第2回 最激戦区となった南埼玉、北埼玉は花咲徳栄の独走を止めることができるか?【2代表制大会展望】2018年01月13日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

左から中田優斗、米倉貫太

 2018年は、1915(大正4)年に第1回大会が始まった現在の全国高校野球選手権大会が第100回大会を迎える。途中、戦争による中断があったものの、今日まで1世紀以上の歴史を作りあげてきた。

 そして、18年の100回大会は記念大会となり、甲子園への出場校も増加される。記念大会で増枠となる地区では、どんな期待感があるのだろうか。通常の1代表から、2代表となる7地区の今季の動向を探ってみた。続いて埼玉県編だ。

【埼玉】
【南埼玉】西部地区、南部地区
【北埼玉】東部地区、北部地区
このところの加盟校の減少で、過去2度、2校出場となっていた記念大会の恩恵が危ぶまれるのではないかという声もあったくらいだつた。しかし、昨夏は花咲徳栄の活躍により県勢では初となる夏の全国制覇を果たしたことで、やはり全国的にもレベルの高い地区だということも再認識されて、大いに盛り上がっていることであろう。

 その花咲徳栄が2015(平成27)年以降、県内では独占的に出場し続けており、かつての浦和学院時代から、花咲徳栄時代になったと言ってもいいくらいである。

 花咲徳栄浦和学院という夏と春にそれぞれ全国優勝実績のある県内2強は、それぞれ北埼玉と南埼玉に分かれた。順当に行けば、この2校が代表の筆頭候補となることは間違いないだろう。

 事実、昨秋の県大会も甲子園帰りの花咲徳栄が優勝を果たしている。関東地区大会では初戦敗退してしまいセンバツ出場の可能性はほぼなくなったものの、力はやはり一番である。その花咲徳栄は東部地区で北埼玉になる。

 その花咲徳栄と秋季県大会で決勝を争った市立川越は西部地区で、南埼玉に属することになる。市立川越は県大会では2回戦で聖望学園を下し、準々決勝では浦和学院を1対0とロースコアの完封試合で下している。浦和学院は南部地区で、聖望学園市立川越は同じ西部地区で、共に南埼玉となる。

 南は、この3校が中心となっていくだろうが、県内でも最も激選と言われている西部地区は秋季県大会4強の山村学園星野川越東西武文理武蔵越生狭山ヶ丘などといった近年躍進してきた新鋭私学も多い。また、南部地区は浦和学院を筆頭に大宮東埼玉栄武南浦和実西武台市立川口などが上位を窺うことになる。

 これに対して北では、花咲徳栄が抜けた存在となりそうだが、追随する一番手は春日部共栄だろうか。これにこの秋の県大会でも4強に進出している伝統の上尾、さらには公立では鷲宮春日部東辺りが食い下がって来ることになるのだろうか。伝統の熊谷商や実績のある本庄第一あたりがどこまで食い下がるか。なお、過去の記念大会の代表は以下の通り。
【第80回大会】
南埼玉:埼玉栄
北埼玉:滑川(現滑川総合
【第90回大会】
北埼玉:本庄第一
南埼玉:浦和学院
果たして100回大会は、どうなるのだろうか。

(文=手束 仁

注目記事
2017年秋季大会 特設ページ

このペ-ジのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第635回 野村佑希(花咲徳栄2年・外野手&投手)夏・甲子園連覇と夢実現へ。常に高い目線で【後編】 【2018年インタビュー】
第634回 野村佑希(花咲徳栄2年・外野手&投手)長所を開花させた1年冬の練習【前編】 【2018年インタビュー】
第1回 第100回記念大会の概要は?2018年注目チームの戦力紹介!【100回記念大会特集】
第14回 2017年の人気試合記事ベスト5!今年もドラマが目白押し!【レポート編】【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第141回 大谷世代!世界で活躍した社会人2年目の2018ドラフト候補を一挙紹介!【ドラフト特集】
第133回 想いはそれぞれ。球児たちが振り返る今年の漢字とは?【出動!球児に聞き隊!】【野球総合研究所】
第54回 全国優勝の花咲徳栄(埼玉)の女子マネに直撃!支える立場でも野球部の理念「全員野球」を忘れずに!【頑張る!マネージャー】
中央学院vs花咲徳栄【2017年秋の大会 第70回(平成29年度)秋季関東地区高等学校野球大会】
國學院栃木vs市立川越【2017年秋の大会 第70回(平成29年度)秋季関東地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs花咲徳栄【2017年 第72回国民体育大会 愛顔つなぐえひめ国体2017】
花咲徳栄vs仙台育英【2017年 第72回国民体育大会 愛顔つなぐえひめ国体2017】
花咲徳栄vs市立川越【埼玉県 2017年秋の大会 埼玉県大会】
第573回 清水達也(花咲徳栄) 「寒空を切り裂く剛速球!甲子園優勝投手が戻って来た!」 【2017年インタビュー】
第545回 佐野涼弥(浦和学院)「関東大会優勝を呼び込んだ必殺の縦スライダー」 【2017年インタビュー】
第428回 花咲徳栄高等学校 高橋昂也選手 「ついに復調!速球とフォークのコンビネーションは大学生にも圧倒」  【2016年インタビュー】
土肥義弘のケガをしない!勝てる投手育成講座
上尾 【高校別データ】
浦和学院 【高校別データ】
春日部共栄 【高校別データ】
市立川口 【高校別データ】
市立川越 【高校別データ】
福岡・自由の森学園・上尾鷹の台連合チーム 【高校別データ】
花咲徳栄 【高校別データ】
山村学園 【高校別データ】

プロフィール

手束仁
手束 仁

ベースボールファン
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム