第9回 県立金沢桜丘高等学校(石川)2018年01月30日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

集合写真(金沢桜丘)

【目次】ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!
[1]「がんばっている選手投票」で自分を高める
[2]私学には「考え」で勝負!金沢桜丘の主将・副主将にインタビュー
[3]大きな樹を育てきれいな花を咲かす


「がんばっている選手投票」で自分を高める

■金沢桜丘高校はどんな学校??
金沢桜丘は石川県金沢市にある県内有数の進学校。「いしかわニュースーパーハイスクール」(NSH)に指定されており、事業の目標である「高い志を持ち、国際社会をたくましく生き抜く人材の育成」を目指して日々勉学に励んでいる。野球部は石川県の公立高校の中ではトップの実績を誇り、学校、地域、OBからの期待度も高い野球部である。21世紀枠で出場した2006年選抜甲子園大会では応援団が最優秀応援団賞を受賞した。

■金沢桜丘野球部を紹介!
 現在、野球部は1年生19名、2年生29名の計48名で活動している。同校は2015年3月に新校舎に移転。勉強に集中させるため新校舎の廊下はほとんど使えない。そのため既存のウェート場のほかに廊下の隅のスペースに「第2ウェート場」を臨時に作成。さまざまなトレーニング機器を使ってフリーウェイトができるようにしており、冬場はほぼ外に出られないため班に分け細かく場所を振り分けるという工夫を見せている。
チームの特徴は「主軸の打撃・波に乗った時の計り知れない力強さ・組織力」。石川県No.1になることを目標に日々の練習に励んでいる。



■「がんばっている選手投票」とは??
金沢桜丘では「がんばっている選手投票」というものを毎月実施している。マネージャーの岩田 大慶(2年)は「監督の見えない部分での頑張りを選手同士で評価し合い、そのポイントのランキング表を配布しています。それによって自分の立ち位置を知り、今後自分がどのような行動をしていけばよいか考え、生活から改善させます。数値はシビアに出るので、大きな「気づき」のきっかけになっています」という。

■チームの中心選手は?
高平 泰佑(投手・2年)は持っている球種全てを使いこなして相手の様子を観察しながら駆け引きする投球を続け、チームに大きく貢献している。また、山崎 暖(副主将・2年)は野球知識・筋肉知識に富んでおり、それを生かすズバ抜けた元気の良さと会話力を兼ね備えた選手だとチームメイトは話す。非常に個性豊かな金沢桜丘だが、おもしろエピソードもある。
夏休みに校内合宿を実施した際に、1年生投手が井村茂雄監督に夕食中に指導を受けた。井村監督は比喩表現で「おまえは日頃からもっと人の前に立て!」と話したが意味を勘違いして、説教中に移動して監督の前に立ったという。「監督もチームメイトも爆笑でした」と岩田マネージャーは振り返る。



■この冬の意気込み
非常に個性豊かな金沢桜丘。「大前提として、後悔はしたくない、全員でやりきった、早くグランドに出て試したい!と思える冬にしたい」と岩田マネージャーは話した。加えて「技術力と共にチーム力をあげて、春にどのチームよりも良い一歩を踏み出すこと」を力強く誓った。
目標である石川県No.1へ。頂点に向かい、県内有数の公立校の挑戦が始まる。

このページのトップへ

【次のページ】 私学には「考え」で勝負!金沢桜丘の主将・副主将にインタビュー

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第5回 星稜、金沢、遊学館の三すくみ状態が今後も続きレベルアップも期待される(石川県)【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第19回 県立金沢桜丘高等学校(石川) 【僕らの熱い夏2014】
金沢桜丘 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム