第18回 むつ工業高等学校(青森)2018年02月08日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!
[1]青森・下北半島から魅せる全員野球
[2]選手に聞く今後の課題
[3]監督が語るビジョンとメッセージ


トレーニングの様子(むつ工)

名将の下でレベルアップ。8強の壁は越えられるか

■青森・下北半島から魅せる全員野球
 青森県の北東部、下北半島にあるむつ工業高等学校。同半島で唯一の工業高校であるこの学校は、北国の冬という環境で、どのように心技体を磨き上げているのだろうか。

 むつ工の野球部は、現在2年生14名、1年生10名のチーム構成。3年生が引退し、新チームがスタートした時に掲げた命題は、「執念、徹底、泥臭く」。そして、「地区大会を第一代表で突破し、県大会出場」を目標とし、鍛錬を積んだ。
結果として、彼らはこの目標を突破する。秋季青森県大会の地区予選を無敗で勝ち抜き、当初の目標通り、第一代表として県大会に駒を進めたのだ。ここでの第一代表決定戦となる大湊との一戦は、選手たちにとって印象に残る試合となった。伊勢田 和磨主将は語る。

 「序盤からリードを許し、追いかける苦しい展開だったのですが、終盤に逆転して勝利することができました。苦戦する中でも、ベンチの雰囲気も良く、途中出場の選手が活躍したり、チームのスローガンである『全員野球』を体現できたことが良い収穫でした」


伊勢田和磨主将(むつ工)

■主将が期待を寄せる選手
 県大会では強豪・八戸学院光星の前に屈し、初戦敗退となり悔しい思いもしたが、掲げた目標を達成し、狙う自分たちの野球を実現できたことは、一つ成功体験として残った。
伊勢田主将が、この秋の戦いで活躍したと評価をするのは布施 雄大投手(1年)。「試合の終盤で投げる場面が多く、苦しい場面でよく抑えてくれました。打撃でもチャンスの場面で打ってくれ、投打で大きく貢献しました」という。
主将が期待を寄せるのは川口 龍聖選手。ぽっちゃりした体型から、鋭いスイングを見せる彼は、チームトップのスイングスピードを誇る。伊勢田主将は、「ホームランやチームを勝利に導くチャンスでの1本を期待したいですね。また、引き締まった体になることも期待したいです」と語る。


ストレッチ(むつ工)

■「克己」の心と強い体
 夏にはさらに上、甲子園の舞台を狙うため、「スイングスピードの強化・筋力アップ」を課題とし、この冬徹底的にトレーニングを重ねているむつ工。雨天練習場設備は所有しておらず、この時期は近隣にある「克雪ドーム」を借り、そうでないときは、学校の校舎内などを工夫して活用する。

 学校の校舎を活用したメニューでは、廊下での「ロングダッシュ」がその一つとして挙げられる。というのも、この廊下は直線距離で150m以上あるきわめて長いもので、一本走るだけでも負担は大きい。これを往復55秒以内に全力ダッシュすること10本。体力だけではなく精神力の勝負にもなってくる。名物練習ともいうべきこの厳しいメニューで、心と体を地道に鍛えているのだ。

 北国の冬という、極めてハードかつ環境が限られる中で、工夫しながら心身を静かに磨くむつ工。伊勢田主将は「秋以上の成績を残すため、自分を追い込んで、厳しい冬にする」とその意気込みを語った。

このページのトップへ

【次のページ】 選手に聞く今後の課題

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
むつ工 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム