第37回 都立新宿高等学校(東京)2018年02月18日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

エースと主将を務める遠藤照隆選手(都立新宿)

【目次】ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!
[1]都内でも有数の進学校として知られる都立新宿
[2]うちの監督は自慢の存在
[3]新たな自分を見つけよう!


都内でも有数の進学校として知られる都立新宿

■「自主・自律」の校訓を胸に文武両道を目指す
 東京都新宿区にある東京都立新宿高等学校。東京大、一橋大、筑波大などの難関国公立大学の合格者も多数輩出する進学校の一つとしても知られている都立校だ。学校に掲げられる「自主・自律」の校訓に基づき、多くの部活動が文武両道を目標に日々の活動に励んでいる。

■野球部の紹介
 現在2年生6名、1年生10名の計16名が在籍。平日は他部と共用でグラウンドを使用するため、限られたスペースの中で練習に取り組んでいる。バックネットに向かっての打撃練習を行うなど、常に創意工夫の意識を持って練習の質を高めているのが大きな特徴だ。

■秋季大会を振り返って
 秋季東京都大会は一次予選で府中東に3-4の惜敗。「8回に僕がワイルドピッチで与えた1点が決勝点。悔しかったですし、何よりチームメイトに申し訳なかったです」と投手としてこの試合を戦った遠藤照隆主将は悔しさを滲ませる。


主砲としてチームを引っ張る荒川世那選手(都立新宿)

■新チームを引っ張ってきた選手は?
 新田和紀、荒川世那の2名を挙げた遠藤主将。「新田は走攻守全てでチームに貢献してくれました。チームの本塁打王になるパワーはもちろん、器用さも兼ね揃えた頼りになるバッターです。荒川は不動の4番。広角に打てる対応力と試合の流れを変える一発を期待できる選手です」とそれぞれ理由を語ってくれた。

■この冬の意気込み!
「現在のチームは強い新宿になれるかどうかの過渡期。この冬に、これから強い野球部になるための土台を自分達で作り上げたいです。そのために、一つ一つの言動を見直して、高い基準で動けるチームにしていきたいです。個人としては球速を130km/hに乗せて、ブロック予選を通過して当然と言われるような、周囲から認められるエースを目指します」と主将として、エースとして妥協なく練習に打ち込むことを誓った遠藤主将。高い意識でチームを引っ張っていく覚悟が滲み出ている決意表明だ。

このページのトップへ

【次のページ】 うちの監督は自慢の存在

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第11回 荒川リトルシニア(東京)自主性と感謝の気持ちを学び、人として成長させる【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
松本国際vs 東京都市大塩尻【長野県 2018年春の大会 第138回北信越地区高等学校野球長野県大会 中信予選会】
第648回 準決勝を迎える春季東京都大会!試合に先がけ見どころをチェック!【大会展望・総括コラム】
第59回 圧倒的私立校優勢の構図ながら、頑張る都立勢が刺激になり盛り上がる【東京都・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第63回 國學院久我山高等学校(東京)【冬が僕らを強くする2018】
第39回 都立東大和高等学校(東京)【冬が僕らを強くする2018】
都立葛飾野vs東京都市大付【東京都 2017年秋の大会 東京都大会 一次予選】
都立府中東vs都立新宿【東京都 2017年秋の大会 東京都大会 一次予選】
東京都市大塩尻vs長野西【長野県 2017年夏の大会 第99回選手権長野大会】
都立新宿vs郁文館【東京都 2017年夏の大会 第99回選手権東東京大会】
都立小平 【高校別データ】
都立新宿 【高校別データ】
東京都市大塩尻 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム