第167回 ミレニアム世代のトッププロスペクトたち Vol.11「古谷 拓郎、中村 奎太」2018年07月12日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]古谷拓郎「習志野高、21世紀最高右腕」
[2]中村 奎太(日大三)「一歩ずつ成長を見せた日大三の投打の柱」

 ミレニアム世代の逸材をトッププロスペクト方式で紹介。今回は関東を代表する投手2名を紹介したい。

古谷拓郎「習志野高、21世紀最高右腕」


古谷拓郎(習志野)

 21世紀に入って習志野高校の過去のエースと比較しても、総合力、将来性含めてナンバーワンと呼べる投手が古谷 拓郎ではないだろうか。

 上半身、下半身が連動した投球フォームから繰り出す直球は常時140キロ前後で、最速は143キロと突出した球速はない。だが、迫力のあるストレートは本物で、高校生として球質はトップクラス。さらに縦に割れるカーブ、120キロ中盤のスライダーと変化球の精度もハイレベル。緩急自在で、勝負所で力の出し入れが絶妙で、勝てる投手。まだ細身で、さらに球速が速くなる奥行きもある。魅力がたっぷり詰まった逸材だ。

 鎌ケ谷二中から評判の好投手だった古谷は1年秋の公式戦登板。まだこの時は135キロ前後だったが、2年夏には139キロへスピードアップ。2年秋にはエースとなり、県大会4強まで勝ち進んだが、選抜出場の中央学院と対戦し、エース・大谷 拓海の投げ合いに負けてしまったが、それでも切れのある140キロ前後の速球、縦に割れるカーブの切れの良さを披露し、期待を持たせるピッチングだった。 そして今春、千葉県大会と関東大会で好投。特にピンチの場面の投球は冴えわたり、千葉大会準々決勝の八千代松陰戦では6回裏には、一死三塁のピンチを防ぎ、7回裏には1点を取られた後の一死満塁から140キロを連発し、連続三振にピンチを切り抜け勝利に貢献。

 また関東大会の日大三戦では6回途中からリリーフとしてマウンドに登り、1回三分の二を投げて、2奪三振。関東大会で強打で観衆を沸かせた日大三打線を味方による失策で1点を失ったが、全力で投げこんだ142キロのストレート、習志野の川島のミットを大きく響かせ、迫力十分のストレートであった。

 リリーフとして140キロ台を当たり前に出せるレベルとなっている。あとは先発でも140キロ前半のストレートを継続して投げられるスタミナが身につけば、さらに可能性は広がりそう。

 2011年夏の甲子園ベスト8からはや7年。千葉大会で3度決勝に進出するも、いずれも準優勝に終わっている習志野にとって今年は大チャンス。「習志野高、21世紀最高右腕」として甲子園出場をつかんで見せる。

【次のページ】 中村 奎太(日大三)「一歩ずつ成長を見せた日大三の投打の柱」

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
八王子vs早稲田実業【東京都 2018年夏の大会 第100回選手権西東京大会】
日大三vs都立豊多摩【東京都 2018年夏の大会 第100回選手権西東京大会】
第731回 関東最速右腕・勝又温史「試行錯誤が生んだ150キロ。夏は3年間の集大成を」【後編】 【2018年インタビュー】
早稲田実業vs早大学院【東京都 2018年夏の大会 第100回選手権西東京大会】
日大三vs都立杉並【東京都 2018年夏の大会 第100回選手権西東京大会】
第733回 【三重展望】後編 強打の津田学園、全国トップクラスの投手陣を誇る菰野が頂点を狙う【大会展望・総括コラム】
第731回 【三重展望】前編 春の王者・いなべ総合は今年も盤石か。三重は初戦から強敵と激突!!【大会展望・総括コラム】
第22回 世界のホームランキング・王貞治の知られざる高校時代を紐解く!【高校野球ヒストリー】
第12回 応援される部として選手たちを盛り上げられるように! 中央学院(千葉)吹奏楽部【高校野球×ブラバン特集】
第164回 ミレニアム世代のトッププロスペクトたち Vol.8「川畑大地、日置航」【ドラフト特集】
第719回 2018年の都立の星・吉岡桃汰(東大和南)「ドクターKの始まり」【前編】 【2018年インタビュー】
第718回 関東最速右腕・勝又温史 「未熟さを知った2年秋」【前編】 【2018年インタビュー】
健大高崎vs日大三【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
第693回 日大三 投打の柱・中村奎太!勝利への執着心をもって夏に臨む! 【2018年インタビュー】
第692回 日大三主将・日置航!7年ぶり全国制覇を目指してチームを引っ張る! 【2018年インタビュー】
古谷 拓郎(習志野) 【選手名鑑】
中央学院 【高校別データ】
習志野 【高校別データ】
日大三 【高校別データ】
八千代松陰 【高校別データ】
早稲田実業 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム