第122回 【動画】野球におけるアジリティトレーニングの重要性を知ろう!2016年01月19日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

今回の動画について詳しく紹介したコラムは…
アジリティとコーディネーショントレーニング【前編】
アジリティとコーディネーショントレーニング【後編】

【目次】
[1]まずは、野球におけるアジリティの重要性を知ろう! / アジリティトレーニング【打者編】/ 【盗塁編&まとめ】
[2]パーフェクトポスチャーとパワーポジションをキープすること / コーディネーショントレーニング
[3]アジリティトレーニングの実例(1)~(3)

 みなさんは、野球における「アジリティ」の重要性をご存知でしょうか?アジリティトレーニングとは、バランスをキープした状態で身体を色々な方向に反応させることです。まず最初に各ポジション、各シチュエーションにおける「アジリティ」の重要性を理解した上で、実例を殖栗 正登トレーナーに紹介していただきます。

まずは、野球におけるアジリティの重要性を知ろう!


ポジション別のアジリティの重要性
・投手:投げ終わって足が地面に着いたら、各方向へ素早くステップを踏んで、ボールを捕球し送球する
・捕手:身体を起き上がらせる筋力と、そこから素早く動かせる素早いクイック動作が重要
・内野手:低い姿勢で構えて、守備の一歩目で大きなパワーを発揮して動く
・外野手:各カッティング動作が重要で、反応して素早く身体を動かして落下地点までダッシュする

アジリティトレーニング【打者編】


・打ったら素早く一塁にダッシュすることもアジリティ能力の一つ
・一塁までの駆け抜けタイム4.3秒以内を目標に!

アジリティトレーニング【盗塁編&まとめ】


盗塁編では、低い姿勢で重心をキープしてパワーポジションを作り、素早く投手の動作に反応して方向転換をしてダッシュ!
・ランナーはアジリティとスピードが大事。まとめると野球において「S(スピード)」「A(アジリティ)」「Q(クイックネス)」「パワー」が重要となってくる

【次のページ】 パーフェクトポスチャーとパワーポジションをキープすること / コーディネーショントレーニング

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第154回 野球に必要なバランス能力を考える【セルフコンディショニングのススメ】
第76回 出動!球児に聞き隊!【自分の好きなプレーは?】【野球総合研究所】
第101回 【祝】100回記念!人気記事ランキング&おすすめコラムを一挙紹介!【殖栗正登のベースボールトレーニング&リコンディショニング】
第100回 クイックネストレーニング バランストレーニング編【殖栗正登のベースボールトレーニング&リコンディショニング】
第99回 クイックネストレーニング ドリル説明編【殖栗正登のベースボールトレーニング&リコンディショニング】

コメントを投稿する

プロフィール

殖栗正登先生
殖栗正登先生
  • 立正大学-東京医療専門学校柔道整復科
    -(有)ベースボールトレーナーズ
    -高知ファイティングドッグス トレーナー
    -徳島インディゴソックス ストレングス&コンディショニングトレーナー
  • 柔道整復師
  • アメリカストレングス&コンディショニング協会公認
    ストレングス&コンディショニングスペシャリスト
  • 日本体育協会公認スポーツプログラマー
  • 日本トレーニング指導者協会トレーニング指導者
  • ■ 講演依頼はこちら
    講演・セミナー依頼受付中
  • 殖栗正登facebook

殖栗正登のイップス克服プログラム

殖栗正登のバランス野球学
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム