第19回 昌平高等学校(埼玉)2018年02月08日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

集合写真(昌平)

【目次】ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!
[1]成長を感じることができた秋
[2]常に来年の夏を意識した練習ができています
[3]一生懸命は当たり前!主役は君たち


成長を感じることができた秋

■秋季埼玉県でベスト16入りを果たした昌平
 埼玉県北葛飾郡にある昌平高校。「手をかけ 鍛え 送り出す」というモットーの下、文武両道を追求している学校だ。英語教育にも力を入れ、「パワーイングリッシュプロジェクト」という取り組みを行っている。今秋、野球部は埼玉県東部地区予選を圧倒的な力で勝ち抜くと、県大会ではベスト16入り。3回戦ではベスト4に進出した山村学園と接戦を繰り広げる戦いを見せた。

■「喜動力野球」で甲子園出場を目指す
 現在、1年生28名、2年生37名の計65名の大所帯で活動する昌平野球部。普段は自転車で移動して、隣町のグラウンドを借りて練習している。今年のチームのウリを花岡 拓哉主将に紹介してもらった。「ウリは、足を活かした攻撃!状況に応じたディフェンス!そして、プレーの精度の3つです」。目標は甲子園出場。チームスローガンの「喜動力野球、感動を呼ぶプレイの追求と勝つ喜びの共有」で目標達成に向け練習に励む。冬場の練習ではキャッチャーのフットワークトレーニング50回を5種目、そして連続早打ちティー打撃50本を10セットなどきつい練習をこなしていく。


花岡主将(昌平)

■チームの成長が感じられた秋の試合
 新チームが始まってから、監督やコーチなどスタッフが総入れ替えになり、より細かい「準備野球」をテーマに掲げてきた。その中で成長を感じてることができたのが埼玉県東部地区予選草加東戦。「地区大会前、8月から得点力を上げるため1日800回以上の振り込みをしてきました。その成果が出て草加東戦では5回コールド19対0と大量得点が取れました。チームの成長が感じられる試合でした」と振り返る花岡主将。チームの成長を実感できる試合だった。

■活躍した選手は?
 ここまでで活躍してきた選手は佐々木 涼太、谷口 颯、高山 弘斗の3人。佐々木は1番打者として打率4割超え、チームを牽引し、谷口は新人戦前に骨折したが、秋季県大会から復帰し、復帰戦初戦で4安打2打点と4番として勝負強い打撃を見せた。高山は走攻守揃ったどこでも守れるユーティリティプレーヤーでチームを引っ張ってきた。その昌平で注目なのが大島 匠。この大島は中学時代の陸上部で埼玉県大会400m×4リレーの優勝メンバー。「自慢の脚力を活かして盗塁の数を増やしてほしい」と花岡主将は期待している。

■妥協せずに乗り越えていく
 冬に向けて、バットの振り込みや走り込みなど徹底的にやり込む練習をやっている。最後の冬に向け花岡主将が意気込みを語った。「来年の春季大会・選手権予選で勝つために、どんなに厳しく苦しい練習でも妥協せず、全員で声を掛け合って乗り越えていきたいと思います」

このページのトップへ

【次のページ】 常に来年の夏を意識した練習ができている

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
山村学園vs昌平【埼玉県 2017年秋の大会 埼玉県大会】
星野vs昌平【埼玉県 2017年秋の大会 埼玉県大会】
八戸学院光星vs東日本国際大昌平【2017年春の大会 第64回(平成29年度春季)東北地区高等学校野球大会】
東日本国際大昌平vs大船渡東【2017年春の大会 第64回(平成29年度春季)東北地区高等学校野球大会】
第474回 浦和学院vs聖望学園が実現!注目の好カードを一挙紹介!【春季埼玉大会展望】【大会展望・総括コラム】
昌平vs蓮田松韻【埼玉県 2017年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会 地区予選】
第428回 【埼玉展望】本命不在の埼玉大会を制するのは?各ブロックの好カード、見所を紹介!【大会展望・総括コラム】
第346回 【埼玉抽選会後 展望】シード校は厳しい組み合わせに!今年も大荒れの大会になるか?【大会展望・総括コラム】
第262回 2016年の高校野球を占う【埼玉編】「今年も波乱の予感!?今年の埼玉県の有力校を一挙紹介!」【大会展望・総括コラム】
第229回 【秋季埼玉県大会】花咲徳栄、浦和学院など有力校が中心か?2016年世代の注目校、注目カードを紹介!【大会展望・総括コラム】
第4回 第96回選手権埼玉大会 ここまでの戦いを振り返る!! 【2014年選手権大会】
昌平 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム