第102回 清宮幸太郎が歴史に残るスラッガーになるにはしっかりとした準備期間が必要だ2017年09月12日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

 第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップ一番の注目は清宮 幸太郎のパフォーマンスだった。清宮にとってプロ、大学で使用する木製バットを使った真剣勝負を臨める良い機会。清宮がプロ1年目からどのくらいの数字を残すのか?それが想像できる良い大会だった。結果は、41打数7安打 2本塁打6打点 打率.219と悔しい結果に終わった。ここからは清宮が高卒プロ入りした前提で話を進めるが、これまでの実績をすべてリセットして、一から取り組むべき選手だと実感した。


清宮幸太郎(早稲田実業)


南アフリカ戦の本塁打シーン

 周囲が期待しているのは、松井 秀喜、清原和博級の活躍だろう。2人とも高卒1年目から二桁本塁打を放ったが、清宮もそれができるかというと現時点では厳しい。ただ、将来的にはそのクラスまで成長できる可能性は秘めているが、高卒1年目からそのハードルを設けるのは本人のためにならないように感じた。

 なぜ厳しいのを感じたのかを説明すると、140キロ~145キロ級のストレートに対応ができていないということだ。清宮は力のある投手に対し、力負けするバッティングが目立った。海外の打者を見ると、145キロ前後の速球に対し、振り遅れせず打てる打者が実に多い。その選手たちを見ると振り遅れをしない待ち方、スイングスピードを持っている。清宮がそれができないのかというと、できる可能性を持った打者である。


カナダ戦の本塁打シーン

 ホームランを打った打席を振り返ると、まず南アフリカ戦は、112キロのスライダーを引っ張ったホームラン。カナダ戦のホームランは131キロのストレートを打ったバックスクリーン弾。変化球には合わせるのが上手い選手だが、まだ140キロを超える速球に対してジャストミートして本塁打にすることはできていない。そうなると、清宮が取り組む課題は、140キロ以上の速球をしっかりとコンタクトして、本塁打にできるか?が課題となる。切れの良い変化球の対応は次のステップになる。

 今回の打撃不振。これは実戦不足に尽きる。打撃結果を見ると、木製バットに適応できていなかったという考えになってしまうが、清宮の場合、普段の打撃練習では代表選手の中で最も本塁打を打っている選手で木製バットには対応をしている。しかし打撃練習と実戦は別物。実戦での備えが足りなかったといえる。これは代表入りして、約10日間余りで本番に入ってしまう準備期間の少なさから考えれば致し方ないといえるだろう。


韓国戦の打撃シーン
140キロ台の速球に負けていた

 つまりU-18の例を見れば、清宮がプロに進んだ場合、順応するまで多くの実戦機会を積む必要がある。145キロ前後も打てる、変化球にも対応できる、安定して自分の打撃フォームで打てる。その段階になってからこれまでのスラッガーの成績と比較してよい段階に入るのではないだろうか。清宮はしっかりとした準備期間があれば、想像を超える速度で、進化を見せてくれるのではという期待感はある。

 清宮も、「自分も実力が足りないものが多くあり、悔しさを多く得られました」とかなり悔しがっている様子。その悔しさが今後の練習へのモチベーションになることだろう。

 清宮がプロを選択した場合、ぜひその球団のファンは焦ることなく、多くを求めすぎず、地道にスターの階段を昇る清宮を見守ってほしい。

(文=河嶋 宗一

注目記事
第28回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ 特設サイト

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第614回 U-18では堀劇場でアジア制覇に貢献した堀瑞輝!トップチームでは初登板初勝利!【大会展望・総括コラム】
第612回 6年前のアジア制覇に貢献した4割打者・近藤健介(北海道日本ハムファイターズ)【大会展望・総括コラム】
第612回 稲葉二世・上林誠知、U-18での悔しさを糧に、トップチームで躍動!【大会展望・総括コラム】
国士舘vs早稲田実業【東京都 2017年秋の大会 東京都大会】
早稲田実業vs関東一【東京都 2017年秋の大会 東京都大会】
第128回 今年の高校生野手はビッグ4に注目だ!4人に続く好野手は?【ドラフト特集】
第129回 【小関順二のドラフト指名予想】福岡ソフトバンクホークス編「3、4年先を見据えて!今年も高校生主体の指名か?」【ドラフト特集】
早稲田実業vs東京実【東京都 2017年秋の大会 東京都大会】
第583回 清宮幸太郎(早稲田実業)が打ち明けたプロ志望のきっかけ、未来像、理想の野球選手像 【2017年インタビュー】
早稲田実業vs日大鶴ヶ丘【東京都 2017年秋の大会 東京都大会 一次予選】
第580回 磯村峻平(中京大中京)「世界大会の好投でつかんだ自信」 【2017年インタビュー】
第578回 増田珠(横浜)「次はトップチームで侍ジャパンのユニフォームに袖を通すことができる選手に」 【2017年インタビュー】
第577回 清宮幸太郎(早稲田実業)「次のカナダ戦は高校最後の真剣勝負!力を出し尽くしたい」 【2017年インタビュー】
第576回 中村 奨成(広陵)「世界一へ、チームに勢いを与える豪打を」 【2017年インタビュー】
城西国際大学vs侍ジャパンU-18代表【第28回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ】
清宮 幸太郎(早稲田実業) 【選手名鑑】
早稲田実業 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム