略を」【ドラフト特集】
第129回 【小関順二のドラフト指名予想】福岡ソフトバンクホークス編「3、4年先を見据えて!今年も高校生主体の指名か?」【ドラフト特集】
松井 裕樹(桐光学園) 【選手名鑑】
森 友哉(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
渡邉 諒(東海大甲府) 【選手名鑑】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム