殖栗正登のバランス野球学

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

第7回 イップスの治し方、診かた2010年02月08日

さて、シーズンがオフになって当院にも色々な目的で選手が来院してきます。
プロ野球選手はキャンプまでのトレーニング。一番多いのが中学3年生、高校3年生、大学4年生の引退組です。
目的は次のSTEPに向けて、テクニック・フィジカルをもう一段階あげたいというものがほとんどです。

そしてもう一つ、オフの依頼で多いのが、イップスです。
私も長年、ベースボールトレーナーをしていて、イップスの選手が多いのに本当に驚かされます。そして今回のコラムは「イップスの治し方・診かた」について、お話しようと思います。
イップスを「心」と「テクニカル」の側面から見ていきます。

殖栗正登のイップス克服プログラム 

イップスの原因となる「心」を知ろう

最初に心の面からのアプローチです。
まずは、自分自身の性格を客観的に知るという事が重要です。そして一つずつ対応策を探していきます。 
私の場合は、アメリカの精神医科エリックバーンが創案した「交流分析」を使い、まず選手の性格の特徴を判断します。そこから対応策をとります。
※分析の仕方はどんな方法でも構いません。自分の性格を客観的に知るということがまずは第一歩です。

「交流分析」では,性格を「CP・NP・A・FC・AC」の5つ分類しています。

CP【Critical Parent】(批判的な親心;家父長的)
NP【Nurturig Parent】(育的親心;母親的)
A【Adult】(合理的な大人の心)
FC【Free Child】(無邪気な子供の心)
AC【Adapted Child】(順応した子供の心)

その5つの心の割合の高低とバランスがその人の傾向・特徴として考えられます。

当院でイップスの選手を分析したところ結果はNP とAC が強くでてきました。
NPとは保護的な親を表しており、優しい性格ですが、思った事を言えない、とか依存的な傾向が見られます。このようなタイプの選手は依存的な傾向がある為、他人の言葉等を受け入れやすい反面、流されやい傾向があります。
ACには、自己否定が強く出ると失敗し、のち極度に恐れるという傾向があります。

イップスに来る選手は名門の選手が多いです。プロもいる。あまり弱いチームの選手は来ることは滅多にありません。
強いチームほど失敗は許されないし、このようなプレッシャーの中で「ミスをしたらどうしよう」とか「失敗してコーチなどにしかられたらどうしよう。」と思いプレーしています。
そして、NP・AC傾向の選手は緊張のあまり投げれなくなってしまう。
特にAC傾向の選手はひきこもりをおこしやすいACの傾向を持っている為、チームにすらいけなくなり、野球をやめてしまう選手もいるくらいです。
※今回は一つの例として述べさせて頂くので、他の3種類の性格に関しては割愛させていただきます。

しかし、強豪チームになれば、私はこのくらいのプレッシャーがあるものだと思っています。
時々、親御さんの中で指導者のせいにする人がいますが、チーム全員がイップスなのか、というとそうではありませんよね。きっと少数派だと思います。
指導者の悪口を言っても何も解決はしません。

まず選手には自身の性格についての分析結果をしり、その対策方法をしっかりとこなしてく事が重要だと思います。

今回の例でいうと、NP・ACのタイプは一つずつ、成功体験をさせながら認めながら教える事です。

ただ、そしてやはりより上のレベルにいけば、より強い心も必要です。
「優しい心を持つ事も大事です。しかし、グランドにたったらそこは戦場。強いハートを持って、自らの行動に責任を持つ事。注意されたのはあなたの送球ミスであり、あなたの存在を否定したわけではないのです。そして現状をきちんと把握する客観性を持つことが今後大切である。」
そこを選手に伝える事が一番重要です。

殖栗正登のイップス克服プログラム 

■イップス克服DVDのお申し込み(WEBで)

※受付確認メールが届かない方は、ドメイン指定受信でinfo@hb-nippon.comのご指定をお願いします。

このページのトップへ


【次のページ】 イップスの原因の「テクニカル」を知ろう

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第101回 【祝】100回記念!人気記事ランキング&おすすめコラムを一挙紹介!【殖栗正登のベースボールトレーニング&リコンディショニング】
第31回 【動画】イップスの克服方法(上)【殖栗正登のベースボールトレーニング&リコンディショニング】
第30回 【動画】イップスのメカニズム【殖栗正登のベースボールトレーニング&リコンディショニング】
第18回 速い球の投げ方3/イップスの治し方2【殖栗正登のベースボールトレーニング&リコンディショニング】
コメント (8)
投げるのが怖いです2016.04.06 アディ太郎
タイトルの通り投げるのが怖いです
腕も下がってしまい腕が外へいっている感じがします。
ボール回しなどとても怖いです。
まず自分は何もしたらよいのでしょうか。重症です。。
スポーツトレーナー・殖栗正登氏 イップス克服セミナーのお知らせ2011.03.25 高校野球情報.com セミナー事業部
イップスという恐怖を乗り越えて、さらにレベルアップをしたい。そんな球児のために、スポーツトレーナー・殖栗氏により、「イップスの診方、直し方、実際の実技指導」についてセミナーを開催します。
・イップスの原因を客観的に見つける方法
・具体的にイップスを治療する練習方法
・球児の能力を引き出すための指導方法
 直接イップス治療を行います。
などについて、実際の事例を基に講演します。

くわしくは、下記のURLでご確認下さい。
http://www.hb-nippon.com/news/36-hb-nippon-bsinfo/8511-other20110317001
全て同じです2010.12.14 殖栗正登
これは全て同じ理由で起きています。
トップのときに一番最初にコメントした緊張したときの手の形が出ているのです。
なかなかコメントでは説明しがたいのですが。
ここを直せば一発で治ります
はじめまして2010.12.07 匿名希望
高校1年生で今年から硬式野球をやっています。1か月ほど前から急にボールが投げれなくなりました。ボールが指から離れずに地面に叩きつけてしまうようになりました。もともとは、高いボールを投げていたので低く投げようと思い意識して投げていたらおかしくなりました。最近では自分でも怖いくらいすぐ目の前にボールをたたきつけてしまいます。チームメイトにはリリースポイントが前すぎるといわれています。
キャッチボールのときは、相手から離れていくといい球が投げられるようになります。なぜ近くではいいボールが投げれないのでしょうか?
説明が下手ですがいいアドバイスをお待ちしております。
イップスですか?2010.12.06 山田
最近自分たち主力のチームになってから遠くからは投げれるのですが近くから投げるとファーストの足元にいってしまいます。投げるときボールを触ってない気がします。どうしたらいいですか?アドバイスお願いします。
イップスかな2010.12.03 金城
高校に入って、3ヶ月ぐらいして突然ボールが思ったとおりに行かなくなり、今では、塁間を投げるのがやっとで力のないボールが行きます。フォームもわからなくなり変な投げ方になってしまいす。どうしたいいかアドバイスお願いします。
はじめまして2010.11.19 殖栗正登
これは、イップスの特徴である、トップ時の肩の内転、肘屈曲、回内、手首屈曲が出て、腕が上がらないのと、水平内転がでなくて腕が振れなくなっています。イップスはほとんどこれです。アメフトのボールを投げさせてください、ボールが大きくてうまく握れないので力まず投げれると思います、そこからフォームを作っていってください
相談2010.11.13 篠原英雄
小学校6年生次男の父で、同チーム野球コーチをやっています。息子は、キャプテンでピッチャーをやっていますが、ここ2ヶ月にボールが右方向(右バッター)の後へと投げるケースが、試合中突然急にの制球がなくなるようになりました。さらに、ここ3週間前ぐらいより、投げからが分からなくなり、肘も上がらない状況でピッチャー間投げれなくなりました。昨年まで勝ち続けて来て、1名の有望なキャプテンがいなくなっり6年からキャプテンとしてプレッシャーというものがあったと思います。また、お前がやらないと誰がやるというプレッシャーと怒りを掛けてことも事実です。来年から兄と同じ中学シニアでやろうと思っていただけに、何とかしてあげないと思い「イップス」ということを聞き、このフォームページを調べら、ここに来ました。いいアドバイスが得られたらと思います。よろしくお願いします。

コメントを投稿する

プロフィール

殖栗正登先生
殖栗正登先生
  • 立正大学-東京医療専門学校柔道整復科
    -(有)ベースボールトレーナーズ
    -高知ファイティングドッグス トレーナー
    -徳島インディゴソックス ストレングス&コンディショニングトレーナー
  • 柔道整復師
  • アメリカストレングス&コンディショニング協会公認
    ストレングス&コンディショニングスペシャリスト
  • 日本体育協会公認スポーツプログラマー
  • 日本トレーニング指導者協会トレーニング指導者
  • ■ 講演依頼はこちら
    講演・セミナー依頼受付中
  • 殖栗正登facebook

殖栗正登のイップス克服プログラム

殖栗正登のバランス野球学
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム