第12回 伊吹高等学校(滋賀)2018年02月02日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!
[1]精神面を鍛え、選手自らが主体性を持って練習、試合に挑む
[2]練習や試合で見せる気合いは負けない
[3]より強い自分を作るために「挑戦」してほしい!

精神面を鍛え、選手自らが主体性を持って練習、試合に挑む


琵琶湖にある砂浜で走る選手たち(伊吹)
 滋賀県米原市にある滋賀県立伊吹高等学校は、1983年に開校。現在、普通科のなかに体育コース、学力充実クラス、学力発展クラスの3つのコースが設置されている。部活動は活発で、特に男女ホッケー部は全国的に強豪として知られ、インターハイ、国体、高校チャンピオンズカップといった全国大会で優勝を重ねている。また、野球部も昨春の滋賀大会で4位になるなど、近年、実力を高めている。

■伊吹野球部の紹介
 野球部は2年生17名、1年生14名の計31名。墳下 大輔主将は「今チームは『主体性のある練習、試合をする事』をテーマにし、自分たちで練習、試合を回していけるようになることを目指してスタートしました」と話す。「結成直後の夏休みの練習試合ではまったく勝てなかった」と墳下主将は振り返るが、1セットで合計100スイングをする連続ティーを3セットこなし強化を図っている。

■秋季大会を振り返って
 2回戦で野洲と対戦。初回に2点を先制するもすぐに追いつかれ、中盤は逆に2点リードを奪われるが8回表に同点に追いつく意地を見せた。しかし、結局4対6で敗戦。「1学年上の3年生の最後の夏も3回戦で野洲にサヨナラ負けを喫していたのですが、また同じチームに負けてしまった」と、墳下主将は悔しさを募らせている。

■新チームを引っ張ってきた選手は?
 墳下主将はバッティングでチームを引っ張り、岩﨑 涼選手はショートの守備でチームに良いリズムを作った。また、「ベンチを牽引する小林 大樹や相手選手の情報を伝える古川 慶は試合に出場している選手にはできない役割を担い、見えづらいところをチームに伝えて相手の隙を突くきっかけを与えてくれる」と墳下主将。2人はチームにとって頼りになる存在だ。

■この冬の意気込み!
 このオフシーズンは肺活量を増やす持久力と、俊敏性を高める内転筋を鍛え、さらに自分の弱さに負けない心を作ることがテーマの伊吹。墳下主将は「2年生は下級生を引っ張って、人間力、主体性を高め、『やりきった』と思える冬にし、自信を胸に春、夏の大会に臨みたいです。そして、1年生には、上級生と競争することでチーム全体の実力を底上げしていってほしい」と話す。チームの目標は、もちろん甲子園出場だ。

このページのトップへ

【次のページ】 練習や試合で見せる気合いは負けない

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第518回 高校野球ドットコム座談会 「今年の滋賀はシード、ノーシードの戦力差はほとんどなし!」【大会展望・総括コラム】
伊吹 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム