第71回 田中正義、佐々木千隼のように大学4年間で大化けできる!2016年10月24日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]5球団競合の田中正義も、佐々木千隼も高校時代は野手がメインだった
[2]食トレで変身した濱口遥大、中尾輝

5球団競合の田中正義も、佐々木千隼も高校時代は野手がメインだった

田中 正義(創価大)

 今年のドラフトを見ても多くの大学生、社会人の選手が指名されている。その選手たちが高校時代からスター選手だったか、大学を経由してプロ入りが約束されていたかといえば、そうではない。全くの無名の選手、そして好選手だったけど、4年間で一気にドラフト上位指名選手にまで上り詰めた選手たちが非常に多い。そんな逸材たちを紹介していきたいと思う。

 まず最初に紹介するのは5球団の競合の田中 正義。最速156キロのストレートとフォークで圧倒する剛速球右腕。まさに将来の大エース候補として期待される。

 高校時代を振り返ると、投手専門ではなかった。1年夏には公式戦の先発を任されるなど将来を嘱望される存在だったが、そこから肩のケガもあり、ようやく復帰した後はセンターで出場。高校時代は主将として夏に臨んだ。最後の夏になって投手として復帰したが、まだこの時、プロにいける投手ではなかった。

 その田中が大化けしたのは、大学時代から。投手育成に定評のある創価大の投手指導により恵まれた素質を開花させた田中は、わずか1年で、最速153キロのストレートを投げる剛腕までに成長した。

 また外れ1位ながら5球団が競合した佐々木 千隼も、高校時代は野手として通算30本塁打以上を打つスラッガーで、投手としては140キロ超え。本人もまさかここまでの選手になるとは想像していなかったという。

 それでも高校時代から自ら考えて取り組む姿勢があった佐々木は、桜美林大に進学したが、一部リーグの打者に全く通用しない時期があり、そこで考え方を学びなおすことに。また桜美林大には当時、桑田 真澄氏が臨時コーチとしてチームに携わっていた時期があり、佐々木は投手としての考えを桑田氏から大きく学んだ。さらにウエイトトレーニングを積極的に行い、肉体改造に取り組んだ。

 ここで球速を大きくアップさせた佐々木は同時期に臨時コーチとしてチームに携わっていた野村 弘樹氏から体の使い方などを学び、劇的に進化を遂げた。佐々木にとって、2人の元プロ選手の出会いが大きかったが、それをものにできたのは、佐々木には、しっかりと野球に取り組める姿勢があったということ。まずそこが大事だといえる。

【次のページ】 食トレで変身した濱口遥大、中尾輝

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第131回 球児が日本シリーズで印象に残ったシーン・選手とは?!【出動!球児に聞き隊!】【野球総合研究所】
第129回 【小関順二のドラフト指名予想】福岡ソフトバンクホークス編「3、4年先を見据えて!今年も高校生主体の指名か?」【ドラフト特集】
第487回 田中 正義投手(創価高-創価大)「日本一の投手、そして世界一の投手へ」【後編】 【2017年インタビュー】
第486回 田中 正義投手(創価高-創価大)「高校時代の後悔がストイックな自分にさせた」【前編】 【2017年インタビュー】
第451回 佐々木 千隼(都日野-桜美林)「意識改革でドラフト1位投手へ成長!」 【2016年インタビュー】
第69回 加藤拓也、山岡泰輔、佐々木千隼のドラフト1位トリオが球児へアドバイス!【ドラフト特集】
第65回 2016年のドラフトで、最も多く指名を受けた高校は?【ドラフト特集】
第63回 鈴木誠、佐々木千、池田など名だたる逸材が多かった2011年の東京都選抜!【ドラフト特集】
神奈川大附vs横浜平沼【神奈川県 2016年春の大会 神奈川県春季大会 地区予選】
相模原vs神奈川大附【神奈川県 2015年夏の大会 第97回選手権神奈川大会】
第144回 野球解説者 桑田真澄 さん 【2013年インタビュー】
橘学苑vs神奈川大附【神奈川県 2012年夏の大会 第94回選手権神奈川大会】
宇都宮南vs白鴎大足利【栃木県 2011年春の大会 栃木県大会】
向上vs神奈川大付【神奈川県 2010年夏の大会 第92回神奈川大会】
桑田 真澄(PL学園) 【選手名鑑】
佐々木 千隼(都立日野) 【選手名鑑】
田中 正義(創価) 【選手名鑑】
濱口 遥大(三養基) 【選手名鑑】
大井 【高校別データ】
神奈川大附 【高校別データ】
名経大高蔵 【高校別データ】
白鷗大足利 【高校別データ】
大和 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム