第68回 大阪桐蔭・7年連続の高卒指名!高山優希、先輩に続く活躍を!2016年10月22日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

高山 優希 (大阪桐蔭)

 

これで高卒からドラフト指名は7年連続!

 高卒プロ輩出のチームといえば、大阪桐蔭。今年も1人の選手が指名を受けた。高山 優希だ。また大阪桐蔭出身だと、澤田 圭佑(立教大)も指名されている。大阪桐蔭はこれで2010年から7年連続の指名を受けたことになる。これは、すごい確率であり、改めて指名選手を並べると大阪桐蔭のすごさが分かる。

■2010年
江村 直也(千葉ロッテ)
■2011年
西田 直斗(阪神タイガース)
■2012年
藤浪 晋太郎(阪神タイガース)
■2013年
森 友哉(埼玉西武ライオンズ)
岡田 雅利(大阪ガス-埼玉西武ライオンズ)
■2014年
香月 一也(千葉ロッテマリーンズ)
■2015年
青柳 昴樹(横浜DeNAベイスターズ)

  高山優希は、最速150キロのストレートを武器にする剛腕だが、春先に腰を痛め、春季大会ではベンチから外れるなど苦しい日々が続いた。しかし最後の夏には最速146キロまで球速を取り戻し、力のある投球を見せた。

 高山は夏が終わっても精力的に練習を続けており、本気モードになったときは、140キロ後半の速球が投げられるレベルになっているという。
 細身の体型で鋭く腕が振れて、140キロ後半の速球を投げられるところは、同じ日本ハムの吉川 光夫投手を彷彿とさせる。そういう意味で、高山が日本ハムに指名されたのはある意味、幸運だといえる。

 ぜひ組織が一体となって選手をしっかりと育成する北海道日本ハムの環境で、NPBを代表する速球派左腕へ成長を遂げることができるか注目をしていきたい。

(文・河嶋 宗一

注目記事
【プロ野球ドラフト会議2016特設サイト】

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第646回 根尾昂(大阪桐蔭)【前編】春の栄冠・夏の反省・秋への具現化 【2018年インタビュー】
第15回 タイブレーク導入の是非と智弁和歌山・高嶋仁監督への想いを語る【俳優・吉村卓也連載コラム!スターを見つけ出せ!】
第643回 山田健太(大阪桐蔭)「新世代大型二塁手」としてセンバツ連覇へ 【2018年インタビュー】
第7回 大阪桐蔭4選手のセンバツの意気込みを紹介!「春連覇の偉業に挑戦する」【センバツ2018】
第624回 第90回センバツ逸材野手【西日本編】ガイドブック【大会展望・総括コラム】
第622回 第90回センバツ逸材投手【西日本編】ガイドブック【大会展望・総括コラム】
第620回 第90回センバツ出場校が決まる!注目が集まった各地区の選考を振り返る! 【大会展望・総括コラム】
創成館vs大阪桐蔭【2017年 第48回明治神宮野球大会】
大阪桐蔭vs駒大苫小牧【2017年 第48回明治神宮野球大会】
第613回 宮﨑仁斗(大阪桐蔭)「大阪桐蔭の2番打者は小さくまとまらず全力で振り、全力で走る!」 【2017年インタビュー】
第607回 根尾昂(大阪桐蔭)「近畿では二刀流として大暴れ!初舞台の神宮でも強烈な印象を残す」 【2017年インタビュー】
大阪桐蔭vs智辯和歌山【2017年秋の大会 平成29年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs近江【2017年秋の大会 平成29年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs近大附【2017年秋の大会 平成29年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
第601回 笠松 悠哉(立教大)「三振か、ホームランかの割り切りで勝負したい」 【2017年インタビュー】
高山 優希(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
大阪桐蔭 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム