第135回 2017年のドラフトの指名選手の出身校で最も多いのはあの3チーム!2017年10月28日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

左から西巻賢二選手、田中俊太選手、西川愛也選手。田中選手の写真は高校時代

 2017年のドラフト会議は清宮 幸太郎の7球団の競合もあり、大きく盛り上がったドラフトとなった。今回も指名選手の出身高校の調べて、どの学校が多く輩出しているのか、洗い出してみた。一番多く輩出している学校は花咲徳栄東海大相模仙台育英の3校はプロの世界へ3名輩出していた。

花咲徳栄
清水 達也西川 愛也楠本 泰史(東北福祉大)
の3人が指名された。花咲徳栄は、一昨年1名、昨年は2名、今年は3名と、計6人をプロの世界に輩出している。来年はスラッガー・野村 佑希も、志望届けを出せば指名される可能性は高く、4年間で7名は確定的。花咲徳栄は、まさに上昇気流を迎えている学校であるが、勝つことにも徹底しているが、個人の味を消さず、ポテンシャルを伸ばすことにもたけたチーム。現代の野球人に合った指導がなされており、甲子園にも、プロにも行きたい選手は今後集まりそうだ。

東海大相模
大城 卓三(NTT西日本)、田中 俊太(日立製作所)、菅野 剛士(日立製作所)
高校からの即プロはいなかったが、社会人でプレーしている3人が指名されたが、大城は、2010年夏甲子園準優勝。一二三 慎太とバッテリーを組んだキャッチャーだ。そして、田中 俊太田中 広輔の弟。兄弟でプレーすることになる。菅野は2011年春優勝のメンバー。明大では、六大学最多の二塁打を達成、社会人では都市対抗で若獅子賞を受賞するなど、社会人屈指のバッターとして活躍を見せた。2010年‐2011年の東海大相模の優勝メンバーは、育成枠を含め、5人がプロ入り。改めて強く、選手の力量も高いチームだった。花咲徳栄と比べると、一二三以外は野手。攻守ともに厳しく叩き込まれ、完成度の高い野手が多い。プロではどういう成長曲線を描くのか、楽しみだ。

仙台育英
馬場 皐輔熊谷 敬宥西巻 賢二
155キロ右腕の馬場が阪神1位指名、高校、大学で日本代表となった熊谷が阪神3位指名。2人は高校時代、春夏甲子園出場しており、大学を経て、再びプロではチームメイトとして戦うこととなったのだ。2人は上林 誠知と同期。改めて優秀な世代だった。仙台育英は奇数年の年にプロ選手が生まれる傾向があり、2007年、佐藤由規、2010年には佐藤 貴規、木村がプロ入りしたが、それ以降は前述した上林世代、2015年の平沢 大河佐藤 世那、そして今年はU-18代表の西巻 賢二が楽天から指名を受けた。これはなかなか面白い傾向で、奇数年の仙台育英は見逃せない。

 以上だが、2名指名されているのは、履正社広陵桐蔭学園秀岳館星稜の5チームだった。広陵は、毎年のように高校、もしくは大学・社会人でプレーする選手が指名されるが、広陵は生活面の指導を徹底する。広陵出身の選手を取材すると、意識の高さを随所に感じられる。そういうところが、大学・社会人でプレーできるきっかけとなっているだろう。またプロ輩出するチームといえば、大阪桐蔭。今年も山足 達也が指名された。来年は根尾 昂を中心に逸材がそろい、多数の指名が予想され、また全国優勝した世代が最上級生を迎える。またここからプロ入り選手が生まれるのか。来年はどの出身校が多くなるのか、注目したい。

注目記事
プロ野球ドラフト会議2017特設サイト

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第716回 羽田野 温生(汎愛)打倒・大阪桐蔭に燃える公立の本格派右腕 【2018年インタビュー】
第86回 明徳義塾の一校独走を阻止すべく、高知と復活の兆しの土佐が食い下がれるか【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第702回 【北神奈川展望】北神奈川は序盤から好カードが続出!各ブロックの見どころを紹介!【大会展望・総括コラム】
第154回 野村佑希、井上朋也の花咲徳栄の強打者コンビで思い出すあのコンビとは?【ドラフト特集】
第76回 広陵が独走気味になってきたが、広島新庄と如水館、瀬戸内などが追う【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第494回 仙台二(宮城)データ野球で半歩でもリードを奪い、強豪私学相手に打ち勝つ!【野球部訪問】
常総学院vs東海大相模【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
東海大相模vs花咲徳栄【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
花咲徳栄vs専大松戸【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
関大北陽vs近大泉州【大阪府 2018年春の大会 春季近畿地区高校野球大会大阪府予選】
浦和学院vs花咲徳栄【埼玉県 2018年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会】
第660回 奥川 恭伸(星稜)「全国・世界の頂への第一歩」 【2018年インタビュー】
第635回 野村佑希(花咲徳栄2年・外野手&投手)夏・甲子園連覇と夢実現へ。常に高い目線で【後編】 【2018年インタビュー】
第634回 野村佑希(花咲徳栄2年・外野手&投手)長所を開花させた1年冬の練習【前編】 【2018年インタビュー】
第605回 安田尚憲(履正社)のホームラン論「正解論はない。ただ強く振ることは大前提」【後編】 【2017年インタビュー】
秀岳館 【高校別データ】
星稜 【高校別データ】
仙台育英 【高校別データ】
東海大相模 【高校別データ】
花咲徳栄 【高校別データ】
履正社 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム