第39回 都立東大和高等学校(東京)2018年02月19日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

都立東大和高校野球部


【目次】ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!
[1]充実の合同夏季合宿を経て、昨秋ベスト16へ
[2]苦しい場面で、いかに流れを取り戻すのかが課題
[3]テーマはチーム全員が力を出し切ること

充実の合同夏季合宿を経て、昨秋ベスト16へ

■スポーツにも力を注ぐ都立校
 東京都東大和市にある東京都立東大和高等学校は1971年に創立。「進学も部活も叶う学校」としてスポーツに力を入れており、15年~17年度は陸上競技部、男女ハンドボール部、硬式野球部が東京都からスポーツ特別強化校に指定された。その野球部は78年と85年の2度、夏の西東京大会で決勝まで進出し「都立の星」と呼ばれる活躍。昨秋の東京都大会も2勝を挙げ16強入りしている。

■都立東大和野球部の紹介
 野球部は2年生24名、1年生15名の計39名。「都立東大和高校はどの部活も活発で、練習スペースが限られているので『どうやったら無駄なくグラウンドを使うことができるか』を考えながら練習をしている」という岡 竜輝主将。今年のチームは常に次の塁を狙う積極的な走塁と、初球からガンガン打っていく打撃がセールスポイントだ。

■チームがスタートしてからの思い出深いエピソードは?
 都立大島高校と行った合同夏季合宿では真上へ上がっていくように感じるほど急角度の階段をダッシュ。岡主将は「普段だったら、きつくて全然声を出さずに『ただ、やっているだけ』になったと思うけれど、大島高校のみんながいたので『負けたくない!』という気持ちが強く、最後までやり切ることができました。走り終わった後、全員でハイタッチをした時には『大島高校のみんなに会えて良かった』と思いました」と、充実した練習をすることができた。

■秋季大会を振り返って
 秋季大会は東京都大会の3回戦で東海大高輪台に0対11で敗戦。「自分たちの力を出せずに負けてしまった」と悔しさを隠さない岡主将。「試合後、自分たちの力を出せていたらもっと面白い展開になったと強く感じましたし、もう一度、試合をやりたいと思いました」と春季大会でのリベンジを目指す。

■新チームを引っ張ってきた選手は?
 三井 一樹投手は安定した制球力で相手打線をしっかり抑え、走攻守の三拍子が揃った岡主将はライトの守備でファインプレーを連発した。また、上山 翔生選手は打線の中心として活躍。弓場 颯選手はいついかなる場面でもチームのために声を出し、チームの雰囲気を盛り上げた。

■この冬の意気込み!
 「一人ひとりが自分で『どうやったら上手くなれるのか』を考えながら練習に取り組み、基礎を中心に鍛え直して春には勝てるチームに成長したい」と話す岡主将。そのために体力と筋力をアップさせ、野手陣は打球を遠くまで飛ばすパワーや振り遅れてもバットに当てられるスイングスピードの向上。投手陣は球速アップを目指す。また、どんな場面でも、どんな状況でも惑わされずに自分の力を発揮するため、精神面の強化も図っていくことになる。

このページのトップへ

【次のページ】 苦しい場面で、いかに流れを取り戻すのかが課題

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第11回 荒川リトルシニア(東京)自主性と感謝の気持ちを学び、人として成長させる【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
第658回 春の東京に起こった2つの「トウテイ」。夏はどんな流れになるのか?【大会展望・総括コラム】
松本国際vs 東京都市大塩尻【長野県 2018年春の大会 第138回北信越地区高等学校野球長野県大会 中信予選会】
第648回 準決勝を迎える春季東京都大会!試合に先がけ見どころをチェック!【大会展望・総括コラム】
国士舘vs二松学舎大附【東京都 2018年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
早稲田実業vs國學院久我山【東京都 2018年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
日大三vs都立東大和【東京都 2018年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
都立東大和vs都立総合工科【東京都 2018年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
第59回 圧倒的私立校優勢の構図ながら、頑張る都立勢が刺激になり盛り上がる【東京都・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第63回 國學院久我山高等学校(東京)【冬が僕らを強くする2018】
都立小平 【高校別データ】
東京都市大塩尻 【高校別データ】
都立東大和 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム