第6回 愛媛高校球児・キッズたちにティーボール・野球指導!2018年03月05日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]愛媛の高校球児が講師役として参加!
[2]次の100年へ向けた第一歩!

  愛媛高校球児、「次の100年」を担うキッズたちにティーボール・野球指導~3月4日(日)9時から松山市立小野中体育館で約2時間行われた総合型スポーツクラブONOスポーツクラブ主催「ティーボール教室in小野」に愛媛県の高校野球指導者・球児たちが初参加。子どもたちに野球の楽しさを教え、共に楽しむ時間を過ごした。

愛媛の高校球児が講師役として参加!


ティーボール教室前の指導実習でティーボールを打つ小学生と見守る愛媛高校球児たち

 これはさる1月20日(土)・愛媛県高野連監督研修会中に行われた「ティーボール講演会」の流れを受け、「今の子ともたちは野球をする機会がないので、野球をした上でスポーツを選択してほしいと思うし、その選択をする上で子どもたちにとって身近な存在の高校生がそ野球を教えてくれることは大きい」(篠原 昌也クラブマネージャー)と、主催者・ONOスポーツクラブから出した協力要請に愛媛県高等学校野球連盟が全面協力する形で実現したものである。

 かくして当日は松山商済美済美平成聖カタリナ学園松山聖陵松山東松山北松山中央松山中央・東温の9校からコーチ役として選手計29名、そのサポート役として指導者9名が参加。松山聖陵の選手たちは小学校3~6年の男女野球・ソフトボール経験者31名にキャッチボールやバッティングを楽しみの要素を加えながら教える一方で、残りの25選手は幼稚園・保育園児から小学校3年生までの野球未経験者を中心とする男女55人に対し、「投げる・捕る・打つ・走る」楽しさを笑顔を交え伝えた。

 開会式時はお互い硬さが目立ったキッズたちと高校球児たちも、時間の経過と共に笑顔のキャッチボールも交わすように。この姿に接し、この日はオブザーバー役に徹した指導者側からは「僕らも野球人口が減っている理由をいろいろ考えていたが、子どもたちと触れ合える機会が少なかったこともあったので、ここで楽しさに触れて野球を続けるきっかけになればと思うし、選手たちも最初は戸惑い気味だったけど、だんだん笑顔が出るようになったし、子供と触れ合いながら教え方も工夫していた」(松山東・堀内 準一監督)など、感心の声がしきりに聞かれていた。

 加えて保護者の皆さんもからも概して歓迎の声が。「打ったするのがが楽しかった」と話す唯翔くん(8歳)の笑顔を横目に「中学校まで野球をしていた」原 誠史さん(33歳)はこう話す。

 「スポーツ少年団の体験会ではレクリエーションやドッチボールをしているが、いろいろな競技をした上で本人がやりたいことをやらせてあげたいと思う中で、こういう機会はありがたい。やってみないと解らないですし、高校生になったらあんな感じになるというのもつかめますので」

【次のページ】 次の100年へ向けた第一歩!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第85回 松山商と今治西が歴史を作り新興の済美が躍進し松山聖陵が追随【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第666回 出そろった100回大会・香川&愛媛の春を総括!【大会展望・総括コラム】
大手前高松vs聖カタリナ学園【2018年春の大会 第71回春季四国地区高等学校野球大会】
聖カタリナ学園vs鳴門【2018年春の大会 第71回春季四国地区高等学校野球大会】
明徳義塾vs松山聖陵【2018年春の大会 第71回春季四国地区高等学校野球大会】
聖カタリナ学園vs英明【2018年春の大会 第71回春季四国地区高等学校野球大会】
第652回 「100回大会四国勢逆襲の夜明け」 春の土佐路対決は見どころ一杯!【大会展望・総括コラム】
聖カタリナ学園vs済美【愛媛県 2018年春の大会 平成30年度春季四国地区高等学校野球愛媛県大会】
第629回 第90回記念選抜を制するのは?4ブロック別で見所を紹介!【大会展望・総括コラム】
第626回 各地で組み合わせが決定!「2018四国高校球春」間近に迫る!【大会展望・総括コラム】
第286回 広島東洋カープ 福井 優也投手 「自分を成長させた済美高、そして大学での経験」 【2015年インタビュー】
第8回 第96回選手権地区大会は「波乱の大会」だったのか 【2014年選手権大会】
第122回 済美高等学校 安樂 智大 投手 【2013年インタビュー】
安樂智大(済美)
聖カタリナ学園 【高校別データ】
済美 【高校別データ】
済美平成 【高校別データ】
東温 【高校別データ】
松山北 【高校別データ】
松山商 【高校別データ】
松山聖陵 【高校別データ】
松山中央 【高校別データ】
松山東 【高校別データ】

プロフィール

寺下友徳
寺下 友徳
  • 生年月日:1971年12月17日
  • 出身地:福井県生まれの東京都東村山市育ち
  • ■ 経歴
    國學院大學久我山高→亜細亜大。
    幼稚園、小学校では身長順で並ぶと常に一番後ろ。ただし、自他共に認める運動音痴から小学校入学時、早々に競技生活を断念。その後は大好きなスポーツに側面から関わることを志し、大学では応援指導部で4年間研鑽を積む。亜細亜大卒業後はファーストフード販売業に始まり、ビルメンテナンス営業からフリーターへと波乱万丈の人生を送っていたが、04年10月にサッカーを通じて知り合った編集者からのアドバイスをきっかけに晴れてフリーライター業に転進。07年2月からは埼玉県所沢市から愛媛県松山市へと居を移し、現在は四国地域を中心としたスポーツを追いかける日々を過ごす。
  • ■ 小学校2年時に福岡からやってきた西武ライオンズが野球と出会うきっかけ。小・中学校時代では暇さえあれば足を運んでいた西武球場で、高校では夏の西東京予選の応援で、そして大学では部活のフィールドだった神宮球場で様々な野球を体感。その経験が取材や原稿作成の際に「原体験」となって活きていることを今になってつくづく感じている。
  • ■ 執筆実績
    web上では『ベースボールドットコム』(高校野球ドットコム、社会人野球ドットコム、独立リーグドットコム)、書籍では『ホームラン』、『野球太郎』(いずれも廣済堂出版)、『週刊ベースボール』(ベースボール・マガジン社)など。『甲子園だけが高校野球ではない2』(監修・岩崎夏海、廣済堂出版)でも6話分の取材・文を担当した。

    さらに野球以外でもサッカーでは、デイリースポーツ四国3県(香川・高知・愛媛)版・毎週木曜不定期連載中の『スポーツライター寺下友徳・愛媛一丸奮闘記』をはじめ、「週刊サッカーダイジェスト」(日本スポーツ企画社)、『サッカー批評』、web『スポーツナビ』など多数媒体での執筆実績あり。また、愛媛県を熱くするスポーツ雑誌『EPS(ehime photo sports)』でも取材協力を行っている。
  • ■ ブログ:『寺下友徳の「四国の国からこんにちは」』■twitterアカウント@t_terashita
    ■facebook: http://www.facebook.com/tomonori.terashita
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム