第7回 「日本一の学生コーチ」母校に還る2018年06月06日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

 2007年2月に首都圏から居を四国地区に移し12年目。「さすらいの四国探題」の異名を背に四国球界でのホットな話題や、文化的お話、さらに風光明媚な写真なども交え、四国の「今」をお伝えてしている寺下友徳氏のコラム「四国発」。
 第7回では4年の月日を経て、母校・徳島商に還った前川 紀洋コーチのお話。実はこの前川コーチ。すごい経歴を持っているんです。

徳島県総体協賛ブロック大会に現れた「秋の大学日本一」の立役者



昨年は日本体育大学生コーチとして明治神宮大会Vに貢献、今年4月から母校・徳島商の実習助手となった前川 紀洋コーチ

 野球以外のほとんどの部活高校生たちにとって、最大の舞台は「全国高校総体(通称:インターハイ)」。四国地区では高知県は5月第3週、他の3県では6月第1週の週末から月曜日を中心に、全国大会出場をかけた熱い戦いが繰り広げられます。

 では、その間の高校野球は?これは四国4県によって対応さまざまです。高知県では夏の高知大会シード権をかけた独自の総体競技があるのに対し、徳島県では毎年、西部・南部・中央A・中央Bブロックで完結する「総体協賛ブロック大会」を開催。また、愛媛県と香川県では特に大会は開催されません。ただ、高知県と徳島県で言えば、この大会から1年生が出場可能となり、4月に異動・新赴任した指導者たちがはじめて公式戦を体験することもあり、決して軽視できる大会ではないのです。

 事実、今年も大きな発見がありました。6月1日(金)、中央ブロックBの試合が行われる鳴門渦潮高校グラウンドに足を運んでみると、そこにいたのは徳島商のユニフォームを身にまとった見慣れないコーチ。いや、よく見ると私にとっては「見慣れない」ではなく「懐かしい顔」でした。4月から体育の実習助手として母校・徳島商に戻ってきた前川 紀洋コーチがいたのです!

 

 「前川 紀洋」。この名前を聞いてピンときた人もいるかもしれまぜん。前川コーチは昨年は日本体育大野球部の一選手から学生コーチへと転身。
「監督はどうしても威厳があるものだし、選手は監督の顔色を見ながらプレーしがち。そこで僕は選手と監督の距離を縮めることを心がけたし、監督の考え方をかみ砕いて選手たちに伝えて、逆に選手たちの意見も監督に報告するようにした」立ち位置を常に考え続けて、チームの明治神宮大会優勝に大きく貢献した凄腕なんです。

【次のページ】  「選手と監督の距離を縮める」コーチとして

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第86回 明徳義塾の一校独走を阻止すべく、高知と復活の兆しの土佐が食い下がれるか【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第83回 徳島商から池田の一人勝ち、そして渦潮打線復活の鳴門の台頭で新勢力図か【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第668回 出そろった100回大会・春の高知&徳島大会を総括!【大会展望・総括コラム】
高知商vs岡豊【高知県 2018年 第71回高知県高等学校体育大会】
宿毛vs高知工【高知県 2018年 第71回高知県高等学校体育大会】
大手前高松vs聖カタリナ学園【2018年春の大会 第71回春季四国地区高等学校野球大会】
第652回 「100回大会四国勢逆襲の夜明け」 春の土佐路対決は見どころ一杯!【大会展望・総括コラム】
明徳義塾vs高知【高知県 2018年春の大会 平成30年度春季高知県大会】
藤井学園寒川vs丸亀城西【香川県 第71回春季四国地区高等学校野球香川県大会】
第641回 大阪桐蔭の連覇で幕を閉じたセンバツを徹底総括【大会展望・総括コラム】
第257回 東北楽天ゴールデンイーグルス 藤田 一也選手「常識を疑いながら鉄壁の守備を築き上げた独自の守備論」 【2015年インタビュー】
四国発
今治北 【高校別データ】
愛媛大附 【高校別データ】
池田 【高校別データ】
高知商 【高校別データ】
香川 【高校別データ】
笠田 【高校別データ】
海南 【高校別データ】
高知工 【高校別データ】
高知農 【高校別データ】
高知東 【高校別データ】
高知東工 【高校別データ】
高知 【高校別データ】
小松 【高校別データ】
清水 【高校別データ】
城西 【高校別データ】
城東 【高校別データ】
城南 【高校別データ】
城ノ内 【高校別データ】
城北 【高校別データ】
宿毛 【高校別データ】
西条農 【高校別データ】
四学大香川西 【高校別データ】
城山 【高校別データ】
須崎工・高知丸の内・室戸 【高校別データ】
藤井学園寒川 【高校別データ】
高岡 【高校別データ】
徳島工 【高校別データ】
徳島商 【高校別データ】
徳島東工 【高校別データ】
高松 【高校別データ】
津島 【高校別データ】
那賀 【高校別データ】
中村 【高校別データ】
鳴門 【高校別データ】
長浜 【高校別データ】
鳴門渦潮 【高校別データ】
飯山 【高校別データ】
藤井 【高校別データ】
北条 【高校別データ】
丸の内 【高校別データ】
三木 【高校別データ】
三島 【高校別データ】
吉田 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

寺下友徳
寺下 友徳
  • 生年月日:1971年12月17日
  • 出身地:福井県生まれの東京都東村山市育ち
  • ■ 経歴
    國學院大學久我山高→亜細亜大。
    幼稚園、小学校では身長順で並ぶと常に一番後ろ。ただし、自他共に認める運動音痴から小学校入学時、早々に競技生活を断念。その後は大好きなスポーツに側面から関わることを志し、大学では応援指導部で4年間研鑽を積む。亜細亜大卒業後はファーストフード販売業に始まり、ビルメンテナンス営業からフリーターへと波乱万丈の人生を送っていたが、04年10月にサッカーを通じて知り合った編集者からのアドバイスをきっかけに晴れてフリーライター業に転進。07年2月からは埼玉県所沢市から愛媛県松山市へと居を移し、現在は四国地域を中心としたスポーツを追いかける日々を過ごす。
  • ■ 小学校2年時に福岡からやってきた西武ライオンズが野球と出会うきっかけ。小・中学校時代では暇さえあれば足を運んでいた西武球場で、高校では夏の西東京予選の応援で、そして大学では部活のフィールドだった神宮球場で様々な野球を体感。その経験が取材や原稿作成の際に「原体験」となって活きていることを今になってつくづく感じている。
  • ■ 執筆実績
    web上では『ベースボールドットコム』(高校野球ドットコム、社会人野球ドットコム、独立リーグドットコム)、書籍では『ホームラン』、『野球太郎』(いずれも廣済堂出版)、『週刊ベースボール』(ベースボール・マガジン社)など。『甲子園だけが高校野球ではない2』(監修・岩崎夏海、廣済堂出版)でも6話分の取材・文を担当した。

    さらに野球以外でもサッカーでは、デイリースポーツ四国3県(香川・高知・愛媛)版・毎週木曜不定期連載中の『スポーツライター寺下友徳・愛媛一丸奮闘記』をはじめ、「週刊サッカーダイジェスト」(日本スポーツ企画社)、『サッカー批評』、web『スポーツナビ』など多数媒体での執筆実績あり。また、愛媛県を熱くするスポーツ雑誌『EPS(ehime photo sports)』でも取材協力を行っている。
  • ■ ブログ:『寺下友徳の「四国の国からこんにちは」』■twitterアカウント@t_terashita
    ■facebook: http://www.facebook.com/tomonori.terashita
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム