第26回 五所川原工高等学校(青森)2018年02月12日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

秋季大会はベスト8まで勝ち進んだ五所川原工ナイン

【目次】ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!
[1]オフシーズン前の試合が冬へのモチベーション
[2]青森県No.1のセカンドとサウスポーに!
[3]春には一回りも二回りも成長した姿を

オフシーズン前の試合が冬へのモチベーション

■秋8強進出、強豪との接戦も経験
 青森県五所川原市に所在する青森県立五所川原工業高等学校。1963年に創立された、西北五地方唯一の工業高校だ。学校には機械科、電子機械科、電気科、情報技術科の4つの専門学科を設置されている。野球部は昨秋の青森県大会で8強まで勝ち進み、準々決勝で青森山田と対戦。惜しくも0-1で敗れたが、全国区の強豪相手に接戦を演じ、大きな自信をつけた。

■野球部の紹介
 現在2年生11名、1年生10名の計21名が在籍。学校敷地外にある野球部専用グラウンドの他にも、他部と共用の室内練習場、トレーニングルームなどを有している。共用施設は他部との兼ね合いで使用できない場合はあるものの、公立としてはかなり充実した環境で目一杯練習に打ち込むことが出来ている。

■練習試合の悔しさを打撃強化に繋げる
 齋藤龍主将はオフシーズン前、最後に行われた練習試合を印象残った試合に挙げた。「相手投手3人の継投の前に自分達はノーヒット。今まで自分達がやってきた打撃練習では質、量ともに全然足りていないと痛感しました」と振り返る。この一戦で味わった悔しさが冬の練習への大きなモチベーションにもなっている。

■新チームを引っ張ってきた選手は?
 三橋佑哉、秋田陸、小野寺優太の3名を挙げた齋藤主将。「三橋は秋季大会準々決勝の青森山田高戦で7回1失点の好投を見せました。秋田は犠打や進塁打の小技だけなく、自ら適時打を放つ勝負強さも光りました。小野寺も地区予選の第一代表決定戦で先制適時打、県大会初戦でも5打点とチャンスに強い選手です」とそれぞれ理由を語ってくれた。

■この冬の意気込み!
 「現在、1日最低1000スイング、体重を各自10%増の個人目標を掲げています。しっかり取り組んで私立との差をこの冬に埋めます!」と力強い意気込みを聞かせてくれた。

このページのトップへ

【次のページ】 青森県No.1のセカンドとサウスポーに!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第30回 八戸高専高等学校(青森)【冬が僕らを強くする2018】
第49回 八戸学院光星と青森山田が競いながら全体のレベル向上【青森・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第132回 どこよりも早いドラフト2018!ミレニアム世代ドラフトガイドブック(東日本編)【ドラフト特集】
東海大菅生vs青森山田【第99回全国高等学校野球選手権大会】
東海大菅生vs青森山田【第99回全国高等学校野球選手権大会】
第568回 3回戦突入!東海大菅生、二松学舎大附は2年ぶりの東京都勢ダブル8強入りはなるか?【大会展望・総括コラム】
青森山田vs彦根東【第99回全国高等学校野球選手権大会】
第565回 本日で東海大菅生、青森山田など出場校がすべて登場!甲子園7日目4試合の見どころをチェック!【大会展望・総括コラム】
第471回 青森山田高等学校 三森 大貴選手「的確な観察眼を武器に将来は相手から嫌がられるショートに!」 【2016年インタビュー】
敦賀気比vs青森山田【第88回選抜高等学校野球大会】
敦賀気比vs青森山田【2015年 第46回明治神宮野球大会】
第192回 日本大学 京田 陽太選手(青森山田高出身) 【2014年インタビュー】
青森山田 【高校別データ】
五所川原工 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム