第88回 秀岳館投手陣が清宮勝負を決断した理由。そして対決して得たものとは?2017年05月15日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

 13日から14日にかけて行われたRKK招待高校野球大会。今年の招待試合の注目は、高校通算92号を打っていた清宮 幸太郎の打撃だろう。実際に八代戦で高校通算93号を放ち、熊本の高校野球ファンを喜ばせる活躍を見せた。ドラフト的に注目なのが、清宮vs田浦 文丸川端 健斗と2人の速球派左腕擁する秀岳館との対決である。試合前から注目度が高かった対決は、3打数1安打2四球の結果となり、秀岳館投手陣が大事な場面で清宮を抑え、勝負に勝った形となった。この対決で秀岳館投手陣を得たものとは何だろうか。

清宮勝負で何を得たのか?


川端健斗投手(秀岳館)

 先発の川端はこの対決について「楽しみにしていた」とコメント。1回表、二死の場面で実現した対決では、最速144キロを計測したストレートを中心に投げ込んだが、コースがわずかに外れて四球。この投球の意図について川端は、「打席に立った瞬間、甘く入ったところは打たれるのはわかっていたので、緩い変化球は投げず、力のあるストレートでコーナーへ投げることにしました」と清宮に対しての攻め方を明かしてくれた。

 第2打席は3回一死の場面で回った。141キロのストレートを捉えられ、右前安打。「コースはそれほど悪いコースではなかったのですが、一瞬に振り抜いて、一瞬でヒットゾーンに飛んでいきましたので、改めて凄い打者であることが分かりました」と清宮の凄さを実感していた。第3打席は5回表、二死一、二塁の場面で打席が回った。打席前、秀岳館バッテリーは話し合いを行った後、清宮勝負。これも慎重な攻めに徹し、四球。続く野村 大樹を三振に切り抜け、川端はストレートとキレのあるスライダーをコーナーへ投げ分けながら、5回7奪三振無失点の投球でマウンドを降りた。だが、川端は今日の投球については満足していない。
「球数(97)も多かったですし、僕はストレート、スライダーのどちらかの調子が良いボールを中心に投げ込むのですが、どっちも良くなくて、悪いなりに無失点に抑えられたのは良かったです。ただ自分のボールには納得がいっていないので、次はベストな状態で早稲田実業と対戦したいです」
もし次当たるとなれば夏の甲子園である。次、甲子園で当たった時は?と聞かれると、
「ストレートで三振を奪いたいです」と三振奪取を誓った。清宮の凄さを実感しながら、冷静に清宮との勝負に徹した川端。これこそ清宮斬りのヒントかもしれない。

【次のページ】 秀岳館投手陣が清宮勝負を決断した理由。そして対決して得たものとは?(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第572回 U-18代表20名を徹底考察!起用法・オーダーも考案!【大会展望・総括コラム】
第569回 高校野球ドットコムが選ぶU-18代表 精鋭20人を発表!【大会展望・総括コラム】
広陵vs秀岳館【第99回全国高等学校野球選手権大会】
第11回 日本一への道半ば、勇退の名将たちの「最後の表情」【夏の大会特集2017】
第567回 2回戦最後の3試合はすべて好カード!甲子園9日目3試合の見どころをチェック!【大会展望・総括コラム】
秀岳館vs横浜【第99回全国高等学校野球選手権大会】
第8回 「大井監督と甲子園へ、そして全国制覇へ」日本文理(新潟)の戦力を徹底分析【夏の大会特集2017】
東海大菅生vs早稲田実業【東京都 2017年夏の大会 第99回選手権西東京大会】
早稲田実業vs八王子【東京都 2017年夏の大会 第99回選手権西東京大会】
早稲田実業vs日本学園【東京都 2017年夏の大会 第99回選手権西東京大会】
第559回 櫻井 周斗(日大三)「苦しみを乗り越えた先に 甲子園出場が待っている」 【2017年インタビュー】
第558回 小玉 佳吾(東海大菅生)「自分が打って、抑えて、東海大菅生の名を轟かせたい」 【2017年インタビュー】
第557回 田浦 文丸(秀岳館)「投手があるから打撃も生きる!」 【2017年インタビュー】
第530回 野村大樹の進化が止まらない! 【2017年インタビュー】
第511回 熊本工業高等学校 山口 翔選手「フォームと速球のこだわりは誰にも負けない」 【2017年インタビュー】
川端 健斗(秀岳館) 【選手名鑑】
清宮 幸太郎(早稲田実業) 【選手名鑑】
田浦 文丸(秀岳館) 【選手名鑑】
秀岳館 【高校別データ】
早稲田実業 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム