第64回 古仁屋高等学校(鹿児島)2018年02月27日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

古仁屋高校野球部

【目次】ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!
[1]部員9人での公式戦勝利に自信!
[2]打撃面、守備面でもバントが課題
[3]テーマは少人数を言い訳にしないこと

部員9人での公式戦勝利に自信!

■「部員9人を言い訳にしない」を合言葉に公式戦勝利
 鹿児島県大島郡にある鹿児島県立古仁屋高等学校。学校が所在する瀬戸内町外から入学する生徒を対象に瀬戸内町が支援をするなど、地域一体となった学校運営も大きな特徴で「地域に愛され、地域と共に発展する学校」を目標の一つとして掲げている。元ちとせさん、「ファイナルファンタジーⅩ」の主題歌を担当したRIKKIさんなど、歌手として活躍する卒業生も輩出している。野球部は、現在1,2年生合わせて部員が9名。人数的なハンディを背負っているものの、「部員数を言い訳にしない」という強い気持ちで練習、試合に臨んでいる。

■野球部の紹介
 現在2年生6名、1年生3名の計9名が在籍。グラウンドは他部と共用のため、普段は内野分のスペースでの練習を行っている。そのため、学校内の階段を利用したダッシュを行うなど、創意工夫でカバーしているのも特徴だ。

■秋季大会を振り返って
 印象に残っている試合に秋季鹿児島大会初戦・鹿児島第一戦を挙げた永井 辰平主将。3回に2点を先制し、その後も効果的な得点を重ね、6対4で競り勝った試合だ。「公式戦で勝つことが出来て、『人数が少なくても勝てるんだ』という自信になりました」と大きな自信を得ることができたようだ。

■新チームを引っ張ってきた選手は?
 徳田 竜希、恵 栄光の二名を推薦した永井主将。「出塁率、得点圏打率が共に高く、チャンスメイク、勝負所での一本の両方を期待できる二人です。徳田はチーム屈指の俊足、恵はバントの名人でもあります」と全幅の信頼を寄せている。

■この冬の意気込み!
 「常日頃から意識している『部員9人を言い訳にしない』を継続し、個人個人がお互いを刺激し合いながら、強くなります!」と力強く語ってくれた永井主将。部員数の少なさは、裏を返せば、お互いに目が届くということ。常に仲間の成長を意識しながら、己も高めていく冬にするつもりだ。

【次のページ】 打撃面、守備面でもバントが課題

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
鹿屋中央vs古仁屋【鹿児島県 第142回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
古仁屋vs川薩清修館・蒲生【鹿児島県 第142回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
出水商vs古仁屋【鹿児島県 2017年秋の大会 第141回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
古仁屋vs鹿児島第一【鹿児島県 2017年秋の大会 第141回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
加治木工vs古仁屋【鹿児島県 2017年夏の大会 第99回選手権鹿児島大会】
第256回 【ひとまとめ】2016年の全国各地の高校野球を占う!【大会展望・総括コラム】
第96回 【ひとまとめ】2015年の全国各地の高校野球を占う!【大会展望・総括コラム】
古仁屋 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム