第60回 若松高等学校(福岡)2018年02月25日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

若松高校野球部

【目次】ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!
[1]秋の悔しさが原動力
[2]フルスイングが信条!
[3]全ては夏のために

秋の悔しさが原動力

■センバツ出場校に敗れた悔しさを原動力に
 福岡県北九州市にある福岡県立若松高等学校。1912年に開校された、創立100年を越える伝統校だ。野球部は昨秋の福岡県大会で16強進出。5回戦で今春のセンバツに出場する東筑に1-6で敗れたものの、味わった悔しさを原動力に冬の練習に励んでいる。

■野球部の紹介
 現在2年生15名、1年生6名の計21名が在籍。グラウンドはサッカー部との共用で、基本的に半面を使用する形式となっている。それぞれの大会前には相談の上、全面を使用する日を設けるなど、臨機応変に練習スペースを捻出しているのも特徴だ。野球部OBには急映、大洋などでプレーした片山 博氏、四国アイランドリーグ・愛媛に所属した浦川 大輔氏らがいる。

■秋季大会を振り返って
 印象に残っている試合の一つに秋季福岡大会5回戦・東筑戦を挙げた坂本 忍主将。「緊張していたこともあり、初回に4点を奪われてしまいました。しかし、そこから『自分達の野球をしよう』と声を掛け合い、悪い流れを引きずることなく、プレーすることができました。敗れはしましたが、良い経験になりました」と理由を語る。センバツにも出場するチームと戦うなかで、気持ちの切り替えの重要性を学ぶことができたようだ。

■新チームを引っ張ってきた選手は?
 井ノ口 太郎投手を推薦した坂本主将。「井ノ口は夏までは主に野手としてプレーしていた選手で、新チームから本格的に投手を始めました。コントロールが抜群で、特にスライダーの出し入れが上手い。低めを丁寧に狙う投球で東海大福岡打線を1失点に抑えるなど、投手経験の浅さを感じさせない好投を見せてくれました」と理由を語ってくれた。

■この冬の意気込み!
 「この冬一番の目標は打撃力強化。そのために先ず体重を増やす必要があるので、ウエイトトレーニングと食事を中心に取り組み、チーム平均で5㎏アップが目標です。そして、増量した体重を打撃に繋げるために、並行してとにかくバットを振り込むこと。スイングスピードを向上させて、打撃の質を上げていきたいです」と力強く目標を語ってくれた。

このページのトップへ

【次のページ】 フルスイングが信条!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第492回 東福岡レギュラー座談会「サッカー・ラグビーに負けず、記念すべき年に野球部も存在感を示したい!」【野球部訪問】
第653回 今年も九州大会は人材豊富だった!夏へ向けて楽しみな逸材を一挙紹介!【大会展望・総括コラム】
第695回 金光 雄紀(東福岡)「一流」から学び「一流投手」への道進む 【2018年インタビュー】
第644回 21日開幕!注目カード多数の九州大会!【大会展望・総括コラム】
聖光学院vs東筑【第90回記念選抜高等学校野球大会】
第629回 第90回記念選抜を制するのは?4ブロック別で見所を紹介!【大会展望・総括コラム】
第469回 富島高校【前編】「ないない尽くし」から5年で掴んだ甲子園【野球部訪問】
済美vs東筑【第99回全国高等学校野球選手権大会】
希望が丘vs東筑紫学園【福岡県 2015年夏の大会 第97回選手権福岡大会】
東筑紫学園vs真颯館【福岡県 2013年夏の大会 第95回選手権福岡大会】
東筑紫学園vs嘉穂総合【福岡県 2011年秋の大会 第129回九州地区高校野球福岡北部大会】
東筑 【高校別データ】
東筑紫学園 【高校別データ】
若松 【高校別データ】
若松商 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム