第65回 富岡高等学校(群馬)2018年02月27日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

富岡高校野球部

【目次】ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!
[1]爆発力のある打線で悲願の甲子園出場を目指す
[2]大量ビハインドも逆転できる打線が自慢
[3]危機感とワクワクする気持ちの両方を持ってトレーニングを!

爆発力のある打線で悲願の甲子園出場を目指す


■歴史ある男子高が4月から女子高と統合
 群馬県富岡市にある群馬県立富岡高等学校は、1897年に群馬県尋常中学校甘楽分校として開校。その後、幾度かの校名変更を経て1948年に現校名となった。現在、全日制は普通科が設置されており、今年4月からは富岡東高校と統合し男女共学となる。部活動ではハンドボール部が全国レベルの強豪として知られており、野球部は14年秋に群馬大会で4強。その活躍が評価され21世紀枠の関東地区推薦校となった。また、昨秋も群馬大会で3勝を挙げ、ベスト8の成績を残している。

■富岡野球部の紹介
 野球部は2年生17名、1年生17名の計34名。学校から自転車で10分ほどの場所に野球部専用のグラウンドを有しており、さらに新井 聖主将によると「ライトとレフトのファウルゾーンには監督が手作りした打撃練習ができる鳥かごがあり、空きスペースがないように様々な工夫を凝らしている」という。こうした環境のなか、時には1時間以上も延々とやり続けるポジション別ノックや坂道を利用したダッシュを10~15本など、厳しい練習に取り組むことで技術、体力の強化を図っている。

■今年のチームが始まって、印象に残っている試合は?
 秋季大会のシード校を決める準公式戦の西毛リーグ・決勝戦で健大高崎と対戦し、9回表に神岡 太久磨選手の満塁ホームランで同点に追いついた。結局、この試合は6対7でサヨナラ負けを喫したが、その粘りは群馬大会で活かされることに。1回戦の桐生市立商戦は7回裏まで5点をリードされる苦しい展開。しかし、「相手のエラーをきっかけにヒットを重ねて逆転。6対5で勝つことができました。こうした試合後半の勝負強さは自分たちの長所です」と、新井主将は胸を張っている。

■新チームを引っ張ってきた選手は?
 俊足で守備範囲が広いうえ、ベンチプレス130kgの怪力でバッティングでもチームに貢献した神岡選手。新井主将は「今後もチームに勢いをつけて、勝利を引きよせるプレーをしてくれると思います」と、期待を寄せる。また、投打の両面で活躍した寺島 智紀投手をはじめ、小林 大晟選手、狩野 公佑選手、神戸 尚也選手らが、チームの浮沈のカギを握るキーマンとなりそうだ。

■この冬の意気込み!
 「スタミナ強化と個々の課題の克服をテーマに掲げて、このオフシーズンの練習に励んでいる富岡。「冬は体力的にも技術的にも精神的にも一番成長できる時期だと考え、取り組んできました。自分自身の目標を実現できる春、夏の大会にしたいです」と、決意を語る新井主将。目指すは、まだ果たしたことのない甲子園初出場だ。

このページのトップへ

【次のページ】 大量ビハインドも逆転できる打線が自慢

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第56回 双頭となった健大高崎と前橋育英の争い、桐生一と樹徳などが追う【群馬・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第44回 沼田高等学校(群馬)【冬が僕らを強くする2018】
富岡西vs池田【徳島県 2017年秋の大会 徳島県秋季大会】
鳴門渦潮vs富岡西【徳島県 2017年春の大会 第70回徳島県高等学校野球春季大会】
大手前高松vs富岡西【2016年春の大会 第69回春季四国地区高等学校野球大会】
健大高崎vs富岡【群馬県 2014年秋の大会 群馬県秋季大会】
富岡西vs城ノ内【徳島県 2014年夏の大会 第96回選手権徳島大会】
富岡 【高校別データ】
富岡 【高校別データ】
富岡 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム