第83回 今年の選抜出場選手をドラフト的観点で評価!投打のトップクラスはこの選手たちだ!2017年04月16日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]140キロ超え投手の中からドラフト的に魅力なのはこの4人!
[2]今年のドラフトの主役である清宮、安田の魅力とは?
[3]ベストナインも発表!

 センバツの楽しみ方は、選手たちをドラフト的な観点で見て評価することにある。今回はスポーツライター・小関 順二氏に、今年の第89回センバツ大会の出場選手からドラフト的に総括していただいた。

140キロ超え投手の中からドラフト的に魅力なのはこの4人!


三浦銀二投手(福岡大大濠)

 第89回センバツ大会をドラフト目線で見直してみたい。
 投手で140キロを超えたのは26人。この中で、ドラフト目線で見て私が魅力的だと思ったのは次の4人だ。
 148キロ 川端 健斗秀岳館・左左)175/70
 146キロ 三浦 銀二福岡大大濠・右右)175/75
 145キロ 徳山 壮磨大阪桐蔭・右右)183/73
 142キロ 櫻井 周斗日大三・左左)177/81

 三浦は延長15回、1対1の引き分け再試合となった滋賀学園戦のピッチングが光った。前々日に15回投げた疲労残りのためか1、2回は外角にかわす姿が目立ったが、1点ずつ取られた反省もあったのだろう、3回からは一転して攻撃的なピッチングに変わった。9回投げ、四球1、死球2の内訳に、内角攻めの意欲が垣間見える。

 変化球はカーブ、スライダー、チェンジアップがあり、ストレートにも±10キロ程度の緩急をつけバリエーションをもたせていた。2日前に延長15回、196球投げながら、2日後の再試合で130球投げた9回完投。ストレートは最速146キロから142キロに減速したが、この142キロを7回に投げるスタミナにも驚かされた。

 内角を攻める攻撃的精神とそれを可能にする制球力、さらに3日間で326球投げるスタミナなど三浦の魅力は多いが、最もいいと思うのは投球フォーム。早く開かない左肩、投げにいくときのヒジの高さ、球持ちのよさ、下半身主導の流れ……等々、美点は数多く、それがあるから過酷な投球数にもかかわらずきれいな球筋の直曲球を投げられるのだと思った。

 左腕、櫻井は昨秋の東京大会決勝早稲田実業戦で左打者の清宮 幸太郎を5打席連続三振に仕留めて話題になった。そのときの結果球がすべてスライダーだったので変化球投手の扱いを受けているが、最速144キロ(センバツでは142キロ)のストレートには力強さがあり、スライダー勝負を行う際の重要な伏線になっている。

 スライダーのキレはドラフト候補の名に恥じない。1回戦履正社戦で記録した13奪三振のうちスライダーが結果球だったのが10個(チェンジアップ2、ストレート1)あり、清宮と並び称される超高校級スラッガー、左打者の安田 尚憲からは3打席連続、4番で右打者の若林 将平からは4打席連続で三振を奪い、この7三振のうち結果球がスライダーだったのは6個もある。

 縦、斜め、さらに大、小2種類をカウントや局面によって使い分け、左右に関係なく強打者ほど手玉に取る姿や右肩上りの投球フォームから、往年の広島のエース、川口 和久を思い出す人もいるだろう。

 この櫻井より川端は右肩上りのフォームで投げる。それが魅力として映るのはリリースのときボールをしっかり押さえ込めていて、ストレートが低めに伸びるからだ。それでも、ゲーム序盤や終盤には抜け球が目立つ。1回戦高田商戦は2回裏に2四球、2回戦の作新学院戦は代わって2イニング目の8回表に3四球、さらに9回に2四球を出す乱調ぶりだった。

 それが2日後の準々決勝健大高崎戦ではストレートのスピードこそ最速141キロに落ちたが真縦に落下してくるキレ味抜群のスライダーとカーブが決まり、13奪三振、2失点に抑え完投した。準決勝大阪桐蔭戦でも好調は続き、8回1死二塁からリリーフ登板し、計6人の打者を相手に4奪三振の快投を演じた。175センチ、70キロという線の細い体形はプロ好みがするとは言い難いが、高角度から落ち込んでくるスライダー、カーブのブレない球筋、さらに左腕という希少性にプロが食指を伸ばさないはずがない。

 優勝投手の徳山は昨年から最も変貌を遂げた選手ではないだろうか。「ストレートがそこそこ速い直線的なピッチャー」というのが昨年までの印象。それがこの大会で「超高校級」まで駆け上がってしまった。

 内外のコーナーワークにすぐれ、とくに外角低めのコントロールは抜群。変化球は105キロ程度で斜め変化するカーブに、横変化のスライダーが主体で、130キロ前後で鋭く小さく落ちるフォークボールがあるが、履正社の主砲、安田にはストレート主体で挑み、3打数1安打(1四球)と互角の勝負を演じた。「ドラフト上位候補」と言っていいと思う。

【次のページ】 今年のドラフトの主役である清宮、安田の魅力とは?

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第128回 今年の高校生野手はビッグ4に注目だ!4人に続く好野手は?【ドラフト特集】
第129回 【小関順二のドラフト指名予想】福岡ソフトバンクホークス編「3、4年先を見据えて!今年も高校生主体の指名か?」【ドラフト特集】
第126回 【小関順二のドラフト指名予想】横浜DeNAベイスターズ編 「チーム内で化学反応を起こすような指名を」【ドラフト特集】
第124回 【2017年ドラフト】 高校通算65本塁打!安田尚憲の3年間を振り返る!【ドラフト特集】
第122回 【小関順二のドラフト指名予想】東北楽天ゴールデンイーグルス編 「ドラフト1位の筆頭候補はスラッガータイプ」【ドラフト特集】
大阪桐蔭vs履正社【大阪府 2017年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
第585回 宮本 丈(履正社ー奈良学園大)「周りに左右されず、自分のやるべきことを積み重ねるだけ」 【2017年インタビュー】
大阪桐蔭vs近大附【大阪府 2017年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
広陵vs大阪桐蔭【2017年 第72回国民体育大会 愛顔つなぐえひめ国体2017】
早稲田実業vs東京実【東京都 2017年秋の大会 東京都大会】
大阪桐蔭vs津田学園【2017年 第72回国民体育大会 愛顔つなぐえひめ国体2017】
第583回 清宮幸太郎(早稲田実業)が打ち明けたプロ志望のきっかけ、未来像、理想の野球選手像 【2017年インタビュー】
第577回 清宮幸太郎(早稲田実業)「次のカナダ戦は高校最後の真剣勝負!力を出し尽くしたい」 【2017年インタビュー】
第575回 櫻井周斗(日大三)「強打の二刀流が誓った2つの決意」 【2017年インタビュー】
第574回 安田 尚憲(履正社)「打撃の求道者、あくなき追求が劇的勝利を呼び込む」 【2017年インタビュー】
金久保 優斗(東海大市原望洋) 【選手名鑑】
川端 健斗(秀岳館) 【選手名鑑】
清宮 幸太郎(早稲田実業) 【選手名鑑】
古賀 悠斗(福岡大大濠) 【選手名鑑】
櫻井 周斗(日大三) 【選手名鑑】
徳山 壮磨(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
野村 大樹(早稲田実業) 【選手名鑑】
三浦 銀二(福岡大大濠) 【選手名鑑】
安田 尚憲(履正社) 【選手名鑑】
大阪桐蔭 【高校別データ】
履正社 【高校別データ】
早稲田実業 【高校別データ】

プロフィール

小関 順二
小関 順二
  • 出身地:神奈川県横須賀市生まれ。
  • ■ プロ野球のドラフト(新人補強)戦略の重要性に初めて着目し、野球メディアに「ドラフト」というカテゴリーを確立した。ストップウオッチを使った打者走者の各塁走塁、捕手の二塁スローイングなど各種タイムを紹介したのも初めてで、現在は当たり前のように各種メディアで「1.8秒台の強肩捕手」、「一塁到達3.9秒台の俊足」という表現が使われている。
  • ■ 主な著書に『プロ野球問題だらけの12球団』(年度版・草思社)、『プロ野球スカウティング・レポート』(年度版・廣済堂あかつき)、『ドラフト物語』(廣済堂あかつき)、『野球力』(講談社+α新書)、『プロ野球サムライたち』(文春新書)などがある。
  • ベースボールファン(有料コラム)では、「野球を歩く」を寄稿、野球ファン必見の野球歴史コラムを配信している。 
  • 小関順二公式ブログ

ベースボールファン
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム