第70回 小倉高等学校(福岡)2018年03月01日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

小倉高校野球部 真ん中は徳永 直樹主将

【目次】ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!
[1]「想い」「こだわり」「進化」で甲子園で勝利の校歌を
[2]相手から恐れられる1番打者になる
[3]向上心を持ち続け、一生懸命トレーニングに励んでほしい

「想い」「こだわり」「進化」で甲子園で勝利の校歌を


■「夏・甲子園連覇」を成し遂げた名門校
 福岡県北九州市小倉北区にある福岡県立小倉業高等学校は、古くは小倉藩の藩校に起源を持ち、1908年に男子校の旧制・小倉中として開校。1948年には現校名となり、翌年から男女共学となって現在に至っている。県内屈指の進学校であることから旧制中学校時代から政財界を中心に数多くのOBを輩出しており、野球部OBでは2013年・野球殿堂入りを果たした福島 一雄氏や元ヤクルトスワローズの左腕エース・安田 猛氏がいる。

■小倉野球部の紹介
 1910年創部の野球部は1915年夏の第5回全国中等学校野球選手権出場を皮切りに春11回・夏10回の甲子園出場。特に1947・1948年夏には夏の甲子園連覇を成し遂げ、「小倉(こくら)」の名を全国に轟かせた。現在は2年生15名(女子マネージャー2名)、1年生15名(女子マネージャー2名)の計30名で活動中。「愛宕球場」と呼ばれるグラウンドでは特に一塁側のファウルグラウンドにある鳥かごゲージ、ダッシュスペースを活用し、OBの皆さんから個人ノックの助けも得ながら1978年春以来となる名門復活「甲子園出場」を日々志して汗を流している。
 現チームのキャプテンは徳永 直樹捕手。「『投手力・ベンチワーク・勝利への執着心』を基盤とし、「打ち勝つチーム」を掲げています」とチームの目指すものを話してくれた。

■チームがスタートしてからの思い出深いエピソードは?
 昨秋の福岡県大会では順調に勝利を重ね、準々決勝ではこれまで公式戦で6連敗だった真颯館との激戦を8対7で制し、九州大会出場をかけた準決勝へ。相手は夏甲子園出場の公立校ライバル東筑だった。
 試合は小倉が序盤に3点を先制し、中盤から8回までに東筑が追いつき2点勝ち越し。さらに9回表に小倉が同点に追いつく白熱の展開に。そして11回裏東筑2番の打球が左翼フェンス支柱に当たり方向が変わるランニングアーチで、小倉が涙を呑み、その後東筑は九州大会ベスト4で夏春連続甲子園を勝ち取る明暗分かれた試合となった。
 「勝てば九州大会だったので、とても悔しかったが、同時に春夏は必ず勝って次のステージに進みたいと強く思った」と話す徳永キャプテン。「太く強い身体づくり」を目指す冬練習のスタートラインは、まさにこの一戦だった。

■新チームを引っ張ってきた選手は?
 徳永キャプテンが秋の殊勲者としてあげたのは「試合を組み立ててくれたし、打者としても勝負強いバッティングを見せてくれた」とエースで主軸を張る河浦 圭佑
 また、徳永キャプテンは春以降のキーマンとして河浦 圭佑に加え、黒田 怜、石橋 敬太郎をあげ、俊足の 樵田 旭にも期待を寄せている。

■この冬の意気込み!
 「各個人が筋力・体力といった足りない部分を補い、個々の力を伸ばしていきたい。そして私学に負けない、春夏の大会を勝ち抜く身体を作っていきます!」(徳永キャプテン)

このページのトップへ

【次のページ】 相手から恐れられる1番打者になる

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第492回 東福岡レギュラー座談会「サッカー・ラグビーに負けず、記念すべき年に野球部も存在感を示したい!」【野球部訪問】
第695回 金光 雄紀(東福岡)「一流」から学び「一流投手」への道進む 【2018年インタビュー】
第60回 星琳高等学校(福岡)【冬が僕らを強くする2018】
第60回 若松高等学校(福岡)【冬が僕らを強くする2018】
第8回 バランス良い勢力構図の福岡、南北共に実績校が並ぶ【2代表制大会展望】【100回記念大会特集】
第345回 【福岡抽選会後 展望】福岡大大濠はいきなり福岡第一と!どこが抜け出してもおかしくない激戦の組み合わせに【大会展望・総括コラム】
樟南vs小倉【2015年秋の大会 第137回(平成27年度秋季)九州地区高等学校野球大会】
育徳館vs小倉工【福岡県 2011年秋の大会 第129回九州地区高校野球福岡北部大会】
小倉南vs近大福岡【福岡県 2011年秋の大会 第129回九州地区高校野球福岡北部大会】
福工大城東vs小倉【福岡県 2011年夏の大会 第93回福岡大会】
小倉vs北筑【福岡県 2011年夏の大会 第93回福岡大会】
小倉 【高校別データ】

プロフィール

寺下友徳
寺下 友徳
  • 生年月日:1971年12月17日
  • 出身地:福井県生まれの東京都東村山市育ち
  • ■ 経歴
    國學院大學久我山高→亜細亜大。
    幼稚園、小学校では身長順で並ぶと常に一番後ろ。ただし、自他共に認める運動音痴から小学校入学時、早々に競技生活を断念。その後は大好きなスポーツに側面から関わることを志し、大学では応援指導部で4年間研鑽を積む。亜細亜大卒業後はファーストフード販売業に始まり、ビルメンテナンス営業からフリーターへと波乱万丈の人生を送っていたが、04年10月にサッカーを通じて知り合った編集者からのアドバイスをきっかけに晴れてフリーライター業に転進。07年2月からは埼玉県所沢市から愛媛県松山市へと居を移し、現在は四国地域を中心としたスポーツを追いかける日々を過ごす。
  • ■ 小学校2年時に福岡からやってきた西武ライオンズが野球と出会うきっかけ。小・中学校時代では暇さえあれば足を運んでいた西武球場で、高校では夏の西東京予選の応援で、そして大学では部活のフィールドだった神宮球場で様々な野球を体感。その経験が取材や原稿作成の際に「原体験」となって活きていることを今になってつくづく感じている。
  • ■ 執筆実績
    web上では『ベースボールドットコム』(高校野球ドットコム、社会人野球ドットコム、独立リーグドットコム)、書籍では『ホームラン』、『野球太郎』(いずれも廣済堂出版)、『週刊ベースボール』(ベースボール・マガジン社)など。『甲子園だけが高校野球ではない2』(監修・岩崎夏海、廣済堂出版)でも6話分の取材・文を担当した。

    さらに野球以外でもサッカーでは、デイリースポーツ四国3県(香川・高知・愛媛)版・毎週木曜不定期連載中の『スポーツライター寺下友徳・愛媛一丸奮闘記』をはじめ、「週刊サッカーダイジェスト」(日本スポーツ企画社)、『サッカー批評』、web『スポーツナビ』など多数媒体での執筆実績あり。また、愛媛県を熱くするスポーツ雑誌『EPS(ehime photo sports)』でも取材協力を行っている。
  • ■ ブログ:『寺下友徳の「四国の国からこんにちは」』■twitterアカウント@t_terashita
    ■facebook: http://www.facebook.com/tomonori.terashita
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム