第6回 報徳学園が記念大会連覇中の東兵庫!昨秋2強揃う西兵庫!【2代表制大会展望】2018年01月31日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

東は報徳学園が中心、西兵庫は明石商が中心となりそうだ

 2018年は、1915(大正4)年に第1回大会が始まった現在の全国高校野球選手権大会が第100回大会を迎える。途中、戦争による中断があったものの、今日まで1世紀以上の歴史を作りあげてきた。
 そして、18年100回大会は記念大会となり、甲子園への出場校も増加される。記念大会で増枠となる地区では、どんな期待感があるのだろうか。通常の1代表から、2代表となる7地区の今季の動向を探ってみた。今回は兵庫県編だ。

【東兵庫】阪神地区、神戸地区 72校
【西兵庫】播淡(東播、北播、淡路)地区、西播(姫路、西播)地区、但丹(但馬、丹波、三田)地区 90校

 地区割りは、神戸市を中心として西宮市、尼崎市などの大阪に近い阪神地区が東兵庫となる。学校数は西兵庫に比べると18校も少ないが、勢力図としては毎年県大会の上位を占める学校は多い。

 主な有力校としては報徳学園を筆頭に関西学院が続く。この実績のある両校に加えて、昨秋は阪神地区大会報徳学園を下して第一代表で県大会に進出している甲南仁川学院なども注目だ。そのほか、公立勢としては市立尼崎尼崎小田川西明峰といったところが阪神地区にはいる。

 神戸地区では実績のあるところとしては神戸国際大附をはじめ育英滝川第二神港学園神戸弘陵などの名前がある。さらには2016年春に21世紀枠代表となった長田神戸鈴蘭台神戸高塚神戸村野工舞子などに加えて、新興私学としては須磨学園神戸学院大附などがある。

 これに対して西兵庫では播淡(東播、北播、淡路)地区では近年躍進著しい明石商はじめ、加古川東加古川北加古川西というところが続くが、2013年夏の出場校で高校駅伝の名門校として知られている西脇工もいる。他にも三木や加東市のに続いて東播工明石南に伝統の明石なども旋風を起こす可能性はある。淡路島勢では津名洲本などもいる。

 ちなみに昨秋の兵庫県大会明石商西脇工で決勝が争われており、近年では県内でも最激戦地区とも言えそうだ。

 これに加えて西播(姫路、西播)地区には東洋大姫路をはじめ姫路工姫路東姫路南という姫路勢や甲子園実績のある市川などがひしめき合っている。

 但丹(但馬、丹波、三田)地区では伝統の三田学園柏原篠山鳳鳴三田松聖といたところの顔ぶれがある。

 なお、過去の記念大会の実績を見てみると、80回大会は東が報徳学園で二死は東洋大姫路というまさに、兵庫県を代表する二校が勝ち上がっている。90回大会も東は報徳学園だったが、西は加古川北となっている。過去二度の記念大会を制している東兵庫の報徳学園が三度目を制するのかというところも注目となる。

(文=手束 仁

このペ-ジのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第79回 創志学園の登場で、関西と倉敷商らと新たな勢力構図【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
大阪桐蔭vs明石商【2018年春の大会 平成30年度春季近畿地区高等学校野球大会】
第74回 甲子園のお膝元のプライド、報徳学園、東洋大姫路が競い合う中、明石商も台頭【兵庫・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
神戸国際大附vs神戸弘陵【兵庫県 2018年春の大会 平成30年度春季兵庫県高校野球大会】
市立尼崎vs須磨翔風【兵庫県 2018年春の大会 平成30年度春季兵庫県高校野球大会】
市立尼崎vs県立伊丹【兵庫県 2018年春の大会 平成30年度春季兵庫県高校野球大会】
市立西宮vs宝塚西【兵庫県 2018年春の大会 平成30年度春季兵庫県高校野球大会】
第680回 松本 航(日体大)短期間でフォーム修正を可能にした体の柔軟性 【2018年インタビュー】
第10回 神戸中央シニア 有力高校球児を輩出するための育成方法【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
第678回 甲斐野 央(東洋大)最速154km/hを誇る右腕のこだわり 【2018年インタビュー】
第701回 柳野友哉(神戸中央シニア)高い向上心で侍ジャパンの4番を掴んだ男! 【2018年インタビュー】
第468回 報徳学園 (兵庫)「基本」土台に、試合と「直結」し「魂」を出し切る【野球部訪問】
第36回 野球ノートに書いた甲子園5 高校野球ドットコム編集部 KKベストセラーズ【読書のススメ】
第630回 小園 海斗(報徳学園2年・遊撃手)世界との激闘糧に、夏頂点へ駆ける【後編】 【2018年インタビュー】
第629回 小園 海斗(報徳学園2年・遊撃手)生粋の野球小僧、報徳学園で戦う男に【前編】 【2018年インタビュー】
明石商 【高校別データ】
関西学院 【高校別データ】
神戸国際大附 【高校別データ】
滝川第二 【高校別データ】
東洋大姫路 【高校別データ】
西脇工 【高校別データ】
兵庫県大附 【高校別データ】
報徳学園 【高校別データ】

プロフィール

手束仁
手束 仁

ベースボールファン
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム