第6回 丸亀と丸亀城西「伝統の定期戦」2018年05月28日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

 2007年2月に首都圏から居を四国地区に移し12年目。「さすらいの四国探題」の異名を背に日々四国内外を飛び回る寺下 友徳氏の新連載コラム「四国発」がスタート!毎週1回を基本に四国球界でのホットな話題や、文化的お話、さらに風光明媚な写真なども交え、四国の「今」をお伝えしていきます。
  第6回でお伝えするのは今年、第60回を迎える「伝統の定期戦」。香川県立丸亀高等学校と香川県立丸亀城西高等学校との間で行われる「第60回丸亀高校・丸亀城西高校野球定期戦」の様子を通じ、昨今世間の話題になっていることにも触れていきます。

60回目を迎えた「丸亀高校・丸亀城西高校野球定期戦」



第60回丸亀高校・丸亀城西高校野球定期戦開会式での丸亀城西(手前側)と丸亀(奥側)

 この5月、日本のスポーツ界……。いや、日本じゅうではこのことが大きな話題となっています。5月6日に端を発する「日本大学アメリカンフットボール部フェニックス、悪質タックル問題」。現在に至るプロセス、事後対応の異質さはもちろんですが、悪質タックルが通算51回目、数多くの観客が詰めかけた関西学院大学体育会アメリカンフットボール部FIGHTERSとの「春の定期戦」で起こったことにも、ショックを禁じえません。

 

 ではそもそも「定期戦」とはどのようなものでしょうか?実はこの「定期戦」。アメリカンフットボールに限らず、スポーツでは恒常的に使われている言葉です。最も有名なのは早稲田大学と、慶應義塾大学との「早慶戦(慶早戦)」。1903年の野球に端を発し、現在では種目を問わず行われています。他にも関西では同志社大学と立命館大学との「同立(立同)戦」、関西大学と関西学院大学との「関関戦」など、全国各地にお互いの技量を競い、交流を図る「定期戦」は存在しています。

 

 もちろん四国にも「定期戦」は各地にあり、最も盛んなのはやはり高校野球。さる5月26日には1959年の開催再開以来、最も伝統を誇る「第60回丸亀高校・丸亀城西高校野球定期戦」が香川県丸亀市のレクザムボールパーク丸亀で開催されました。

 

 では、実際の様子を少し映像で見てみましょう。

 

 まず驚きなのが定期戦の勝者には丸亀市寄贈の旗が渡され、翌年までそれを保持できること。自らも丸亀商時代のOBである丸亀城西・河本 浩二監督(1984年センバツ出場時のエース)によれば「僕の現役当時は丸亀城内球場で開催されて、両校とも応援団が出てすごい盛り上がっていた」とのこと。その意識は1993~1994年には主将・捕手としてチームをけん引した丸亀・桑嶋 裕二監督にも強く残っています。
 「甲子園に行くためには倒さなければいけない相手。現役時代も必死でやっていた記憶がありますし、僕の中では公式戦です」

【次のページ】  「丸亀高校・丸亀城西高校野球定期戦」に見る「高校野球の本質」

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第86回 明徳義塾の一校独走を阻止すべく、高知と復活の兆しの土佐が食い下がれるか【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第84回 古豪高松商の復活で、新たな動きだが、尽誠学園に英明、寒川、香川西という構図【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第668回 出そろった100回大会・春の高知&徳島大会を総括!【大会展望・総括コラム】
高知商vs岡豊【高知県 2018年 第71回高知県高等学校体育大会】
宿毛vs高知工【高知県 2018年 第71回高知県高等学校体育大会】
大手前高松vs聖カタリナ学園【2018年春の大会 第71回春季四国地区高等学校野球大会】
第652回 「100回大会四国勢逆襲の夜明け」 春の土佐路対決は見どころ一杯!【大会展望・総括コラム】
明徳義塾vs高知【高知県 2018年春の大会 平成30年度春季高知県大会】
藤井学園寒川vs丸亀城西【香川県 第71回春季四国地区高等学校野球香川県大会】
第641回 大阪桐蔭の連覇で幕を閉じたセンバツを徹底総括【大会展望・総括コラム】
四国発
今治北 【高校別データ】
愛媛大附 【高校別データ】
池田 【高校別データ】
高知商 【高校別データ】
香川 【高校別データ】
笠田 【高校別データ】
海南 【高校別データ】
高知工 【高校別データ】
高知農 【高校別データ】
高知東 【高校別データ】
高知東工 【高校別データ】
高知 【高校別データ】
小松 【高校別データ】
清水 【高校別データ】
城西 【高校別データ】
城東 【高校別データ】
城南 【高校別データ】
城ノ内 【高校別データ】
城北 【高校別データ】
宿毛 【高校別データ】
西条農 【高校別データ】
四学大香川西 【高校別データ】
城山 【高校別データ】
須崎工・高知丸の内・室戸 【高校別データ】
藤井学園寒川 【高校別データ】
高岡 【高校別データ】
徳島工 【高校別データ】
徳島商 【高校別データ】
徳島東工 【高校別データ】
高松 【高校別データ】
津島 【高校別データ】
那賀 【高校別データ】
中村 【高校別データ】
鳴門 【高校別データ】
長浜 【高校別データ】
飯山 【高校別データ】
藤井 【高校別データ】
北条 【高校別データ】
丸の内 【高校別データ】
丸亀 【高校別データ】
丸亀城西 【高校別データ】
三木 【高校別データ】
三島 【高校別データ】
吉田 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

寺下友徳
寺下 友徳
  • 生年月日:1971年12月17日
  • 出身地:福井県生まれの東京都東村山市育ち
  • ■ 経歴
    國學院大學久我山高→亜細亜大。
    幼稚園、小学校では身長順で並ぶと常に一番後ろ。ただし、自他共に認める運動音痴から小学校入学時、早々に競技生活を断念。その後は大好きなスポーツに側面から関わることを志し、大学では応援指導部で4年間研鑽を積む。亜細亜大卒業後はファーストフード販売業に始まり、ビルメンテナンス営業からフリーターへと波乱万丈の人生を送っていたが、04年10月にサッカーを通じて知り合った編集者からのアドバイスをきっかけに晴れてフリーライター業に転進。07年2月からは埼玉県所沢市から愛媛県松山市へと居を移し、現在は四国地域を中心としたスポーツを追いかける日々を過ごす。
  • ■ 小学校2年時に福岡からやってきた西武ライオンズが野球と出会うきっかけ。小・中学校時代では暇さえあれば足を運んでいた西武球場で、高校では夏の西東京予選の応援で、そして大学では部活のフィールドだった神宮球場で様々な野球を体感。その経験が取材や原稿作成の際に「原体験」となって活きていることを今になってつくづく感じている。
  • ■ 執筆実績
    web上では『ベースボールドットコム』(高校野球ドットコム、社会人野球ドットコム、独立リーグドットコム)、書籍では『ホームラン』、『野球太郎』(いずれも廣済堂出版)、『週刊ベースボール』(ベースボール・マガジン社)など。『甲子園だけが高校野球ではない2』(監修・岩崎夏海、廣済堂出版)でも6話分の取材・文を担当した。

    さらに野球以外でもサッカーでは、デイリースポーツ四国3県(香川・高知・愛媛)版・毎週木曜不定期連載中の『スポーツライター寺下友徳・愛媛一丸奮闘記』をはじめ、「週刊サッカーダイジェスト」(日本スポーツ企画社)、『サッカー批評』、web『スポーツナビ』など多数媒体での執筆実績あり。また、愛媛県を熱くするスポーツ雑誌『EPS(ehime photo sports)』でも取材協力を行っている。
  • ■ ブログ:『寺下友徳の「四国の国からこんにちは」』■twitterアカウント@t_terashita
    ■facebook: http://www.facebook.com/tomonori.terashita
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム