第153回 今年もジャイアンツカップ優勝経験者に注目。山下・太田・大石のドラフト候補トリオが見逃せない2018年06月07日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

今年もジャイアンツカップ優勝経験者が見逃せない!!



左から山下航汰(健大高崎) 太田 椋(天理) 大石 晨慈(大石 晨慈)

 近年の高校野球では、ジャイアンツカップ優勝経験者がいるチームが好成績を残す、もしくはその選手がプロ入りを果たしており、密かに話題になっている。振り返れば、2012年優勝の湘南クラブには小笠原 慎之介東海大相模-中日)、2013年優勝の枚方ボーイズには九鬼 隆平松尾 大河とともにプロ入りした秀岳館コンビ、2014年優勝の佐倉シニアにはプロ入りした金久保 優斗(東京ヤクルト)。そして2015年ジャイアンツカップ優勝の羽曳野ボーイズにもドラフト候補が揃っていた。

 高校通算71本塁打のスラッガー・山下 航汰健大高崎)、高校生屈指のショート・太田 椋(天理)、大石 晨慈近大附)。いずれも羽曳野ボーイズ出身だ。

 山下は羽曳野ボーイズ時代からスラッガーとして活躍。その後、健大高崎に進学し、2年春の選抜で2本の満塁本塁打を記録。その後、2年夏の群馬大会では大会記録となる5試合連続本塁打。そして3年生になり、関東大会決勝で高校通算71本塁打を放ち、大きく評価を高めた。

 太田は主力選手として活躍し、大石とともにU-15 アジアチャレンジマッチに出場。この大会では決勝戦のチャイニーズタイペイ戦で8番ショートとして出場し優勝に貢献した。太田は高校に入ってから攻守ともに大きく成長。2年夏の奈良大会では打率.400と結果を残し、初の甲子園出場。甲子園ではベスト4入りし、高校生離れした守備力を披露した。今年は主将に就任し、課題としていた打撃に磨きをかけ、春の奈良県大会で高校通算25号を放ち、順調に成長を見せている。

 大石は羽曳野ボーイズのエースとしてジャイアンツカップ決勝戦で1失点完投勝利を挙げ優勝に貢献。U-15 アジアチャレンジマッチでは、決勝戦のチャイニーズ・タイペイ戦で9回を締め、優勝に貢献した。近大附に入学後は1年夏から背番号「1」を背負い、2年秋にエースとして大阪3位で近畿大会に導く快投を見せ、近畿大会でも1勝を上げた。昨年12月には大阪桐蔭ナインとともに大阪選抜にも選出された。この春は未登板に終わったが、夏へ向けてどんな進化を見せるのか楽しみだ。

 3人はいずれも順調に成長を見せており、ドラフト候補へ成長した。最後の夏は過去最高のパフォーマンスを見せてくれることを楽しみにしたい。

文=河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第729回 奈良展望 天理・智辯学園は再戦が実現するのか?高田商ブロックは最激戦区!!【大会展望・総括コラム】
第712回 南大阪展望 実力校が散らばり、盛り上がるのは4回戦以降か【大会展望・総括コラム】
第710回 侍ジャパンU-18代表 一次候補30名を徹底考察!【野手編】【大会展望・総括コラム】
第499回 近大附「大阪野球の怖さを熟知し、夏へ向かう」【後編】【野球部訪問】
第498回 近大附(大阪)【前編】「エース頼みのチーム脱却へ 自ら動いた選手たち」【野球部訪問】
健大高崎vs日大三【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
健大高崎vs浦和学院【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
健大高崎vs木更津総合【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
健大高崎vs東海大甲府【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
健大高崎vs前橋商【群馬県 2018年春の大会 群馬県春季大会】
第539回 小野大夏(健大高崎)「先発でも力で押せる投手になりたい」 【2017年インタビュー】
第208回 【侍ジャパン18U代表】高崎健康福祉大学高崎高等学校 脇本 直人選手 【2014年インタビュー】
第15回 甲子園総括コラム~意図がある前進守備~ 【2014年選手権大会】
第12回 第96回全国高校野球選手権大会 1~3回戦を振り返る 【2014年選手権大会】
第9回 第96回全国高校野球選手権大会 1・2回戦展望 【2014年選手権大会】
山下 航汰(健大高崎) 【選手名鑑】
近大附 【高校別データ】
健大高崎 【高校別データ】
天理 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム