第16回 近大新宮高等学校(和歌山)2018年02月06日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!
[1]投手を中心とした守りの野球で8強
[2]試合終盤の戦い方が課題
[3]夢を夢のままで終わらせずに達成しよう!

投手を中心とした守りの野球で8強

主将の清岡 龍太郎選手(近大新宮)

■近畿大学附属の併設型中高一貫校
 和歌山県新宮市にある近畿大学附属新宮高等学校は1963年に近畿大学附属新宮女子高等学校として創立した私立高。80年に男女共学化し現校名に。91年には中学校が開校し併設型中高一貫校となった。現在は普通科が設置されており、国公立大学への進学を目指すアグレッシブコース、有名私立大学を目指すフロンティアコース、そして中高一貫コースがある。野球部は昨秋の和歌山大会で1次予選を勝ち上がり県ベスト8に進出。OBには元ロッテの中後 悠平投手がいる。

■近大新宮野球部の紹介
 野球部は2年生28名、1年生20名の計48名。校内のグラウンドは内野部分ほどの広さしか取れないが、シーズン中は新宮市のグラウンドと三重県熊野市にある本校のグラウンドを利用して練習を行っている。清岡 龍太郎主将によると「今年のチームは投手を中心とした守りのチームで、闘争心がある」とのこと。

■秋季大会を振り返って
 1次予選はロースコアの接戦を制し、3試合を勝ち上がった近大新宮。しかし、実質、準々決勝となる2次予選の1回戦では箕島に終盤、大量点を奪われ9対12で逆転負け。清岡主将は「ベスト4を懸けた試合で勝ちきれなかったことが、とても印象に残っている」と、悔しさをかみしめている。

■新チームを引っ張ってきた選手は?
 畠中 勇輝選手、前田 京太朗選手、野口 洸亘選手は試合での活躍はもちろん、練習時もチームの士気を上げる掛け声が出せる貴重な存在。また、土岐 陸人選手は視野が広く、チームのために行動できる選手でチームの精神的支柱にもなっている。

■この冬の意気込み!
 「この冬はメンタル面の強化と、体を大きくして運動能力を上げることがテーマ」という清岡主将。そのために学校の程近くにある大浜海岸でダッシュなどの厳しい練習に取り組んでいる。そして、「秋季大会の敗戦を糧に、チームの一人ひとりが高い向上心を持ってオフシーズンに臨み、甲子園で勝ちたい!」と目標も高く掲げている。

このページのトップへ

【次のページ】 試合終盤の戦い方が課題

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
初芝橋本vs日高中津【和歌山県 2018年春季大会 平成30年度春季和歌山県大会】
市立和歌山vs近大新宮【和歌山県 2018年春季大会 平成30年度春季和歌山県大会】
智辯和歌山vs和歌山東【和歌山県 2018年春季大会 平成30年度春季和歌山県大会】
向陽vs熊野【和歌山県 2018年春季大会 平成30年度春季和歌山県大会】
第72回 星林高等学校(和歌山)【冬が僕らを強くする2018】
第50回 神島高等学校(和歌山)【冬が僕らを強くする2018】
高野山vs近大新宮【和歌山県 2015年秋季大会 近畿地区高等学校野球大会 和歌山県一次予選】
清岡 龍太郎(近大新宮) 【選手名鑑】
野口 洸亘(近大新宮) 【選手名鑑】
畠中 勇輝(近大新宮) 【選手名鑑】
近大新宮 【高校別データ】
星林 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム