第2回 星稜、全中全国制覇バッテリー軸にセンバツへ意気込む!【選抜発表前レポート】2018年01月24日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   


星稜ナイン

 星稜が今、心から欲しているのは「全国制覇」の四文字。昨年の北信越大会準優勝で13年ぶり12度目の出場をほぼ確実にしたセンバツの舞台でも、彼らは本気で紫紺の大優勝旗を獲りに行こうとしている。

 その下地も十二分にある。軸は2016年・全国中学校軟式野球大会を制したかほく市立宇ノ気中出身の1年生バッテリー・奥川 恭伸投手と山瀬 慎之助捕手だ。松井 秀喜氏の一年後輩で、2011年にコーチから昇格した林 和成監督は2人についてこう言及する。

「奥川は身長もあって(181センチ78キロ)145キロ、146キロをドーンと放れるので誰が見てもいいピッチャー。ドラフト1位・ドラフト2位にしたいなと思ってる子。山瀬は私が見てきた20年の歴史の中でも肩だけは1番。抜群です。肩だけならドラフト上位候補です」

 加えて2人は運を引き寄せる強心臓も持っている。昨秋の北信越大会では主将・エースの竹谷 理央(2年)のけがによって巡ってきた登板機会を活かし、2完封。奥川が「先発する以上は試合を作らなくては」とあえて背負った責任感を、「阿部慎之助さんのようなホームベースで与える安心感を目標にしている」山瀬が命名のルーツどおり適度に緩和する絶妙の関係性が、満身創痍のチームを北信越大会ファイナリストまで押し上げた。

 そして、センバツでは竹谷も万全の状態で戻ってくる。「13年前は初戦負けだったので最低1度は校歌をしっかり歌えるように。選手たちは『2勝は必ずするぞ』と取り組んでいますので、そこまでの戦力をしっかり整えるようにこの冬残りやっていきたいと思っています」とあくまで謙虚な林監督に対し、奥川はこう目標を発した。

「何回りも大きくなって中学の時みたいに勝てるピッチャーになりたい。甲子園の優勝を目標にしているので」

 1995年夏・2年生左腕エースだった山本 省吾(現:福岡ソフトバンクホークススカウト)が飛躍したように、のびしろ抜群の下級生バッテリーがけん引し、復帰した主将をはじめ2年生そこをサポートする。もしその連鎖が正の方向に転がれば……。悲願の甲子園初優勝は、彼らの側に一歩ずつ近づくことになるだろう。


■後日、星稜の野球部訪問&エース・奥川選手のインタビューも公開!お楽しみに!(取材=小中翔太記者)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第461回 星稜(石川)大黒柱の離脱で奮起!甲子園で春夏合計4勝がチームの目標!【野球部訪問】
第621回 第90回センバツ逸材投手【東日本編】ガイドブック【大会展望・総括コラム】
第620回 第90回センバツ出場校が決まる!注目が集まった各地区の選考を振り返る! 【大会展望・総括コラム】
第135回 2017年のドラフトの指名選手の出身校で最も多いのはあの3チーム!【ドラフト特集】
第132回 どこよりも早いドラフト2018!ミレニアム世代ドラフトガイドブック(東日本編)【ドラフト特集】
星稜vs北越【2017年秋の大会 第137回北信越地区高校野球大会(平成29年度秋季)】
星稜vs興南【2017年 練習試合(交流試合)・秋】
星稜vs石川【2017年 練習試合(交流試合)・秋】
星稜vs高岡商【2017年春の大会 第136回北信越地区高等学校野球大会】
第456回 森山 恵佑選手(星稜-専修大)「理想の打撃実現は、無駄な力を抜くことから」・後編 【2016年インタビュー】
第455回 森山 恵佑選手(星稜-専修大)「野手ではなく、投手としてプロ注目だった高校時代」・前編 【2016年インタビュー】
長野商vs星稜【2016年秋の大会 第135回北信越地区高校野球大会(平成28年度秋季)】
第15回 甲子園総括コラム~意図がある前進守備~ 【2014年選手権大会】
第12回 第96回全国高校野球選手権大会 1~3回戦を振り返る 【2014年選手権大会】
第9回 第96回全国高校野球選手権大会 1・2回戦展望 【2014年選手権大会】
星稜 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム